じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

小さな幸せは意外に大きい!

2018-11-30 23:53:21 | その他いろいろ

秋散歩~♪


1週間の中で一等忙しい金曜日 17時を回った辺りから自分で自分の言っていることが分からなくなり……久しぶりに忙殺からの思考回路停止でした しかも年末の“民族大移動”の切符の争奪戦にも参戦しないといけなくて……今年は曜日の関係で本当に酷い じい的には曜日に関係なく日にちで決まっているので迷惑だなぁというのは否定しませんが まぁ激戦チケットと違って欲しいものは分散されるので楽勝……だっ……た…か。車両が~~座席が~~のワガママは我慢。指定席を取れただけありがたいと思わなくては。

一昨日は引っ越し以来……何年前だよっ(苦笑)前の家から持ってきてリビングのガラス扉付きの本棚に押し込んだ大判書籍、楽譜、アルバム類を整理しました。家族写真はじいママが引っ越す時に整理してくれていたのですが、じいの学生時代のあーんな写真やこーんな写真が出てくる出てくる そして気づいてしまうあんなことやこんなこと(苦笑)48年前の大阪万博の写真には若かりし頃の父の姿が!あまり昔のことは話さなかったけど万博の話は嬉しそうに話してたなぁ~~と先日の万博決定のニュースの時にもふと思い出しました。しか~し、それにしても、つくづく激似です、父とじい。最近自分の顔を鏡で見る度に気持ち悪くなるんだけど、その位クリソツ(笑)怖っ でもね、、、屈託ない笑顔に溢れた家族写真、ほとんど全部が友達の笑顔に囲まれていて今も同じ顔ぶれが揃う学生時代の写真を見ているとずっと幸せだったんだなぁとしみじみ感じました

そこに収まるんじゃなく外の世界を知りたい“欲”はよく分かる。次元は違うけど自分にもそういう時期はあったし、これからも諦めていないし(爆!)決めて断つことに後悔はつきもので、どんな選択をしても「もし~だったら」は永遠に付きまとうと思う。今回の選択や彼の人生について否定はしない、でも肯定はしないし支持もしない。今までのことに感謝はするけどこれからは憎き敵だから野次罵倒浴びせると思う。いくらファンを気遣った言葉を発しても言葉を重ねれば重ねる程それは嘘の上塗りになるだけ。背番号9、過去の栄光をちらつかせて欲しい欲しい病だった終身名誉監督の誘いを蹴った人が背負っていたというのに、今の背番号9は1億円を払って不祥事をもみ消した人が背負った8番の方が良かったのね そういや2年目以降何しに来たの状態でいつのまにか消えてた片岡とかいう選手もFAで来てその番号を背負ってたけど?!大人の対応を盾に拝金主義を称賛する金満ファンに批判される筋合いはない。来季思い通りになったとしても所詮お金で買った優勝、お金で買った名将という称号、本当に哀れ。25年間優勝できなくてもこの4年間に味わった幸せ、奇跡のような本当の出来事はお金が全てのチームには絶対にやって来ない。どっちが幸せなのかは人それぞれ。「小さな」幸せは大きな力を持つものよ。。。明日グッズ捨てよーっと(爆!)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今話題のルノーな国へ | トップ | 待っていたっ! »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他いろいろ」カテゴリの最新記事