時鳥れぽーと

このレポートは情報提供の一環であり、投資勧誘を目的に作成していません。最終的な投資判断は、ご自身の判断でお願いします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10月31日デイリーレポート

2007年10月31日 17時41分39秒 | デイリーレポート
10月31日(水)
穀物シカゴ市場
シカゴコーンは反落。原油と金などの急落を嫌気されたことと、小麦や大豆の急落と米国コーンの収穫高が過去最高を更新にファンド筋の売りが出され12限370.25セント(-5.75)で終えた。
シカゴ大豆は急反落。原油、金など外部市場の相場後退を嫌気したことと収穫進展にファンドの売りや利食い売りが先行し下落し、11限は大台を割り込み992.00セント(-19.00)引けた
東京市場
シカゴ安だったことと高値警戒した売りが殺到し、寄り付きは4番きりまでストップ安に張り付き、先限2本も大幅安で始まり、11限は31.440円(-760)に下落した、その後はやや落ち着き先4本は値を戻して11限31.680円(-520)まで戻して前場を終えた。後場からは動きの少ない展開となり、地合いを弱めたままの商状となって引け11限は31.700円(-500)で終えた。
NON-G大豆はシカゴの大幅安とコーン急落嫌気した売りに前3本がストップ安を含む大幅安して寄り付き、その後はコーン同様に落ち着きを取り戻し、期近が制限幅を離れたほか、期先も下げ幅を縮小し、10限は61.790円(-330)で前場を終えた。後場はやや戻り歩調で引け10限は61.820円(-300)で終えた。国内穀物定期は目先の原油、金など高止まりが見えたことから、シカゴに比べて割り高感があることで上値の重い展開の可能性があり、目先は戻り売りでいいと思います。


石油市場
NY原油は大幅急反落。利下げの幅が不透明なことでドルが下げ止まり反発したことから商品安となり、また買われ過ぎ感の広がりやメキシコ湾岸の原油生産を再開するとのことでポジション調整の利食い売りに急速に値を切り下げ12限は90.38ドル(-3.15)まで反落して引けた。
東京市場
NY原油が3ドル超の下落をしたことで、原油、製品は手仕舞い売りが殺到し軒並みに4桁下落する大幅安に始まり、ガソリン5限は72.800円(-1.660)灯油は69.700円(-1.120)原油3限は57.440円(-1.650)で寄り付き、その後も製品は下げ場面もあったが、時間外取引が下げ幅を縮小したことなどに押し目買いや買い戻しが入り、原油、製品ともに下げ幅を急宿小、原油、ガソリンは4桁下落のまま引けたが、灯油は前3本がプラスに先限も大幅に戻し5限は70.280円(-540)で前場を終えた。
後場から製品の灯油が前場の地合いを引き継ぎ、灯油在庫が減少の見通しに前4本が続伸して引け、期先2本反落の5限は70.250円(-570)に引け、ガソリンは安値でもみ合いが続いた後、後半に押し目買いなどで下げ幅を縮小させ5限は73.520円(-940)に引けた。一方原油は戻り売りや手仕舞い売りに地合いを弱めたまま3限57.540円(-1.550)で引けた。NY市場は3ドル超の調整をさせて、更なる調整もありうることから、国内の製品は修正安が出やすい状態により、目先は戻りで対処した
『投資』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月30日デイリーレポート | トップ | 11月1日デイリーレポート »

コメントを投稿

デイリーレポート」カテゴリの最新記事