不整脈とそのトラウマに打ちのめされる日々の記録

不良中年はかくして心身症になった
不整脈によって引き起こされると思われる様々な身体不調の日記

2018/9/17 されど自律神経が全てではない

2018-09-17 | 脈△神○評○

昨日の朝からある不整脈が続いている
前回の記事で
自律神経さえ整えればバラ色の未来になる
と誤解された方がいれば、謝らなければならない
もっとも、以前の筆者の記事に割と多く出ているので
繰り返しご訪問してくださる読者の方はご存知だろう

外的要因に影響されにくく、薬さえ効かない
非常にマイペースな不整脈があることを

筆者はこの心筋を発狂する心筋と呼んでいる

こやつの前では自律神経スイッチ法は無力だ
薬も目立った効果はない
安静であろうが、活発に動き回ろうが
それに影響されて数が増えたり減ったりすることもない
食事も、睡眠も、入浴も、発狂する心筋には
何の影響も与えない
2拍に1回から10拍に1回くらいの間で
半日、あるいは1日、長ければ数日続く可能性もある
寝ている間も、ズ~ン、ズ~ンと飛んでいるのを
自覚しながら寝ることになる

元々、封印が解かれる心筋があって
自律神経は、封印を一時的に解くトリガーの一つでしかない

このタイプの不整脈を根絶するためには
狂った心筋を焼いてしまうしかないのだ(カテアブ)

人体の細胞の総数は60兆個とも言われている
人間が60兆人もいれば、狂人は一人や二人ではすむまい
そう考えれば、人体とは非常に良くできた仕組みを持っている
狂人(問題のある細胞)は
自死(アポトーシス)というシステムで排除されるからだ
ただ、心筋だけは替えがきかない
狂人を排除することも、すげ替えることもできない

科学と医学がさらに進歩すれば
  例えば縦と横に細胞一個分の幅の電磁波を発射し
  交差したところだけの細胞を焼くというような
  方法であれば、あなたは衣服を脱ぐこともなく
  診察台に寝たままでAI医師が発狂する心筋を
  ピンポイントで焼き、まるで何事もなかったように
  病院から帰れる日が来るかもしれない

  あるいはiPS細胞から培養した
  自分の新しい心臓と心臓ごと入れ替える
  ということも考えられる

病院にいき、わずか数時間で不整脈とおさらばできる
そういう夢のような時代がくるかもしれないが
筆者が生きているうちは無理かなぁ~

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2018/9/15 私の不整脈の原因... | トップ | 2018/10/7 血圧からの不整脈... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カテアブ (とんちゃん55歳)
2018-09-17 13:57:31
私の知り合いでカテアブ1回で心房細動が治って一年以上たつ人もいれば、3回カテアブしてもすぐに不整脈がでる人もいます。                 私も病院でカテアブを勧められますがやるふんぎりがつきません。 慢性心房細動ならやりますが、脈飛びは毎日多少ありますが心房細動は年に数回です。      カテアブという事にもなにかビビりになります。   それではお元気で
とんちゃん55歳さん (まんたろう)
2018-09-18 05:18:23
以前、私にカテアブを勧めてくれた方は
 期外収縮は根絶
 心房細動は4回目やるところ
ということでした
期外収縮がなくなるだけでもありがたいですが
私も面倒さとリスクでふんぎりがつきません
さらに進歩するのを待った方がよさそうですね

コメントを投稿

脈△神○評○」カテゴリの最新記事