見出し画像

乱鳥の書きなぐり

『太宰治全集 10 小説8』より「人間失格」p.367~514     筑摩書房





 『太宰治全集 10 小説8』より「人間失格」p.367~514 筑摩書房


 
 はしがき

 私は、その男の写真を三葉、見たことがある。
 一葉は、その男の、幼年時代、とでも言うべきであろうか、十歳前後かと推定される頃の写真であって、その子供が大勢の女のひとに取りかこまれ、(それは、その子供の姉たち、妹たち、それから、従姉妹いとこたちかと想像される)庭園の池のほとりに、荒い縞の袴はかまをはいて立ち、首を三十度ほど左に傾け、醜く笑っている写真である。醜く? けれども、鈍い人たち(つまり、美醜などに関心を持たぬ人たち)は、面白くも何とも無いような顔をして、
「可愛い坊ちゃんですね」
 といい加減なお世辞を言っても、まんざら空からお世辞に聞えないくらいの、謂いわば通俗の「可愛らしさ」みたいな影もその子供の笑顔に無いわけではないのだが、しかし、いささかでも、美醜に就いての訓練を経て来たひとなら、ひとめ見てすぐ、
「なんて、いやな子供だ」
 と頗すこぶる不快そうに呟つぶやき、毛虫でも払いのける時のような手つきで、その写真をほうり投げるかも知れない。


 

 上は「はしがき」の出だしである。

「可愛い坊ちゃんですね」
といい加減なお世辞を言っても、
「なんて、いやな子供だ」
と頗すこぶる不快そうに呟つぶやき、毛虫でも払いのける時のような手つきで、その写真をほうり投げるかも知れない。
 この性格ともいうべき感覚は、子供の頃から入水して没するまでの間続き、自分でもうちなるところで悩みながらも大きな顔をして大堂を歩くふりをする。

 

「人間失格」は十代に読んだことがある。
 その後も読んだかどうかは覚えていないが、節々覚えている言い回しが複数箇所あった。

 

「人間失格」を読んでいる最中に、居眠りをしたことがあった。
 後生丁寧に分厚い思い全集本を左手で、大切そうに胸の上に立てかけて持ったまま、眠っていた。
 太宰を読んでいる途中だったせいか、夢を見た。
 昔、十代の頃時々みた懐かしい夢であった。
 目を冷ました私は
『小中高校生の頃は、こんんあ夢も見ていたんだ。』
と、フロイトでいうならば希望に満ち溢れた夢にはじかみながらほくそ笑む。
 その夢は、某作家の某作品のとある場面であった。
 夫に話すと、あまりにも有名なその場面を聞いて、一言で題名を言い当てた。
  
 

 太宰治作品は2011年頃に何作品か読み直したことがある。
 そして今回は「人間失格」
 蜷川実花監督の映画『人間失格 太宰治と三人の女たち』を見るにあたって、読んでおきたかったためだ。
 実際に「人間失格」は読了し、映画の封切りの9月13日に夫とともに劇場に向かい、泣きに泣いた。

 

 映画作品は最高の部類に値する素晴らしい内容であったので、映画に出てきた小説から中心に、草稿も照らし合わせながらイマイチと読んで見たい太宰作品が多くあった。
 また映画では、その周辺の作家とのやり取りや作家との関係も興味深くふふっと笑ってしまった。
 懐かしい小説家の名を連ねられ、私は刺激される。
 そのあたりの作家作品も再読し、十代の頃の感覚を読む戻したいと言った思いと、今齢を重ねた私が読めばどのようにかん地方が変わっているかも覗き見待機がする。
 小中高校に通っていた頃には好んで小説を読みに読んだが、今一度少しは時間を見つけて小説にも時間をとって見たいと思う。
 そんな風に感じる蜷川実花監督の映画であり、太宰の原作であった。

 

 映画の感想は次回続けたいと思います。

 


 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

goo221947
太宰の「人間失格」は大学時代に接しうっとりした記憶があります。
カミユの「異邦人」や石原慎太郎の「午後の曳航」なんかと同じような感覚でしたかね?

高校では本箱にあった武者小路実篤の「友情」をたまたま読んで興奮して朝を迎えたくらいしか読んでいません(笑)

太宰の本は、その頃の若い女性の気持ちを相当くすぐったようですが、最近のギャルはどうなんでしょう!?

