乱鳥の書きなぐり

遅寝短眠、起床遊喰、趣味没頭、興味津々、一進二退、千鳥前進、見聞散歩、読書妄想、美術芝居、満員御礼、感謝合掌、誤字御免、

映画『ドクター・ストレンジ』金曜ロードSHOW! 4,5★/5 多少美術を好む私にとっては、幕開けでの重厚な色彩と構図に続く 動く現代美術ぼの連続で、心が弾んだ。

2019-05-20 | 映画


 映画『ドクター・ストレンジ』金曜ロードSHOW! 4,5★/5



 映画『ドクター・ストレンジ』をみた。

 古典主義あり、ドイツ表現主義あり、シュールレアリズムあり。

 少なからず美術を好む私にとっては、幕開けでの重厚な色彩と構図に続く 動く現代美術ぼの連続で、心が弾んだ。

 
 多少万華鏡手法(?)を使いすぎのきらいは感じたが、とにかく構図も色彩も感覚も美しい。

 私はこの映画は好きである。

 





 ベネディクト・カンバーバッチ主演のマーベル・スタジオ映画「ドクター・ストレンジ」が、5月17日夜9時からの日本テレビ「金曜ロードSHOW!」で放送。地上波初オンエア。


 アイアンマンやキャプテン・アメリカなどのスーパーヒーローが集結した、劇場公開中の「アベンジャーズ/エンドゲーム」。その主要メンバーでもあるドクター・ストレンジを描いた作品。事故ですべてを失った天才外科医が得た“魔術”の力による迫力のバトルと、希望を失った男の再生を描く人間ドラマが見どころ。


 あらすじ
 突然の事故で神の手を失った天才外科医ドクター・ストレンジ。彼を甦らせたのは“魔術”。厳しい修行により魔術を習得した彼は、世界を滅亡から救うため“闇の魔術”との戦いに巻き込まれていく。

 だが、医者である彼に、敵の命を奪うことはできるのか? 大いなる葛藤を抱えたまま、いまドクター・ストレンジの本当の戦いが始まる……。

「アベンジャーズ」や「アイアンマン」、「キャプテン・アメリカ」シリーズなど、数々のヒット作を連発するマーベル・スタジオの最新作。魔術により、空間の概念を超えるような映像も話題となっている。




Comment   この記事についてブログを書く
« 劇団四季『夢から醒めた夢』2... | TOP | 三池崇史監督×市原隼人「極道... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 映画