usbmouseブログ

ブログを開設して1ヶ月以上書き続けられる人の割合は55%です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アクセス頂いたすべての皆さんにお礼の言葉を申し上げます

2006年07月13日 23時04分13秒 | Weblog

おかげさまでusbmouseブログは昨日のgooブログアクセスランキング1位を頂戴致しました。2万名近くの閲覧者の皆さんに対して、usbmouseからお礼の言葉をひとこと申し上げます。

\                        /
  \                     /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ!  >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |  
  --- ‐   ノ           |
          /            ノ        ----
         /           ∠_
  --   |    f\   η  ノ     ̄`丶.
        |    |  ヽ ω ノー─-- 、_   )    - _
.        |  |     ̄ ̄     /  /
         | |          ,'  /
    /  /  ノ           |   ,'    \
      /   /             |  /      \
   /_ノ /              ,ノ 〈           \
    (  〈              ヽ.__ \        \
     ヽ._>              \__)

既に一部の方は薄々お気づきのことと思いますが、「馬鹿騒ぎ」を「大騒ぎ」と“誤訳”する日本メディアの“思いやり”は、ウソとホントが巧みにミックスされたusbmouseの創作でした。日頃から「メディアリテラシー」「ソース主義」を標榜される皆さんのこと、この記事がまったくのデタラメだということもすぐに見抜かれるに違いないと信じておりました。ところが、素直に信じ込んで2ちゃんねるに絶賛のコメントと共にリンクを貼りまくったり、ご自分のブログで引用してメディア批判を繰り広げる方のなんと多いこと。ご愁傷さまでした。「メディアリテラシー」や「ソース主義」が必要なのは、なにも朝日新聞を読むときだけではありません。むしろ、自分が共感する意見を書いているブログ、自分が信奉する思想を論じているサイトを読むときにこそ、「メディアリテラシー」や「ソース主義」が重要です。なぜなら、そういった文章を読むときほど「自分も日頃からそう感じていた!」という安心感が仇となり、記事を読むときの警戒心が解けてしまうからです。

それでは一つずつ種明かしをしていきます。

北朝鮮のミサイル発射に対する日本政府の対応について、韓国大統領府が批判的な声明を発表したというニュースが日本のメディアでも繰り返し報道されています。例えば朝日新聞の記事は次のように伝えています。

韓国大統領府は9日、ホームページに掲げた文章で北朝鮮のミサイル発射への対応に触れ、「強いて日本のように未明から大騒ぎする必要はない」とし、日本の対応に否定的な見方を示した。韓国政府の対応が消極的だとする野党や保守系メディアの批判に反論する中で言及した。

ホント

引用した記事は実在する新聞社の実際の報道からの引用であり、「日本のメディアがそう伝えている」という事実を紹介している限りに於いて、ホントです。ここでは、数ある日本のメディアの中からわざわざ「朝日新聞」を選んで引用している点に注目してください。あえて朝日を引用することで「この報道には何か捏造や歪曲が潜んでいるのではないか?」と読者に疑念と期待を抱かせ、後続の文章がスッと心の中に入っていく仕掛けになっているのです。心理操作はすでに始まっています。後続の文章を読んで「やっぱりそうか!」と思わせたらしめたもの、それ以降の文章は流動食が患者の胃に流れ込むように読者の脳に入っていきます。

 

ところが驚く無かれ、大統領府の声明の原文のどこを探しても、「大騒ぎ」という言葉は書かれていないのです。ではなんと書かれているか。声明を原文に忠実に翻訳すると、次のようになります。

 「敢えて日本のように夜明けから馬鹿騷ぎ(야단법석)をしなければならない理由は無い。」

韓国語で「大騒ぎ」に相当する表現は「소란을 피운다」を使います。「賑やかに騒ぎ立てる」くらいのニュアンスです。日本で報道されている「大騒ぎ」に近いのはこの表現です。

ウソ

確かにExciteなどの機械翻訳サイトで翻訳すると、原文の「야단법석」は「馬鹿騒ぎ」と訳出されます。しかし「야단법석」が機械翻訳で「馬鹿騒ぎ」と訳されるからといって「야단법석」を「大騒ぎ」と訳すことが「誤訳」であるかどうかは別の話です。結論から言うと「야단법석」は「多くの人が集まってやかましく騒ぐ」という程度のニュアンスの言葉であり、「馬鹿騒ぎ」と訳そうと、「大騒ぎ」と訳そうと、どちらでもかまわないのです。従って上記文章の「大統領府の声明の原文のどこを探しても、『大騒ぎ』という言葉は書かれていない」という一文は「ウソ」ということになります。この解説を読んだ読者が原文をExcite等の機械翻訳にかけて確認することまで想定して巧みに仕組まれた罠だったというわけです。