人間失格はBSプレミアムのシリーズ深読み読書会でも取り上げていたような・・・。
青春時代には、魅了されるところがありますね。

映画は小栗旬が演じているんですか!
        ↓
http://ningenshikkaku-movie.com/

う~ん、羨ましいしあやかりたい。
でも私は太宰にはなれそうにもありませんね!(爆)
小父さんへ

太宰治も有名な作品は割合に読んだと思います。
多くの日本作家に連れてはいますが、石原慎太郎氏の作品は未だ読んだことがありません。

武者小路実篤は、,小五小六で凝っていました。
大変面白くハマっていましたが、なぜ好きだったのかとふと疑問を感じ、おそらく数年前に少しだけ読み返したのですが、ああ!こんなに面白かったのかと、納得いたしました。

太宰が女性ごことをくすぐるのか、私のタイプにはピンとこないのですが^^(笑)
川端康成や立原正秋(や渡辺淳一)は作品がドキドキします(笑)

映画は大変よかったです。
関係する懐かしい作家も出てきて、そのやり取りは、くすりと笑えるものでした。
子供がすみをこぼす場面で、涙があふれ出ました。
最後、感動しすぎてすぐには歩けませんでした。こう云った状態になったのは片岡仁左衛門で二回、他もあった様な気がします。私にとっては最高の映画でした。

大変繊細に作られた映画で素晴らしいと思いますが、どんぱちの様な派手さはないので、さ!これからという時に勿体無くも途中で帰ってしまわれるおじいさんがいらっしゃったことが残念です。

近々時間を見つけて感想を書こうと思います。
見ていただければ、幸いです。


  嬉しいコメントをありがとうございます。 Rancho
goo221947
訂正です。
石原慎太郎の「午後の曳航」???
三島由紀夫の作品をなんで石原慎太郎なんて書くのでしょう(汗)
老化ということはこういうことなんでしょうね。
「曳航」の文字を間違えないように検索までしているのに・・・(笑)

石原慎太郎なんてカッパブックスの「スパルタ教育」くらいがいいなと思ったぐらいで、小説は変てこりんなものばかりという印象です。

かつ、文藝春秋に載る、芥川賞の選評なんていつもどれもこれもくさすばかりで、
確かちょっとグロテスクな西村賢太の『苦役列車』を珍しく誉めてたようでしたが。

彼が参議院議員のデビューした初期の頃は、政治観には好感を持っていましたが、アントニオ猪木と並んで「ダァー!」なんて手を振り上げたころには老化を感じましたね(爆)。

小栗旬の「人間失格」観たくなりました。
小父さんへ

そうでしたか^^三島由紀夫さんも映画にもいい感じで出てこられますよ。俳優さんもお上手でした^^三島由紀夫さんのお亡くなりになった事!を考えると映画の台詞は興味深いです^^v
三島由紀夫氏はいくつか読んでますが。美輪明宏さん主演の「黒蜥蜴」に三島由紀夫本人も出られて、興味深いですね^^
話はそれますが、美輪明宏さんって紅白で一曲歌われても、舞台として成立し、ドラマを展開されますね。二度ばかり美輪明宏さん目当てに時間を合わせて紅白をつけたことがあります^^

あはは^^芥川龍之介の作品は皆さんが多く親しまれておられますのにね。私なども時々、好きな場面を舞台風に空でことなを言ってみたりして、楽しめる。そんな作品がいくつもありますね。

あ^^京都のお話で、京大の○て○板のことを書いてますが、あれは京都の風景としての話です^^私はGUの時代まだ幼かったんです。私もそれに関して、小父さんと同じ意見です。ご安心ください^^
たまたま昨日N・Kのニュースでしたかで、GUのことを取り上げられていました。全G連がすぐ下火になった理由は、高度成長期にあるらしいです。当時の首相は経済を高め、欲求不満を見たさせれば、GUはすぐに解散すると踏まれていたそうで、実際そうなったと、テレビでは申されていました。その頃って確か、ビートルズが来日とか色々ありましたよね。
私はビートルズ世代からずれていて、中学の頃はDeep PurpleやUriah HeepやDavid Bowieなど、ハードロックやグラムロックでした^^

いつも嬉しいコメントをありがとうございます。 Ranchoより
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』 5,8★/5★(満点以上) 蜷川実花監督  小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ 美術:Enzo 照明:藤井勇 2019
https://blog.goo.ne.jp/usuaomidori/e/377ddcf94fd543e6e96f4bcc94abd3d6
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の画像もっと見る

最近の「読書覚書 2006年より    」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事