乱鳥の書きなぐり

遅寝短眠、起床遊喰、趣味没頭、興味津々、一進二退、千鳥前進、見聞散歩、読書妄想、美術芝居、満員御礼、感謝合掌、誤字御免、

仮名手本胸之鏡 上 3  一丁裏 二丁表

2020-07-15 | 山東京傳

仮名手本胸之鏡 上 3  一丁裏 二丁表

早稲田大学所蔵

https://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he13/he13_01505/

仮名手本胸之鏡 上

山東京伝 作

歌川豊国 画

早稲田大学デジタル図書

通油町(江戸)  [蔦屋重三郎]

寛政11 [1799]

黄表紙

仮名手本胸之鏡 上 3  一丁裏 二丁表

 

人のざい、一につゝ

しむべきハしきよく

なり、むかし

よりこのた

めに、いへを

やぶり、みを

ほろぼせし

人、うそへつく す

べからすこと、たとへバ

おんなのゑくぼのうち

より

まよひ

のくも

といふわる、きくも

あらわれいでゝ

おとこの

心の名月(めいけつ)

をおほひ

かくす

しるとき

ハ、おとこの

そめし人

 

やみとなり、たちまち

ぼんのうのいぬ、わがむねより

とびいでゝ、わがみをくらふ、

これをこひのやみといふる也

 

 

   おかめ八目といゝて、おかめから

   みることきハ、八ツの目(め)ありて、これ

   をあしきことゝ、名人ごと、わがみに

   なりてハ、もろともに、恋の

   やみにまよふなり、つゝしむ

       べし

 

 

       名月(座る男の画)

                (立って男を見る女の画)

    

 

   ほんのうのいぬほたる

   「はなにあそばゞ

    ぎをんあたりの

二丁裏

     いろぞろへ

      わん/\の

       わん、とさ (犬がなく画)

 

二丁裏  (丸枠に立つ女に文を渡す男と、覗く男の画)

 

     しきよくのかがみ

     色欲の鏡

女色(じやじやく)のために、人を

そこなひ、そのみを

ほろびし、いへとかし

のうことハかゞみに

うつる、きやうげん、ゑの

ごとし

仮名手本胸之鏡 上 3  一丁裏 二丁表

 

人の財、一に慎む

べしは しき 良く

也、昔

よりこのた為

に、家を

破り、身を

滅ぼせし

人、嘘へつく す

べからす事、例えば

女の笑窪(えくぼ)の内

より

迷い

退くも

と言うわる、聞くも

あらわで出(いで)て

男の

心の名月

を覆い

隠す、

知る時

は、男の

染めし人

 

闇と成り、たちまち

煩悩の犬、我が胸より

飛び出でて、我が身を喰らう、

これを恋の闇と云うる也

 

 

   岡目八目と云いて、岡目から

   見る如きは、八ツの目有りて、これ

   を悪しき事と、名人ごと、我が身に

   成りては、もろともに、恋の

   闇に迷うなり、慎む

       べし

 

 

       名月(座る男の画)

                (立って男を見る女の画)

    

 

   煩悩の犬蛍

   「花に遊ばば

    祇園辺りの

二丁裏

     色添え

      わん/\の

       わん、とさ (犬がなく画)

 

二丁裏  (丸枠に立つ女に文を渡す男と、覗く男の画)

 

     しきよくのかがみ

     色欲の鏡

女色(じやじやく)の為に、人を

損なひ、その身を

滅ぼし、いへとかし

のう事は、鏡に

写る、狂言、絵の

如し

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 仮名手本胸之鏡 上 2  一... | トップ | 仮名手本胸之鏡 上 4  二... »

コメントを投稿