 

大統領府の声明文で用いられているのは「馬鹿騷ぎ(야단법석)」という言葉です。この言葉のニュアンスや使われ方は、「大騒ぎ」とはまったく異なります。この「馬鹿騷ぎ(야단법석)」のニュアンスを敢えて表現すれば「教養の無い愚か者が状況を把握できず右往左往してギャーギャーわめき立てる」という感じです。

大ウソ

この一文は、ウソも大ウソ、usbmouseの創作による完全なハッタリです。「야단법석」の意味については上で書いた通りです。というか、そもそもusbmouseは韓国語が読めません。この単語をどう発音するのかも知りません。Excite翻訳の原文・訳文の対比表示で「야단법석」がそれに該当する言葉であることを絞込みながらら見つけだし、その単語が「馬鹿騒ぎ」と翻訳されることから、適当な解説をでっち上げてあたかも韓国語に堪能なふりをして断定的に語ってみただけです。

 

通常、韓国人の間で対等な立場の人間に対してこの言葉を使うことは決してありません。あくまで相手が目下の人間で、かつ、強い侮蔑の意を表したい場合にのみ用いる言葉なのです。

仮に或る日本人が韓国に旅行して、ソウルの居酒屋で酔っ払って騒いでいる韓国人に対して「大騒ぎするのを止めてください」と言うつもりで「馬鹿騷ぎ(야단법석)を止めてください」などと言ってしまったら、間違いなく大変なことになります。周りで聞いていた韓国人に一斉に囲まれ、土下座して謝罪するまで解放してもらえないかもしれない、それくらい酷い侮蔑表現です。

ここまで書けばお分かりと思いますが、この表現、普通の先進国が外交の場で他国に対して使うことが許される言葉ではまったくありません。万が一にも小泉総理大臣が「韓国は靖国参拝で馬鹿騷ぎ(야단법석)し過ぎだ」などと述べたら日韓関係は一気に破局的な状況に陥ることでしょう。例え口頭であっても「うっかり失言した」では済まされない侮蔑表現です。このような言葉を韓国大統領府の広報部が「公式声明」の中で“書き言葉”として使うのは、異常事態と言ってよいのです。

デタラメ

ここも全部作り話です。ソウルの居酒屋でこういう表現を使ったら韓国人に囲まれるのかどうか、韓国に一度も行ったことがないusbmouseにはわかりません。靖国参拝を「馬鹿騒ぎ」と言ったら青瓦台が発狂するという話は割と真実を言い当てている気がします。もっとも「大騒ぎ」と言っても発狂すると思いますが。

 

では、これが前代未聞の出来事かというと、そうではないのです。なんとこの「馬鹿騷ぎ(야단법석)」とまったく同じ表現を使って過去に日本を罵倒した国が韓国の他にもう一国あるのです。

それは北朝鮮です。

その時の罵倒表現を皆さんはよくご存知です。

「過去の問題を棚に上げ、拉致問題の解決だけを馬鹿騷ぎ(야단법석)している日本の振る舞いは、泥棒が泥棒だと叫ぶ破廉恥なものにほかならない。あまりわめいていると、こう頭がんにかかるかもしれない。ウェー、ハッハッハ。まるで、月を見て吠えまくる犬のようだ。アッハッハ・・・。」(平壌放送)

今回の韓国大統領府の声明の本質は、過去に北朝鮮が平壌放送で日本を罵倒する際に使用した「馬鹿騷ぎ(야단법석)」とまったく同じ侮蔑表現を用いて、韓国が公式声明で日本の対北朝鮮政策を批判した点にあります。この一点を見抜いてこそ、根底にある韓国・盧武鉉政権と北朝鮮・金正日体制の「距離感」が理解できるのです。

