俺と加速と記憶団vita

ソーレ ソレソレ psvita

ゲームで精神が瑞々しい

2015-11-07 06:23:45 | 日記2013

学園ハンサムという話題の変なゲームやってみたらクスっとくる感じがおもろかった


やはりゲームは生き甲斐でありやってないと楽しいことがない

右手に剣を左手に楯を

我々はパンのみに生きるにあらず
人生は薔薇で飾らなければならない

人生にバラを生活にゲームを



オードブル作った

2013-12-31 17:35:52 | 日記2013
皿が小さい




平たく大きい皿があれば尚良しだった
大根とトマトの薔薇と食紅(高い)をふんだんに使用したブルーゼリーが新しい試みだった

オシャレな喫茶店の自由帳に書き込む人の精神

2013-12-30 10:50:08 | 日記2013
悪意に満ちている




左手で鏡文字にトライ。前ページでは普通に出ていたのに拙者が書き始めた途端かすれ始めるインク。ペンが嫌がっている。
なので持参のよく出るペンで上書きした。上書きしてまで残すべきメッセージだったのかは自問の余地がある。

最近読んだ本感想

2013-12-29 09:06:08 | 日記2013
最近読んだ本まとめ



女子高育ち  辛酸なめ子
お嬢様は存在する 女子高にも良妻賢母系 モテ系 努力型秀才系など色々ある



強育論  宮本哲也
「勉強」の強という感じが好感をもちにくい。「学習」と呼ぶとやってみたくなる。
自活能力のない子供を社会に押し付けて自分だけ死んではいけません。
子どもを猫っ可愛がりしたいのなら子猫を買いなさい
教育とは厳格なものです。受ける側も施す側も襟を正し、背筋を伸ばして真摯な気持ちで臨まなければなりません。



独学術  白取春彦
世界のあらゆる書物や映画や考え方は聖書が背景(読み手が知ってる前提で書かれてる)ためまず聖書を読むとよい
難しい本にビビらずトライ。買ってきてそのへんにおいておく、何となくめくって眺めるなどして少しずつ慣れれば意外とよめる
外国語はむしろ小説(文が飾ってある、感情的、文化の違い、心境が理解できないなど)ではなく論文(論理的に理路整然としている。文法的にも)を読むべき




愛と知  ヘルマンヘッセ
われわれが芸術家として像を作ったり、あるいは思想家として法則を求め思想を公式化するとき、大きな死の舞踏の中からせめて何かを救い、
われわれ自身よりながい寿命を持つ何かを樹立するために、そういう営みをするのである。
「それは無常の克服だった。人間生活の道化と死の舞踏から、あるものが残り、…無常なものを永遠化することに近いのだから」

およそ生存は二元と対立に基づいているように思われた。人は、女であるか男、放浪者であるか平凡な市民、分別くさいか感情的、
そのいずれかであった。…自由と秩序、衝動と精神、その両方を同時に体験することはけっしてできなかった。



最後のあたりを読んでたときたまたま全曲ランダム再生で聞いてたiPodで流れた「風のトリニティ (櫻井孝宏」が全体的に小説内容と合致してすごい偶然
まさにナルチスのキャラソンを聞いたような思いであった。

ヘッセの小説のパターン、だいたい
短編
女性を好きになる
→フラれる

長編
最初神学校で友人と過ごす
(多少のホモ)
(主人公か登場人物の誰かが美少年)
→女がらみなどの原因でその世界から脱出
→放浪してイタイ目に会いながら友人の事を思い出し続ける
→最後友人と再会、何か真理のような事が述べられる


こんな感じのように思える。愛と知、デミアン、ブッダ、車輪の下などがたしかこんな流れだったと思う。








20代にしておきたい17のこと  本田建
失敗する 一流に触れる 嫌いな仕事をやっていく人生もシュミレーションしてみる 憧れる世界を見ておく 見られている前提で行動できるかどうか。
みていないように見えて必ず見ているし結果に現れるひとがらや雰囲気にも現れる チャンスのために準備しておく
人生のは自分が触れたものになる
3流のものに囲まれて触れていたら三流、一流のものに囲まれて触れていたら一流に近づいていく
好きなことを見つけるなら、早いほうが人生を楽しめる


30代にしておきたい17のこと 本田健
嫌いな仕事をずっとやることは、緩慢な自殺をしているようなものです。
逆にいえば、ワクワクすることをやらないと、やらないぶんだけ、どんどん自分の大切な部分が死んでいきます。

