百菜健美☆こんぶ家族ラボ

おいしい
と感じることは生きる喜びに
そして笑顔になります。
舌で味わい、
目は閉じていても
耳は心で。

かぶ・蕪・食養生

2021-11-30 | 昆布

f:id:kyoutousagiya:20211130110936j:plain

かぶは七草で言う「すずな」です。

江戸時代には葉を主に食していた野菜で、葉は実際に栄養価も高い。

かぶは根菜類に入りますが、普段私たちが食べている白い部分は茎(胚軸)で、その下の方のチョロリと細い部分が根です。


菊花かぶは歯ざわりが良く、疲れがとれます。

皮をむいたかぶの両端を挟むように箸を置きます(下まで切れないように)。

縦横に切り込みを細かく入れて30分ほど塩水に浸します。

小口切りにした唐辛子、昆布一切れを入れたかぶるくらいの甘酢に、水気を絞ったかぶをつけて1時間以上冷蔵庫で寝かせます。

今日は、先日掘り起こしたターメリックを薄切りにして加え、ほんのりした黄色に仕上げて、肝機能も上げています。


癖の無いみずみずしい食感のかぶは最も漬物向き。

また、火を入れた時の柔らかいとろみも醍醐味です。

甘みが立った熱々のお味噌汁は格別、風邪予防にも良いのでこの時期の朝の定番に。

かぶは消化不良にも良いとされ、ビタミンC、カルシウムなどが豊富、便秘改善にもお勧めです。

薬膳ではイライラを抑え、のぼせに良いとされています。

 

BY   http://yumikoizawa138.jp/category/koyomi/

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 蒟蒻芋・こんにゃく・腸活 | トップ | 韮(ニラ・にら)・疲労回復... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

昆布」カテゴリの最新記事