 →デタラメ

これがまた、実にいい加減なデタラメ。Web上で流通している日本語訳では「過去の問題は棚に上げ、拉致問題の解決だけをわめいている日本の振る舞いは」となっています。なぜこの部分が「馬鹿騷ぎ(야단법석)している」に変わっているかといえば、それはもちろんusbmouseがそのように書き換えたからです。つまり、「韓国が北朝鮮と同じ言葉で日本を批判した」という作り話を最初に考えて、Web上から「ウェー、ハッハッハ」の日本語訳を引っ張ってきて、前後の話に合わせて都合よく改変したというわけです。問題の北朝鮮の放送が「야단법석」を使っているかどうか、usbmouseは朝鮮語がわからないので知りません。

 

報道人の本分は報道にあり、政治家の本分は政治にあります。「馬鹿騒ぎ」と口に出したいところを相手に配慮して「大騒ぎ」と言い換えるのは、あくまで政治家に求められる感性です。報道人に求められるのは、「馬鹿騒ぎ」を「馬鹿騒ぎ」と正確に翻訳して伝える感性です。なぜならば、「馬鹿騒ぎ」を「馬鹿騒ぎ」と翻訳することで初めて浮かび上がってくる真実がそこにあるからです。

 →ホント。ただし、それまでの話が正しいならば。

付け加えます。釣り人の本分は釣りにあり、釣り人に求められるのは、「大騒ぎ」を「馬鹿騒ぎ」に脚色していかにもそれっぽいストーリーをでっちあげて読者を煽動する感性です。なぜならば、機械翻訳で「馬鹿騒ぎ」を確認した読者は、その後に書かれている話もすべて「事実」と錯覚してしまうからです。

 

さて、多くの読者がまんまと騙されて当ブログに惜しみない賞賛の言葉を贈り、当ブログの記事を引用しながら「日本メディアの欺瞞」や「韓国の異常性」を熱く語ったその陰で、少数ですが、きちんと辞書を調べ、韓韓辞典に語義を求め、「야단법석」を「大騒ぎ」と訳すことが誤訳ではないことを指摘された方がおられました。また「ウェー、ハッハッハ」の日本語訳をきちんと確認し、当ブログ記事の表記の違いを見抜いて指摘された方もおられました。

餌から水面に伸びる釣り糸をきちんと見抜いたその慧眼に敬意を表し、ここにusbmouseブログ主宰者より謹んで「メディアリテラシー賞」を贈らせて頂きます。

<usbmouseブログ・メディアリテラシー賞 受賞者の方々>

記事「[メディアリテラシー]これだから日本のメディアは、と言う前に」を書かれた、「好奇心と怠惰の間」主宰のzoniaさん。メディアリテラシーの本質に触れる鋭い指摘をされています。私はこの文章に触れて当ブログの“落としどころ”を決めました。

記事「야단법석って侮蔑表現なのか?」で、「야단법석」の語源、語意、類語にまで触れて論じておられる、「yadanbeopseokの日記」主宰のyadanbeopseokさん。Excite翻訳で「馬鹿騒ぎ」を確認して早々に結論を出してしまった多くの方々には、前掲のzoniaさんの記事と併せて、このyadanbeopseokさんの記事もぜひ読んでいただきたいと思います。

記事「ばか騒ぎだか大騒ぎだか知らないけど、福島瑞穂嘘ビデオ事件の人が情報元というのがどうも」で、「ウェー、ハッハッハ」の書き換えを鋭く指摘された、「愛・蔵太の少し調べて書く日記」主宰のlovelovedogさん。私が過去に当ブログに掲載していた「福島瑞穂朝ナマ発言ビデオ発見」の一件をご存知だったため、最初から怪しいと感じて記事を読まれたようです。「相手を疑う態度」が「自ら調べる姿勢」に繋がることを実証しておられます。

 

以上で今回のお話はおしまいです。嫌韓の皆様には正露丸を一瓶飲まされたような不快な記事だったに違いなく、次回は口直しに嫌韓の皆様にも喜んでいただけるお話をご紹介したいと思います。

コメント (187)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« gooブログアクセスランキング... | トップ | 書籍紹介:金振松「ソウルに... »

187 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2006-07-14 00:12:02
釣りって、楽しいよね



