進め!マンガ道

★人生は趣味です★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

道楽亭イベント_みやわき心太郎を語る 2012.1.31

2012-02-21 09:51:14 | マンガ


みやわきさんの事を語る2回目のイベントを行った。
永山薫さんの企画で、内容は以下のような案内。


*** 一昨年、惜しくも世を去った漫画家・みやわき心太郎氏。
『桜井章一・牌の音』、『ハートコレクション』シリーズなど名作、
傑作は数多いが、その中でも「問題作」として挙げられるのが
『THE レイプマン』(原作・愛崎けい子)だ。タイトルだけで
「不埒なレイプ礼賛漫画」「性差別漫画」と勘違いされがちだが、
決してそうではない。漫画とエロティシズム、戦後日本の性表現、
当時の日本の社会とセクシュアリティを語る上でも重要な作品だ。
 今回は編集者・漫画家・漫画研究者の飯田耕一郎さんをお招きし、
『THE レイプマン』とみやわき心太郎作品について語らい、
みやわき心太郎の、あまりにも緻密な構成と創作の秘密に肉薄する。

■内容
第1部:「『THE レイプマン』とは何だったのか?」
 レイプファンタジーを補強する俗悪漫画だったのか?
 その根底にある女性観とは?

第2部:「みやわき心太郎、創作の秘密」
 緻密な構成、綿密な伏線を大解剖。漫画家、研究者必見!

■ゲスト
飯田耕一郎
編集者。漫画家。漫画評論家。
1970年頃から『COM』『ファニー』(虫プロ商事)、
『コミックVAN』(芸文社)の編集者として活動。

■司会
永山薫
編集者。作家。漫画評論家。ミニコミ誌『マンガ論争』共同編集人。
マンガ系ニュースサイト『Comics OH』編集長。

■開催概要:
日時:2012年1月31日(火)20:00~
会場:道楽亭(東京都新宿区 新宿2丁目14-5 坂上ビル1F)
http://www.ryus-dourakutei.com/pctop.html

***

というようなものでありました。

近藤ようこさん、ダーティ・松本さん、堀内満里子さん、佐久間真理子さんや
コミケや米沢記念図書館の皆さんなどが来てくれてうれしかった。
そして忙しい中 すがやみつるさんもかけつけてくれたり、
イベント終了後にフランスから帰宅したばかりで時差ぼけ中の
みなもと太郎先生もおみやげのチョコを持ってやってこられて、
終わってからがまた盛り上がったのだった。

みなさん、本当にありがとうございました!!
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« MGM98へ。2012.1.22 | トップ | 漫画使いの話をしよう。2012.... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

マンガ」カテゴリの最新記事