うさぎの朗読deハッピー♪兎ゆう朗読通信

朗読家・絵本セラピスト®︎・司会・MCの兎ゆうです☆出演情報・活動紹介・講座案内等をゆるりと綴ります。

みみぽえ~耳で愉しむ詩:詩集『10秒の詩』より

2020-03-05 12:22:56 | その他
兎ゆうの「みみぼえ」、耳で愉しむ詩の朗読動画をご紹介します

詩人松﨑義行さんが、「みちる」名で出版した詩集『10秒の詩:心の傷を治す本』(ポエムピース刊)から、
合計18篇を朗読したもので、2017年に公開されました。


 『10秒の詩』は、松﨑義行さんが東日本大地震後に書き始めた詩集です。
 人の心に寄り添ってくれる言葉たちが、心の傷を癒します。
 出版当時は、テレビ・新聞・雑誌などでも紹介されました。
 ご自宅で過ごすひとときに、その一部を朗読でお愉しみください。

 10秒の詩-1
 10秒の詩-2
 10秒の詩-3
 10秒の詩-4
 10秒の詩-5
 10秒の詩-6 





詩:みちる(松﨑義行)
朗読:兎ゆう
音楽:トタニハジメ(フレットレスベース)
 兎ゆうと「トッティ&ラビット」というコラボユニットを結成しています。
撮影・編集:松﨑義行
撮影場所:俊カフェ
 詩人・谷川俊太郎さん公認のカフェです。
協力:古川奈央(俊カフェ店主)





兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

【延期のお知らせ】『100万回生きたねこ』と谷川俊太郎~今宵、俊を知る Vol.2

2020-02-12 10:45:32 | 出演情報
※当イベントは、開催を延期します。

「『100万回生きたねこ』と谷川俊太郎〜今宵、俊を知る vol.2」は、新型コロナウイルス感染症の道内での感染拡大に伴い、お客様の健康と安全を第一に考え、3月15日(日)の開催を延期いたします。

2月28日から3月19日を「緊急事態宣言期間」とする知事の発表を受け、決断しました。

『100万回生きたねこ』も、谷川俊太郎さんの詩も、さまざまな世代の方に広く愛されている作品です。
そして会場の俊カフェは、店主古川奈央さんが、たくさんの愛情を注ぎ守っている空間です。

だからこそ、ご高齢の方も、基礎疾患がある方も、すべての方が、笑顔で安心して集えるときに、このイベントを開催したいと思います。

延期後の開催日は、現在のところ未定です。確定しましたら改めてお知らせいたします。
その際は、この度ご予約をいただいていた皆さまには個別にご連絡もさせていただきます。

一日も早い事態の沈静化と、皆さまの健康と安全を心よりお祈り申し上げます。


**************

2020.3.15(日) 17:00~18:30
『100万回生きたねこ』と谷川俊太郎~今宵、俊を知る Vol.2~
場所 : 俊カフェ



「今宵、俊を知る」は、谷川俊太郎さんの詩やエッセイ・絵本などを通して、
俊太郎さんについてとことん深める夜会です。

朗読家・兎ゆうが、みなさんを谷川俊太郎さんの世界へナビゲート。
俊太郎さんの作品を朗読で紹介します。
解説は、俊カフェ店主・古川奈央。俊太郎さんご本人との楽しいエピソードも飛び出します。

Vol.2のテーマは、『100万回生きたねこ』と谷川俊太郎
「あれ?『100万回生きたねこ』の作者は佐野洋子さんでは?」
と思った方も、きっといらっしゃると思います。
そのとおりです。『100万回生きたねこ』の作者は、佐野洋子さんです。
谷川俊太郎さんと佐野洋子さんは、ご夫婦だった時期がありました。
Vol.2では、『100万回生きたねこ』、そして13人の作家や挿絵画家がこの絵本と佐野洋子さんに
敬意を表し捧げた作品が収められている短編集『100万分の1回のねこ』をご紹介します。
この短編集には、谷川俊太郎さんも「虎白カップル譚」という作品を寄せています。
ご夫婦だった二人の共作の詩集などを通じて、『100万回生きたねこ』と「虎白カップル譚」を
読み解く時間をお楽しみください。



場所:俊カフェ
 札幌市中央区南3条西7丁目 KAKU IMAGINATION 2F
参加費:2,000円(1ドリンク付き)
     ☆ペア割引 お一人様 1,500円
お申込み(要予約)
 下記いずれかの方法でお申し込みください。
 ①Facebookイベントページ
 ②メール yu.usagi.pyon2★gmail.com
  ★を@に変えてメールしてください。
  すぐにはお返事ができない場合があります。ご了承ください。
 ③TEL 011-211-0204(俊カフェ・火曜定休日)
※キャンセルは、3日前までにお願いします。



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

中世古楽と物語 at 江別蔦屋書店 を開催しました

2020-02-11 22:28:10 | 朗読・読み聞かせ
2020.2.11(火・祝)
場所 : 江別蔦屋書店

14:00~15:00
親子で楽しむ中世古楽と物語~マッチ売りの少女

18:00~19:00
書物の森で中世古楽と物語~マッチ売りの少女

中世古楽器奏者・中村会子さんの演奏にのせ、物語を朗読するシリーズ「中世古楽と物語」。
早いもので、4回目のコラボレーションとなりました。
会場は、絵になる空間がいくつもある人気スポット江別蔦谷書店。
今回は、「マッチ売りの少女」を2回に分けて上演しました。



親子連れのお客様を対象とした午後の部は、暮らしの棟「THE LIVING」で行いました。


窓の外は真っ白な雪景色。優しくも恐ろしくもある雪。
凍てつく冬の物語にぴったりの景色を眺めながら、お楽しみにいただきました。
今回演奏した中世古楽器は、「プサルテリウム」。
金属の弦からキラキラとした音色がこぼれる楽器です。