10代にしておきたい17のこと 本田健
これは全体的に良い本だと思った。生徒に読んでもらいたい
素晴らしい人に合うにはボランティアに参加しれ。


就職する前にしておきたい17のこと 本田建
あなたのケータイに電話をかけてくる人達の平均年収はいくらですか?
友人たちの収入レベルが高いならあなた、じしん同じように伸びて行ける可能性が高い
今の人間関係を変えるには、自分が場違いに感じる場所に飛びこんでなおかつその場に踏みとどまらなければなりません。
自分が属したいグループやそこに属している人に近づきたいと思っても、そのひとたちから「一流の雰囲気」や「一流のオーラ」
というようなふうあつを感じるでしょう。そのふうあつに少しでもひるんだら、そのまま吹き飛ばされてしまいます。
いちにのさんでその人達に向かって踏み出さなければなりません。





自分を嫌うな  加藤
古い。当たり前にみえることをひたすら羅列。そしてその対策は述べられない。自分がダメだと思ってしまうのはとにかくようねんきの親の態度が悪かったせいだという主張。



適当教典  高田純次
(お金の管理に関して)オレなんかウチの鉄腕アトムのケースに入れてるもん!

亭主がベロンベロンに酔っぱらって帰って来て、かあちゃんが全裸で寝てたら、そのまま吐いちゃうからね。


(夏のサンタの副職について)やっぱり、利益率のいいものをやってるみたい。






パリのアパルトマンから  アトランさやか
「この街では、皆、どこか芝居がかっている。そして、人が人らしい。」

フランス人は人を待たせることをなんとも思わない。レジ係が行列にも関わらず私用長電話、列の先頭の人はレジと長話しなど
パリの人々は人生を積極的に楽しんでいる。部屋を自分好みにカスタムし居心地のよい空間で過ごす。仕事しすぎないで自分の時間をしっかり取るなど。食後のフロマージュが大好き。


たしかにパリジェンヌはオシャレで仕事しすぎな日本よりもバカンスを楽しんだりと心豊かな生活を送れていることだろう。しかし、パリも一歩外に出ると油断できない。常に気を張っていないと列の順番を抜かされたりスリにあったりふっかけられたりすることもあり、著者は、当たり前のことだが、自分の身は自分で守らなければならないと再確認したという。

私は、治安の良さや人々の道徳心の高さ、店員さんの態度の良さ、トイレの綺麗さ、水のタダさ、落としたお金の高返却率、サービスの良さなどを誇る日本(東日本)が最高だと思う。パリに行ったときトイレ事情が不便すぎて(綺麗じゃないのは当然として公衆トイレがないなど)友人が死にそうになっていた。

もちろん日本も全てが素晴らしい訳ではなく短所もあるだろう。しかし、日本ほど、
高確率で
ボーっと歩いていてもスられない
電車でカバン全開で寝てもスられない
地下鉄で寝ても死なない
どの普通の店、高級店でもないそのへんの店でも、店員さんの態度が一定以上に良い、誠意を感じられる
荷物を置いて席を立っても取られない
油断していても死なない

一定以上に清潔
列の順番をたいてい守る
裏通りを歩いても死なない
東西線が綺麗(西船橋~西葛西)
平和
国民皆保険


な国はないのではないかと思う。あげたらキリがない。
私は数カ国しか海外経験はないが(イタリア イギリス カナダ スペイン フランス タイ グアム ハワイ 韓国 台湾)今の時点ではそう思う。

不況にともない日本を見限ってアジアなど諸外国に目を向ける人もいるが、私はできるだけ日本で暮らしたい。グローバル化に伴い海外への可能性が高まり大規模な移住が起こったとしても、ギリギリまで日本に留まりたいと思う。仕事で海外赴任などがあれば普通に行くが、拠点はあくまで平和天国の母国としたい。ニホンガ トゥキダカラ。




野火  大岡昇平
病気は治癒を望む理由のない場合何者でもない。

(「贋の追想(にせのついそう」多分デジャヴについて)ベルグソンによれば、これは絶えず現在を記憶の中へ追い込みながら進む生命が、
疲労或いは虚脱によって、不意に前進を止める時、記憶だけ自動的に意識より先に出るために起こる現象である。

(死を予感しているとこの風景を見ることは二度とないと思うと奇怪な感じに襲われる)してみれば我々の所謂生命感とは、
今行うところを無限に繰り返し得るその予感にあるのではなかろうか。
(デジャヴを)感じるのは、それをもう一度行いたいという願望の倒錯したものではあるまいか。未来に繰り返す希望のない状態におかれた生命が、
披露その可能性を過去に投射するのではあるまいか。


