乱鳥の書きなぐり

遅寝短眠、起床遊喰、趣味没頭、興味津々、一進二退、千鳥前進、見聞散歩、読書妄想、美術芝居、満員御礼、感謝合掌、誤字御免、

『実用best books はじめてでもよくわかる土・肥料―草花・野菜・庭木が元気に育つ!』中山 草司著[ナカヤマソウシ] 2009年

2021年10月20日 | 乱読覚書(一般書 全般2006年より)

 

 

 

『実用best books はじめてでもよくわかる土・肥料―草花・野菜・庭木が元気に育つ!』

 

中山 草司著[ナカヤマソウシ]

2009年

日本文芸社

167ページ

1200円+税

 

 この二日間、スポーツジムで自転車漕ぎ或いはウォーキングをしながら、土づくりの本を読む。

 楽しめるほんで、花を植える気分は高まった。

 

 植物は土づくりが大切だと思うので、先日はNHK出版の土づくりの本を読んだが、今回の土づくりは写真も説明も楽しかった。

 また、体を動かしつつ、テレビをいつつ、本を楽しむという一石三鳥の時間の使い方は、至福のひと時だと感じる。

 花、読書、体を動かすことでバランスの良い時間を過ごせたことに感謝したい。

 

 今回も、読んだという記録のみにて失礼申し上げます。

 

 

中山 草司著[ナカヤマソウシ]
1933年生まれ。明治大学卒業後、園芸研究家として、盆栽・庭木・花木・山野草などの幅広い分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

 

 

ひと目でわかる人気植物194種の用土配合比カタログ。コンテナ栽培・花壇・家庭菜園…目的別の用土と肥料・鉢、失敗しない育て方のコツがわかる。

1 園芸用土の基礎知識と上手な使い方
2 基本のコンテナ栽培を楽しむための土
3 便利な用土の選び方と使い方のテクニック
4 鉢花を色鮮やかに咲かせる土
5 草花がよく育つ花壇の道
6 新鮮野菜が収穫できる家庭菜園の土
7 庭木が色鮮やかに育つ土
8 植物の栽培に欠かせない肥料の施し方
9 鉢の知識と効果的な使い方
10 鉢花、観葉植物、山野草人気194種の用土配合比カタログ

 

 

 
コメント   この記事についてブログを書く
« オスマン帝国外伝~愛と欲望... | トップ | 連日、行方不明の町内アナウ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

乱読覚書(一般書 全般2006年より)」カテゴリの最新記事