まめのきゃべつtoカンタービレ Ⅱ

愛ウサ豆子♪のだめ♪パリ♪矯正の日々を綴った記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

勝手にのだめツアー プラハ編 3日目 ♪1 旧市街地&ハナフスキーパビリオン

2014年06月15日 | プラハ・ウィーン旅行 のだめのある生活

3日目。

この日は朝撮影!!!

人の居ない時にゆっくりと写真を撮る!!

一人で6:30にホテル出る(笑)

本当はもっと早く出たかったけど、日の出が遅い!

しかたなくこの時間、でもまだ暗い。

 

カレル橋→渡りきった横にビエラ先生との思い出のシーンのとこがあります。

 

 

カレル通り→コンサートのポスターや垂れ幕をこんなに飾ってくれるチェコって凄い。

 

 

ドヴォルザークホール→2人が海外で始めてコンサートを聴いた場所。

 

旧市街地→千秋少年が駆け抜けてました。

 

 

旧市庁舎→のだめ巨人兵…のだめ迷走中。。。

 

火薬塔  のだめデビューと聞き、慌てて千秋が来るシーン。

 

 

スメタナホール→こんなに大きなポスター…ミルヒーのウィッシュ(笑)

 

ホテル・ボヘミア→千秋らが泊まってたホテル。

 

ざっくりと行ってきやした!

 

朝食をゆっくり食べ、

10時に出て、火薬塔、スメタナ、旧市街地などふらっと。。。

チェコ橋で撮影  千秋が優勝後オリバーに拉致られる橋です

団員が自主練してた橋のたもとでもあります 

  

そしてチェコの大きな楽しみであった、ハナフスキーパビリオンにランチしに行きます

ハイキングコースみたいな山を登って着いた!って思ったら、

なんとこの日は貸切で中に中に入れないと!!!

ガーーーーーーーーーーーーンΣ( ̄ロ ̄lll)

こんなシーンやあんなシーンを撮ろうと思ってたのに

ティルで大失敗をしてしまったが地元の人が良かったよ、大丈夫!と励ましてくれ、千秋は薄ら涙のシーン。

 

メニューまで調べて何を食べるか考えてたのにな~

ガックシでした・・・

 

山を下り、トラムに乗って、地下鉄に乗って次の目的地へ!

そうそう、チェコの地下鉄の駅って可愛かったんだよな~

全体がシルバーの金属タイルみたいなのに、駅ごとのテーマカラーの金属タイルが・・・

写真・・・・

コメント

勝手にのだめツアー プラハ編 2日目 ♪3 ドヴォルザークホールでコンサート♪

2014年06月14日 | プラハ・ウィーン旅行 のだめのある生活

外国でコンサートに行くのは初めてだし、

日本人として恥ずかしい格好はできないので、気持ちドレスアップ&スーツで行きました。

旦那は本当にこんな格好の人いる?みたいな感じでしたが、

会場に着くと本気のドレスやらタキシードやら・・・(゜ー゜;

寒いのに胸半分出てるくらいのだったり、裾を引きずるようなドレスだったり、、、

結婚式のお色直しのカラードレスみたいなのばかりでした・・・(゜ー゜;

私ら入ってよろしいでしょうか、、、となるような別世界空間。。。

ほら、スーツ着てきて良かったでしょ?うん。。。という会話(笑)

 

ドヴォルザークホール

 

会場に入る前に私にはやることが!

TVではドヴォルザークホールはのだめと千秋が海外で始めてコンサートを聴きに行った場所。

写真に収めました・・・

 

ドヴォルザークホールから2人が階段を下り「ビエラに会わなくてもいいんですか?」のシーン。

 

そしてマーネス橋とプラハ城をバックに「美味いもんでもおごってやる」「ぎゃぼ」のシーン。

その後パリに行ってグラン・ヴェフールに行ってエスカルゴ事件です。

 

 

今回の公演はベルリン・ドイツ交響楽団で、

シューマン ピアコン54

ドヴォルザーク 9番 新世界

あと現代曲(忘れました)

チケットはクラシックコムで日本から予約して頑張って買いました。

ドヴォホールは2階席が音が良いと聞いたのでし、値段も手ごろの40kc=5320円

 左寄りの席でしたが良かったです。

 

とっても素敵で、お客さんもいい感じで、とっても楽しかった。

そしてアンコールにはピアノでノクターン

そしてそしてチェコに来てからずっと私の中で流れている、

チェコ組曲 Op.39 B.93より 第2曲「ポルカ」が演奏されました!!!

まさかチェコでのだめのテーマ曲の1つでもあるチェコ組曲が聴けるなんて!!