デ・プロフンディス
「われ深き淵より汝を呼べり」
De profundis clamavi

「はい、戦友に会いまして、ついおくれました。すまなくあります」

「ひー」と笛を吹くような音と共に、彼は目覚めた。…「天皇陛下様。大日本帝国様。何卒、家へ帰らして下さいませ。
飛行機様。迎に来い。オートジャイロで着いてくれい…暗いぞ」
「あは、あは」
「帰りたい。帰らしてくれ。戦争をよしてくれ。俺は仏だ。南無阿弥陀仏。なんまいだぶ。合掌」


しかし人間は偶然を容認することは出来ないらしい。偶然の系列、つまり永遠に耐えるほど我々の精神は強くない。
出生の偶然と死の偶然の間にはさまれな我々の生活ののあいだに、我々は意思と自称するものによって生起した少数の事件を数え、
その結果我々の裡(うち)に生じた一貫したものを、性格とかわが生涯とか呼んで自ら慰めている。ほかに考えようがないからだ。



大岡さんの死を見据えながら冷静で達観したような文書は痛快である。『ある補充兵の戦い』も面白かった。

飾り切り

2013-12-28 08:56:23 | 日記2013
洋梨で白鳥

ググった結果誰でも簡単に飾り切れる素晴らしいクックパッドをみつけて本当に簡単に見栄えよく出来た。感謝。





もっとものすごい飾り切りを出来るようになって一発芸的な位置で身につけたい。
年末年始にかけて一発芸の需要が高まってくる。


現在できるもの
・割とうまい口笛
・みかんなど(転がるものならなんでも)を右腕の上で転がし跳ね上げてキャッチする
・それを2連続

・獣てきな唸り声
・唸り声で喋る(ダースベイダーみたいな声)
・デスボイス
・ショットガンシャッフル(カードを痛めるぜ)
・ダイパまで全てのポケモンの鳴き声を7割くらいの確率で聞いて当てる



コレといったものがない。

どれも見せ方、プロデュース力が重要になってくる。口笛はウケヤスイ曲を、ダースベイダー喋りもイイ感じのセリフを用意する必要がある。唸り声もどうプレゼンするのか考えなければいけない。突然唸り出しても場が凍るだけである。

みかんを食べる前に必ず腕上ころがしの練習をしている。落としまくって皮が裂けてしまうまでやる。最近家にみかんが輸入されたので練習が捗る。




今後身につけていきたい小技
・飾り切り
・指パッチン
・指笛
・プロっぽいお札の数え方(人として必須)

スピリッツ懸賞当選

2013-12-27 13:58:27 | 日記2013
やったあああああああああ


メチャクチャウレシイ!!
こういうの当たったの初めて!本当に現実に運行してるんだね当たる人いるんだね 



スピプレ、毎週チマチマ応募してた。
商品が目的ではなく読者の「面白かった!」みたいな単純な嬉しい感想が作者側に伝われば、少しでも制作側の励みになればと思って送っていた。
さらにスピプレに参加するにあたり「今週の読み切り○○についての感想をどうぞ」などの質問に答えるため、より意識的にスピリッツ全体、そして各作品を読むことができるので、毎週のスピプレを楽しんでいる。

そしてこの予期せぬ嬉しい当選。
くーねるまるたの図書カード。
これで何かスピリッツの漫画を買おう。スピリッツの贈物でスピリッツの漫画を買う。なんというwin-win。まさに博愛、ユートピアである。(意味不明)

最近見た映画感想

2013-12-26 17:46:56 | 日記2013
最近見た映画感想




グレムリン
CGなしでグレムリンを動かしたのはすごい



トランスフォーマーダークサイドオブザムーン
英語で見たのでよく分からなかったがCGがすごい




80日間世界一周

予算がすごそう

本当に世界一周したようなきもちになる。
スペインで闘牛、インド、ホンコン、ヨコハマ、アメリカ、インディアンとの戦闘、船を燃やし尽くしたり、目を見張る車窓やパスパトゥのやらかしに飽きることがなかった。
ヨコハマは外国人が作った映画にしてはめずらしく正しく作られていた。(曲調が多少中国風だったがカゴメカゴメが流れた。ちゃんと日本人が着物きて歩いてお辞儀していた)

パスパトゥが闘牛や走る馬馬の背上を移動したり鉄道の背中を這っていったりと身体を張っている。


もっとも衝撃的だったのは、気球で雪積もる山頂の通りがかりに雪をすくってそれでシャンパン冷やして乾杯してたところ




渚にて

核爆弾で半球の人類死滅 放射線拡大 迫る確実な死
死滅した故郷を目にした1人の隊員が放射能の外界に「デートなんでね。家に帰るんですよ」とかいいながら生身ででていく。
近くにいてももう放射能おせんされてるので船に回収できないしお互いに隊員は死ぬと分かってる中での淡々とした会話が残酷でよかった



ザ・フライ
単純にきもい。グロではなくキモ



博士の異常な愛情
直ったぞ→床パカー→水爆にまたがりヒャッハー!

