風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

11-002 今日の日記

2017-01-03 15:55:52 | この道の先に


風の谷通信No.12-002

 

宮廷参賀での天皇陛下のお言葉:人々にとり、穏やかで心豊かに過ごせる年となるように願う。我が国と世界の人々の平安を祈る。

もちろん陛下のお言葉はもっと丁寧なものではあるが趣旨は上記の通り。これこそは水稲耕作共同社会の首長というご真情であろう。このクニの統治者はは奈良飛鳥の昔から毎日、宮殿の中でこのようにタミの平安を祈って来られたものと思う(残念ながら確証はない)。クニのオビト(首長)がそれ以外に何を祈るであろうか。カミに向てタミの平安を祈ることこそはこのヤマトのクニを平穏に治める基本であろうと想像している。古臭いというなかれ。現在の権力者がそこから余りにも遠く離れすぎているだけのことだろう。右派ならばクニの平安を祈れ。戦争準備よりも平和構築を求めよ。

できごと:
箱根駅伝(青学の3連覇)、トルコで銃乱射/死者39人、イラクで自爆テロ/死者同じく39人

 

国が平安であるためには、まずは食料と農業と農民が基本である、という先の在中国大使(もと伊藤忠商事会長)の言葉。次いで、平和であること、という言葉に実感がこもる。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12-001 正月も既に2日 | トップ | 12-003 天理教本部訪問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

この道の先に」カテゴリの最新記事