素敵すぎて、泣いてしまいました。

夜景のプラハ城を見ながら、ポルカの鼻歌で歩いてお家へ。

ホテルのサービスでウェルカムドリンク券を貰ってたのでちょっと飲んで。

いい感じの気分でしたが、ここでもタバコ臭くて早々に退散。。。

でも素敵なプラハの夜でした

 

 

 

コメント

勝手にのだめツアー プラハ編 2日目 ♪2 カレル&レギー橋

2014年06月13日 | プラハ・ウィーン旅行 のだめのある生活

ご飯食べ終え、雨がチラホラ…

カレル橋を初渡り。

銅像の中でフランシスコ・ザビエルがいて、その回りに東洋人がいるという。

それを探しつつ、写真撮りながら、ふらふらと。

チェコの印象、一番はタバコ!

とにかくどこでも吸ってるので、外を歩けばタバコの臭いが(#`皿´)

髪は臭くなるし、喉がイガイガするし、

日本はなんて空気が澄んでいるんだ!JAPON!と何度思ったことか(笑)

 

TVのだめの最初のシーン。

千秋少年がチェコ組曲が流れる中、カレル橋を走り去るシーン。

 

これを撮るには旧市街橋塔に上り、上から撮影しなければ!75kc

もちろん階段しかないので上るのはしんどかったですが、いい感じに撮れました…

 

そのあとはカレル橋の1本先のレギー橋に。

ここはのだめがミルヒーとデビューを果たしてしまい、

千秋と共に音楽の道へ進むのか?進めるのか?迷走し、逃げ出してしまうシーンです。

漫画ではエジプトまで行ってしまうという、、、凄い行動力です(笑)

 

朝早くから歩きまくり、疲れ果てたので一端お家に戻り休憩。

この時で16時くらいっだったっけ。。。

時差ボケもまだあり、1時間位寝たり、カメラ充電したり。。。

canonはバッテリーがすぐなくなると噂に聞いてたけど本当だった。

カシオのは1日撮りまくっても3→2になるくらいだったのに、canonは3→1くらいに。

 

休憩撮った後は、今日のメインと言っても過言でない!

ドヴォルザークホールでコンサートです

コメント

勝手にのだめツアー プラハ編 2日目 ♪1 カプチンシュカー通り&ヘルゲトヴァ・ツィヘルナー

2014年06月12日 | プラハ・ウィーン旅行 のだめのある生活

2日目。

朝撮影の為、朝食6:30からで速攻食べて7時に出る。

昨日苦労しまくったトラムの切符はホテルのフロントであっさり購入出来た( ´_ゝ`)…

30分券と75分券があり、30分でも十分そうだけど、一応75分券32kcを買う。

外国でっていうか、日本でもバスに乗るってちょっと怖い。

電車なら行先とか分かりやすいけど、

バスは乗り間違えたらどこに連れて行かれるか分からないし、戻るのもパニックになりそう。

でもチェコのトラムは分かりやすかったです。

時刻表で何分のトラムに乗るとか、全ての駅名までメモして行きましたけど(゜▽゜;

外国だから何言ってるか分からないし、何駅目で降りるって数えるのが良いと思う。

 

乗り換えも無事出来、プラハ城ちょっと過ぎたBrushice(ブルスニツェ)で降車。

目的は、、、カプチンシュカー通り!

1、千秋がコンクールで大失敗、のだめが千秋先輩のとこに行くとフランクとターニャに言うシーン。

2、コンクール優勝のパーティーの帰り、酔ったのだめが千秋に抱く付く「D」のシーン。

 

 写真を徹底的に撮りまくり、めっちゃいい感じにおさえました(泣)

 

歩いてプラハ城へ。

プラハ城に上ってくる、Zam schodyの階段。

 

なんと!

ここの写真は奇跡的に1枚ありました!!!

旦那の携帯にこの写真だけ収められてた。

もっと撮っておけばよかったのに・・・

なんでここだけ携帯で撮ったのか謎ですが、奇跡です

 

 

プラハ城は特にないけど、せっかくプラハに来たのだから入っとくか、って感じで。

ショートチケット250kcを購入し、ふらふらと。

2時間以内で回り、カレル橋の方へ下る。

途中、プラハの名物お菓子トォルデルニーク50kcを食べました。

パン生地をバームクーヘンのような焼き方で作り、最後に砂糖をまぶして食べる。

シンプルで美味しかった。

 

 

お昼はめちゃめちゃ楽しみにしてた、ヘルゲトヴァ・ツィヘルナー

1.コンクール1次予選通過後、千秋と片平がステーキを食べに行った川沿いのレストラン。

2.のだめのプロフィールを千秋に聞くエリーゼのシーン。

 

カレル橋をバックにお食事がいただけるし、

DVDロケ地マップで玉木さんが撮影終わった後勿体ないとモリモリ食べて、

その後もプライベートで食べに行ったほど美味しかったと!

