日々のblog  牛込伸幸FP事務所

群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナーの暮らしとお金のblog

取引総額300兆円に対して、政府・日銀の介入は2兆円

2010-09-17 | 資産運用
おはようございます。群馬県高崎市のFP牛込伸幸です。

私は、平日の夕食当番をしているのですが、
昨夜は具沢山ラーメンを作りました。

ラーメンというと、炭水化物のイメージが強いのですが、
チンジャオロースをラーメンにかけて食べるイメージです。

スープを少なくすると、子どもたちでも具をちゃんと食べてくれます。
(スープが多いと具に気付きません。スープパスタ的な感じです)

朝、具を作っておいて、夕食時にラーメンを煮て、
温めた具をかけるだけです。

夕食ができているという心のゆとりもいいですよ。


●基礎からわかる為替介入2

昨日の続きです。
昨日、16日の朝のNHKのニュースによると、
政府・日銀の為替介入は東京市場、ロンドン市場、NY市場と行われ、
総額2兆円にもなったそうです。

為替介入は東京市場で行われることが多いので、
その後、東京市場が閉じる→ロンドン市場で介入
→ロンドン市場が閉じる→NY市場で介入と、
お薬を1日3回食後に服用するような徹底振りでした。

市場関係者は今回の介入は意表をつかれたようで、
日本の単独介入ではありましたが、効果を上げたようです。

今回の為替介入は、急激な円高を阻止するために、
日本の政府・日銀がドルを買って、円を売るという行為でしたね。

では、2兆円とはどんな規模でしょうか?

先ほどのNHKのニュースによると、
1日の円ドルの取引額は300兆円だそうです。

今回の介入は規模が大きかったとはいえ2兆円です。
取引額の大きさにちょっと驚きます。

でも、日本政府が本気になったのだから、
このまま一方的に円高が進むことはないと考える人が増えてくると、
2兆円の与えるインパクトが大きくなります。
実際、しばらくは急激な円高に歯止めがかかるとのコメントが増えています。

牛込伸幸FP事務所
http://www.fpushi.com/

●メルマガ「貯金ができる!住宅ローンと保険のコツ」連載中。
 現在は、「住宅ローンのコツ」編をお伝えしています。
 詳しくは→http://www.mag2.com/m/0001150470.html


最新の画像もっと見る

コメントを投稿