「総統!立てます!」→ドーーン(原爆爆発集)
がシュールでよかった

ナンテコッタ

2013-12-25 09:28:01 | 日記2013
古本を大量に買って読んでたら案の定きもちわるくなってきたぞ!気ってこわいね!


ということで 中古 浄化  とかで安易にググった知識で浄化をこころみようと思う。


とりあえず圧倒的に線香焚きながら塩漬けにしてやる。

ファミマの肉まんウメー

2013-12-25 00:12:25 | 日記2013
ウンメー



ファミまんがおいしいので徒歩5分かけて通っている。パン?の部分ふわふわ!

コンビニ店員からしたらとてもじゃないけど食べられないとか言われるんだろうなあ。
でも知らないからこそおいしく食べられるわけで、無知は罪でもあるが同時に知らぬが仏でもあるんだろうなあ
(読んできた本の上に立つ二人の男性、片方は低いので塀に描かれた綺麗な風景を見ていて、もう一方の読書家の方は本の土台が高く塀の向こう側の廃墟みたいな現実が見えている という画像をふまえながら)

カレーうめー

2013-12-24 22:29:13 | 日記2013
安価な定食屋最高



安い>早い>うまい
の順に重きを置いている。


個人的には
安い・早い・うまい のウマイは無くてもいいと思っている。

日本においてはよほどのことがない限り食べられない程マズイ料理は出てこない。一定以上のレベルで必ずうまい。

そもそもうまいとは何なのか。それは各個人の評価による相対的なもので、
「○○委員会が検査測定したウマイ度が国の制定基準値を超えていれば「うまい」と表記することができる」というものではない。自分がウマイと感じればそれはウマイ。マズくなければそれはウマイ。本当に心底「コレハ・・・ウ、ウマヒ・・・ッ!!」と唸るような料理は日常で期待していない。

また、拙者はうま閾値(うまいと感じる閾値)が低めなので嫌いな物以外はなんでも美味しく食べられる。
これまでの食べ物でマズイと感じたものは酢牛乳となんか変なチャイくらいだ。(飲み物になってしまった)

だから、とくに「うまい」と謳っていなくても安い・早いだけで十分だと私は考えている。




と、ここで思い出してしまったのは、最近食べたスープストックトーキョーと秋葉原アトレのカレー。現代日本では珍しいことに、全く美味しさを感じられなかった。感想が一言も出ないほど限りなく透明に近いZEROであった。しかし、マズい訳ではない。
X軸の正の方向が「ウマイ」、負の方向が「マズイ」のグラフであらわすと、これらのカレーは完全なる原点に位置している。

では、このカレーはどうカテゴライズすべきだろうか。
うまいの反対はマズイではなく「うまいと感じない」なのでは?



長くなりそうだ。また後で考える

酒池肉林

2013-12-23 07:40:39 | 日記2013
アメリケンなピザもきた

クリスマスっぽいディナー食べようぜ企画よかった



個人的には人を待つ間様々な駅構内の本屋などでビバークし改札から出ないことによって交通費を守りながらも時間を有効に使えたことが一番よかった

卒業旅行とは

2013-12-22 08:00:57 | 日記2013
平日だからお得なプランが満載!
平日だから、じっくり、のたれ死にの充実な旅を楽しみませんか?


に見えた




卒業旅行とは、漫画や友達の話などではよく聞くが、実際にはどこで開催されているのか一向につかめない霧のようなイベントである。

いつか行ってみたいとは思いつつ、もし行ったとしたら連れの友達と長時間一緒にいることで壊れる友情が惜しいので、行かない主義である。主義であるとか言ってるが単純にまず友達がいなくて行けないだけである。
そもそも自分の器が小さいので家族以外と長く過ごそうものなら素が出てしまい確実に友達を失う。



国内はもう行き尽くした感あるし、旅行するくらいなら家で読書や有名な映画を見てメモったりしていた方が意識高い系っぽく将来に有用な事をしているかのような錯覚におちいれて一時の安心が得られるかもしれないので遥かに生産的であるように今の私には感じられる。



昨日気づいた事だが、目が見えなければ本が読めない。これはたいへん世にも恐ろしいことで、自由に目が見えるなんて奇跡的にありがたいことダナアと突如として思った。
あと昨日もらったモスバーガーがカバンの中で爆発し、あらゆるアイテムがモスバーガーの香りとなり移動式モス屋を自称しても差し支えないレベルで周囲にモスの香りを振りまく事態となっている。図らずしてすれ違った人々へのモス啓蒙となり、あわよくばモスバーガーの売上貢献に繋がれば幸いである。

ワンマンクエスト

2013-12-21 10:32:56 | 日記2013
サウイフモノワンマンクエスト楽しかった!




