Ziitner & Bartner の気まぐれ日記

苔玉や手作り品を楽しんでいる爺と婆の暮らしぶりです。

うきさとむら

2020-08-23 16:52:09 | 見て歩き
宇気郷村(うきさとむら)なんとなく気になる地名
一度行ってみたいと思っていたので、 今日思い切っていってみた。

とりあえずは、カーナビ任せ いったん嬉野町へ出て 川沿いに遡上
途中、伊勢山上飯福田寺へ立ち寄り 吉野の山上が岳と同じく役行者の修験道の地とか
入山者は受付へ との案内があり お話を聞くと 岩山で修行の地となっており
危険な場所が多く 2時間近くかかるとのことで 断念し 道路から見える奥の院と本堂にて合掌







さらに奥へ うきさとむら へ到着 この辺りは 松阪市柚原町で 
宇気郷村は、市町村合併の前の地名とか



食事処が有ったので、入ってみたら 松阪から来たという 女性3人組に会い 談笑
ちょうど昼時だったので モロヘイヤ入り 緑色のうどん おいしかったけど 写真撮り忘れ

行ってみて知ったが、ここは、8年ほど前の映画「黄色いゾウ」のロケ地だったらしい。

帰りは、美杉へ出たいと思い お店の人に聞くと 
途中に 疫病除けの神様があるというので寄ってみた。
蘭宇気白神社と言い 川沿いの巨木の中にあり 特に二組の夫婦杉は、迫力満点
ここでまた、先ほどの女性三人組に遭遇 飴ちゃんをいただく 松阪と言ったけど 大坂出身?





美杉へ出る道は、狭い山道で苦労したが、君ケ野ダムを経由して帰宅。
昨日より、少し気温は低いらしかったが 宇気郷村は とっても涼しく 楽しい旅が出来た。
人混みは、避けなければと思うけど やっぱり人とかかわって 話すのが楽しい
コメント

蓮の花

2020-07-03 13:07:43 | 見て歩き
先日の新聞記事で蓮の花の開花紹介が有ったので行ってみた。
津市白山町の山間 二俣という集落。

平成28年に村おこしのため、休耕田に蓮を植えられたそうです。



段々になった田んぼ7枚に、ぎっしり 6000㎡余りあるそうです。
色別に植えられています。

  

  

  

  

雨模様だったけど 沢山の観光客が来られていました。


コメント

大和十三仏

2020-06-16 19:23:18 | 見て歩き
以前からお参りしてきた 大和十三仏 唯一残っていた大安寺にお参りできました。

山門には、やっぱり 新型コロナウィルスに関する注意書き



境内は、広く きれいに整備されており 特に 気になったのが いのちの道





次に、目に飛び込んできたのが おびただしい数の だるまさんが、あちらこちらに

  

なんだろう? 探していたら見つかりました。
おみくじだるま 
だるまさんの中に おみくじが入っていて 案内には 手書き と
おみくじを、ひかしてもらったら なんと 大吉 でも 文字は印刷?

手書きというのは、だるまさんのよう よく見たら みんな違う顔をされてます。



梅雨の晴れ間の 素晴らしい一日となりました。
コメント

今年は、の~んびり 苔玉

2020-05-19 19:26:39 | 苔玉と鉢植え
例年この季節、苔玉たちは、開花前 芽吹き前に出て行きます。

今年は、コロナウィルスのせいで 花が咲いても 芽吹きが終わっても家でまったり

爺も婆も の~んびり こけ玉を楽しんでます。

  


  


  


  


  


でも やっぱり お嫁に行って 皆さんに可愛がってもらいたいです
その日が一日でも早く来るように 頑張ります。
コメント

人混み避けて田舎ドライブ

2020-04-29 17:39:14 | 見て歩き
非常事態宣言の中、外出を控えてテレビを見ていると 気持ちが滅入ってくる。
気晴らしに出かけようにも、人の多いところは・・・

そこで 手弁当をもって、出来るだけ人が少ない 田舎のドライブに

迷った挙句 若葉がきれいそうなので 香落渓へ まさに 山笑う 景色です



香落渓から、曾爾高原へ ところが 駐車場に沢山の車が 人が多そうなので敬遠し山道を御杖村へ

途中に、みつえ牧場 があり 牛が放牧され ちょっと日本離れした風景が



美杉町の 伊勢奥津駅まで足を延ばして 伊勢本街道を、散策 地元の方以外 誰にも会わない
古い町並み トレードマークの のれん いつ来てもほっこりする。

  

更に 白山町に回るべく 君ケ野ダムへ向かう途中 こんな風景が



ちょっと疲れたけど、田んぼの畔で弁当食べて ベンチで持参のコーヒータイム 道端でスカンボ狩り
いい気晴らしになりました
コメント (1)