実際、パスタやリゾットが395kc=2000円くらいなのでまぁまぁ高級店。

サラダ215kc=たぶんシーザーサラダだった?レタス食べたかったから…

リゾットネロ395kc=イカスミリゾットにタコが乗ってて、ピリ辛。お米の芯がいい感じに残ってて美味しかった。

ボロネーゼ395kc=たぶん、ボロネーゼだったはず…平べったい麺が美味しかった、確か玉木さんも食べてたはず。

ペリエ750mlくらい145kc(770円!高い!!!)

ビール55kc(330円安!)

1205kc(7230円)にチップ120kcでした。

高級店はもちろん10%くらいはチップ払うべき、って感じの国みたいです。

オーダー取ってくれた人に必ずお会計を言う。

カード支払いもチップだけは現金が喜ばれるようで、喜んでくれてましたw

 

肝心の目的の川沿いのテラス席は雨のためダメと言われ、かなりショック・・・

でも写真はだけはと、撮らせてもらい、めっちゃ撮ったのに、、ね、、、

 

コメント

勝手にのだめツアー プラハ編 1日目 ♪3 ヴァーツラフ広場&カフェ・エヴロパ

2014年06月11日 | プラハ・ウィーン旅行 のだめのある生活

プラハのホテルの部屋は普通だったので、サクッと撮影して急いで目的地へ。

プラハは小さい町なので徒歩で十分回れます。

 

目的地の前に一仕事。

早朝にトラムに乗る予定なので切符を買っておきたい。

しかし、チェコの自販機は小銭のみ、来たばかりで札しか持ってません。

なので人のいる窓口に行くが、そこでの衝撃・・・

札を出すとおつりの小銭が足りないと・・・( ゜д゜) は???

釣りがいらないなら売ってやる的な・・・( ゜д゜)ポカーン

公共機関でしょ?

小銭、普通は用意シナイデスカ???

2駅行きましたが、1つはこれで、もう一つは開いてもなかった・・・

 

日本で切符を買えるか心配をしたことはない。

考えもしない。

だいたい自販機が小銭しか無理ってどういうこと?

外国では多いけど、いつもいつも切符問題で悩む・・・

他にもチップやらトイレやら(チェコはトイレ10kc)小銭をいかに作るかを考えて、

しおりにまで小銭計画表を作らなければパニくる私・・・(-_-lll)

日本って素晴らしい・・・

日本の自販機って素晴らしい・・・

160円の切符でも万札飲み込んでくれて、9840円のお釣を出してくれる。

こんな当たり前が当たり前じゃないなんて・・・

全世界、日本の自販機希望!

本当に日本人で良かった。。。

結局、切符は買えず、私の悩みは消えない・・・旅行が苦痛になっていく・・・(笑)

 

 

目的のカフェ・エヴロパ

 

落ち込んでる千秋を慰め食事をしに来たら、ゆうことジャンが居て「なめくじに塩」のシーン。

 

椅子がソファーで少し内装が違いました。 

ゆうことジャンの辺りの席に座りました。

そういえば日本の女の子2人連れもいました。のだめファンだな

 

 

素敵なレストランなんですよ~

カフェラテとジャスミンティーで125kc(625円)

ホテルのレストランでこの料金は安い、やっぱ物価が安い!

お店の人もお客さんも素敵で、

私がバシバシ写真を撮っていると、お客さんのマダムが撮ってあげると!めっちゃ嬉しい!

あと、めっちゃアホなことをして、ジャスミンティーは自分でティーパックで作る方式だったのに、

私はお白湯を飲み干したwww

なんか味ないな~と思いつつ、、、添えられたティーパックはお菓子だと思ってたwww

お会計の時に気づいて、店員さんにやっちまった、、的な感じを表すと、

お持ち帰りの容器にお湯を入れてくれて、持たせてくれました。

めっちゃいい人!って思うけど、めっちゃ恥ですwww

 

これを書いてて再び検索してる中、偶然見つけた「閉店のお知らせ」!!!

なんと2013.9.30にだと!!!

私は2013.9.19に行ったのでギリギリ!!!

写真を撮るチャンスギリギリだったのね。。。

でもその写真が・・・

 

帰りに夜のヴァーツラフ広場!

ゆうことジャンがエヴロパを出て、千秋に対して危機感を感じ勉強するため足早に帰るシーン。

いい感じで撮れたのにな~

 

 

ウチらも足早に帰る。

明日から朝撮影満載なので寝れるときに寝とかないとキツイ。。。

 

コメント