でも、あなたの信頼性はマスゴミ以下にまで堕ちたんですよ



回復は無理かもね
Unknown (Unknown)
2006-07-14 00:13:49
はぁ?「大騒ぎ」と「馬鹿騒ぎ」が日本語として意味が異なるということは事実だろ。それに「馬鹿騒ぎ」と翻訳することが間違いではないということをおまえ自身が認めている。つまり、一方で「馬鹿騒ぎ」と翻訳することが間違いではないと言っておきながら、「大騒ぎ」と翻訳することも間違いではないと矛盾したことを言ってる。そこまでして何を弁護したいのか素直に言ってみろ。
Unknown (いたる)
2006-07-14 02:04:05
ウェーハッハッの部分で不自然さを感じましたが、マスコミに対する不信感がそれを上回っていたので

思わず信じてしまいました。

大変勉強になりました。
普通 (es)
2006-07-14 02:32:34
もうちょっと嫌らしく釣る事は出来ないもんかね。

作者の力量の無さが透けて見えます。

「大騒ぎ」だろうと「馬鹿騒ぎ」だろうと、大半はどっちでも良いと思ってただろうに。

一回しか使えない「釣る」権利を、こんなショボねたで終わらすなんて・・・

韓国を見習いなさい。

あなたがこんなつまらないネタやってる間に、韓国は私たちの度肝を抜いて、台風進路予想学に新たな地平を切り開いてるのですよ?
Unknown (悔しそうだね)
2006-07-14 03:13:54
釣られた人達の負け惜しみのセリフが痛々しいっすね。

おいらは、楽しませていただきましたよ。
Unknown (es)
2006-07-14 03:43:07
専門性の高い内容なら、それを読む側も専門家ばかりだろうから、嘘書いたら批判はすぐに見つかりますね。

韓国ネタは日々新しい人が入ってくるんで、最初はそういう人が盛大に釣れます。んで、検証とか批判とかの時間が少々掛かる物は、流れの中に埋もれて見えにくくなります。



韓国は国家規模でネタをどんどん提供し、それを扱うサイトは群雄割拠の様を呈している。

現状、大容量でネタを提供し続ける韓国について、一々検証作業を繰り返すより、信頼性のおけるサイトだけを読むようにした方が、多少ノイズが混じるにしても遥かに効率性が高いと思います。



何が言いたいかってと、

韓国ネタサイトとしてはこのサイトはもう終わったし、

ハゼが一杯釣れて喜ぶのは厨房ぐらいまでだって事です。
Unknown (Unknown)
2006-07-14 05:18:10
>2006-07-14 00:13:49

>「大騒ぎ」と「馬鹿騒ぎ」が日本語として意味が異なるということは事実だろ



え、そうですか?

日本語のニュアンスとしてはほぼ一緒じゃん。

日本語における「馬鹿騒ぎ」って言葉のニュアンスにさほど悪い意味は付加されてないよ。



その上で、韓国語において本当に侮辱的表現にあたるのかどうなのか、ってことが一部で審議されてきたんでしょ。多分。

この辺のニュアンスはオンライン辞書レベルの辞書には載ってないだろうし、一介の韓国語学習者の人間にもそこまでわからないだろうからネイティブに確認しなきゃいけないだろうし、ネイティブの言うことは時々母国擁護のために嘘が混じることがあるから全部鵜呑みにできないし、、、、

とまあ、そんな感じで迷って調べていた人がいたのは数人知ってる。



そんな状態で、釣り宣言だけならともかく、このエントリみたいな勝利宣言チックなものまでよくもまあ出せるなあこの厚顔無恥のブログ主さん♪っとは思うけどねw
Unknown (Unknown)
2006-07-14 07:17:13
明日になったら、「嘘というのは嘘だった」と釣りの釣りエントリがきそうな予感。
ネタは選ぶべき。 (傍流)
2006-07-14 07:20:25
 釣りとかメディアリテラシーとか偉そうなことを言う前に、貴殿がたかがブログのネタ気分でやっちまったことから引き起こされかねない、最悪の結果を考えてもらいたい。

 

 問題提起したいなら別のネタでもっとスマートにやればいいだけのこと。これじゃ、ただの捏造&扇動でしょ?



 宗教対立煽ってるテロリストの言動と、(少なくとも結果的には)何も変わらないですよ。
うひゃひゃ (Unknown)
2006-07-14 09:07:31
ブログ主の悪口言ってる人間は、壮大に引っかかった奴にしか見えないのが楽しいね。



ちょっと自分で調べれば、少なくとも平壌放送のテキストが怪しいぐらいは分かると思うんだが。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事