サウイフモノというバンドのワンマンライブに行ってきた。

・ぬっぺさんはリアルでもキレのある変な動きで一番人気 
・nonoさん落ち着いてて可愛いし声が良い 
逆ダイの時客の支える上に優雅に座って振る舞いが女王様のようだった
・SACCIさんはやはりイケメンだし声がいいし歌がうまい 生でもCDそのものですごい歌唱力だと思った


・さっちさん、MCのみんなの写真集リークのときイスに座って足バタバタしすぎてイスが倒れるかと心配になるほど。水泳の初期バタの練習に見えるほど根元からバタバタしていた 
・「ボーカル笑いすぎて酸素吸ってましたからね」 
・MC面白い さっちさんのトークが面白い


・ヒロバッキー(KAZ)さんがネタキャラだった 
・コゴエとは でしゃばりなマネージャーのことだった 
・ヒロバッキーとコゴエの音痴対決など盛りだくさんの3時間 これで3000円は安い 


・後ろは比較的落ち着いていて良かったが列からはみ出ていたためモッシュできなかった 
・「道」的な曲、さっちさんがあまりにも感情込めて歌い上げ、熱い思いが伝わってきた 

・シスター村とナンダカンダ楽しい、一番好きなサンバリゾートやってくれて夢みたいだった 
・アンコールはナンダカンダと経験値×2、最高だった




前回ヘドバンで翌日気持ち悪くなるほど首を痛めたので今回は予防に努めた。

帰り道薬局の閉店ギリギリに駆け込んで入口に立つ客追い出し係の店員さんに「スミマセン湿布だけいいですか?!シップだけ?!」と危機迫る姿勢で押し入り湿布をゲット。そして対策も万全に寝たので首痛回避できて良かった。湿布入店を許してくれた店員さんのおかげで有難い。地獄に仏。





とにかくサウイフモノよかった。
また行きたい

夜景とは

2013-12-20 09:37:46 | 日記2013
夜景見て何が楽しいのか


蛍光灯かLEDの光を高所から見下ろすことによって何か新しい見解が広がるのか
何のために光を見るのか 人類という蟻の活動を見下すためなのか なぜ光を見るために高い所に上るのか その過程で何か得るものがあるのか



周囲の人に聞いたら「なんか分かんないけど楽しいから」、「夜景もイルミネーションも綺麗だから好き」だそうで、光を見るだけで楽しめるなんてポテンシャル高いし人生を楽しもうという姿勢が素晴らしいなと思った。


夜景が楽しいと感じるようになれば観光などで意義のあるスポットが増え、旅行のいろどりが増す。
海外旅行などのオプショナルツアーでよくある「○○の夜景を一望!○○タワー」「夜景を眺めながらディナー」みたいなコースに意味を見出すことができる。

さらに日常のちょっと特別な日()にでも東京かなんかのイルミネーションに繰り出し、手軽に感度することができる。


光を見て喜べるマインドを持てば、人生をまた一歩も二歩も楽しむことができるように思える。


ただ今のところその境地に達していないのでいつかそれが分かる時までタワーには一切登らない次第である。

チキンラーメン中毒

2013-12-19 10:19:29 | 日記2013

チキンラーメンうめええええええええ



カップヌードルミュージアムに行ってからというものチキンラーメンが止まらないうまい。
昔食べたときこんなにおいしくなかったのに味が改良されたのか日進月歩を感じてさすが日進。チキンラーメンうまい。

一人暮らしをいいことに一日2食チキンラーメンだけどそのうち飽きて距離を置きたくなるまで食べ続ける意向。いっそ食べ過ぎて嫌いになってしまいたいほど中毒性が強くこのままでは生活が破綻しかねない。すぐおいしいすごくおいしいは本当だった。卵なんか入れたら理性が吹っ飛ぶ。危険だ。ここは俺が食い止める。日夜生産されるこの兵器を文字通り俺が食い止める。まだチキンラーメンをマズいと思っている市民がいたら今のうちに早く逃げてくれ。一人でも多くの命を救いたい。振り返らず逃げるんだ。急げ。