珍しい中世の楽器に子どもたちだけでなく、大人のみなさんも興味津々の様子でした。




夜の部は、たくさんの本に囲まれた密やかな空間、知の棟2F「文化教室」で開催。
ひっそりとした大人だけの時間をお楽しみいただきました。





上演後、お客様から嬉しいお言葉を頂戴しました。

 お二人の作り出す世界観が、お店のガヤガヤ感さえ、お話の中にある街の雑踏のように変えてしまって不思議でした。
 モノクロの街角に黄燐燐寸の煙が立ち昇ってみえました。

いただいたお言葉を励みに、今年はレパートリーを増やすべく、新しい物語に挑戦します!
これまでは、「マッチ売りの少女」「野の白鳥」とアンデルセン童話に取り組んできましたが、次は少し違った物語をお届けする予定です。
こちらも、どうぞお楽しみに♪





今回のイベントは、江別蔦屋書店コンシェルジュの佐賀のり子さんにご縁を頂戴し実現しました。
佐賀のり子さんは、児童書のコーナーを担当されています。
もし見かけたら、ぜひ声を掛けてみてください。
きっと、みなさんと本の素敵な出会いをお手伝いしてくださいます!



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

【イベント告知】親子で楽しむ中世古楽と物語~マッチ売りの少女 at 江別蔦屋書店

2020-01-14 17:02:26 | 出演情報
2020.2.11(火・祝) 14:00~15:00
親子で楽しむ中世古楽と物語~マッチ売りの少女 at 江別蔦屋書店
場所 : 江別蔦屋書店

ヨーロッパ中世古楽器の音色にのせ、アンデルセン童話を朗読します。

今回登場する楽器は「プサルテリウム」。
 どんな音がするのでしょうか?
 どのように演奏するのでしょうか?
演奏者中村 会子さんが、楽器についてお話しもします。
親子でぜひ、物語と古の音色をお楽しみください。

朗読:兎ゆう
演奏(プサルテリウム):中村会子






日時:2月11日(火・祝)14:00〜15:00
場所:江別蔦屋書店 暮らしの棟「THE LIVING」
料金:大人1,000円・子ども500円(5歳以上)
定員:15名
主催:江別蔦屋書店コンシェルジュ・佐賀のり子

ご予約・お問い合わせ
下記アドレス宛にメールでご予約をお願いいたします。
info@ebetsu-t.com  (担当:江別蔦屋書店・小石川)
 ①お名前 ②人数 ③お電話番号 をお知らせください。
 件名に「書物の森で中世古楽と物語」とご記入ください。

江別蔦屋書店のホームページにも、当イベントが掲載されております。

お知らせ
同日18:00からは、知の棟2F 「文化教室」で大人向けのイベントも開催します📕

【イベント告知】書物の森で中世古楽と物語~マッチ売りの少女 at 江別蔦屋書店

2020-01-13 12:12:30 | 出演情報
2020.2.11(火・祝) 18:00~19:00
書物の森で中世古楽と物語~マッチ売りの少女 at 江別蔦屋書店
場所 : 江別蔦屋書店

ヨーロッパ中世古楽器「プサルテリウム」の音色にのせ、「マッチ売りの少女」を朗読します。

江別蔦屋書店で本棚の間を歩いていると、
まるで書物の森に迷い込んだかのようです。
「知の棟2F 文化教室」は、
鬱蒼たる書物の中にぽっかりとあいた小さな空間。
たくさんの書物に囲まれながら、
物語と古の音色をお楽しみください。
大人のための密やかな夜の朗読会です。

朗読:兎ゆう
演奏(プサルテリウム):中村会子






日時:2月11日(火・祝)18:00〜19:00
場所:江別蔦屋書店 知の棟2F 文化教室
料金:大人1,000円・学割500円(中学生以上)
定員:20名程度
主催:江別蔦屋書店コンシェルジュ・佐賀のり子

ご予約・お問い合わせ
下記アドレス宛にメールでご予約をお願いいたします。
info@ebetsu-t.com  (担当:江別蔦屋書店・小石川)
 ①お名前 ②人数 ③お電話番号 をお知らせください。
 件名に「書物の森で中世古楽と物語」とご記入ください。

江別蔦屋書店のホームページにも、当イベントが掲載されております。

お知らせ
同日14:00からは、暮らしの棟「THE LIVING」で親子向けのイベントも開催します📕
珍しい楽器を親子で見て、聴いて、楽しむ時間をお過ごしください。


【イベント告知】詩人・谷川俊太郎の誕生~今宵、俊を知る Vol.1

2019-12-16 11:51:31 | 朗読・読み聞かせ
2020.1.11(土) 18:00~19:30
「詩人・谷川俊太郎の誕生」~今宵、俊を知る Vol.1~
場所 : 俊カフェ



「今宵、俊を知る」は、谷川俊太郎さんの詩やエッセイ・絵本などを通して、俊太郎さんについてとことん深める夜会です。
朗読家・兎ゆうが、みなさんを谷川俊太郎さんの世界へナビゲート。
俊太郎さんの作品を朗読で紹介します。
解説は、俊カフェ店主・古川奈央。俊太郎さんご本人との楽しいエピソードも飛び出します。

Vol.1のテーマは、「詩人・谷川俊太郎の誕生」。
谷川俊太郎さんがこの世に生を受けてから、詩人となるまでをみなさんと紐解きます。
キーワードは、
 「模型飛行機」
 「2冊の大学ノート」
 「学校嫌い」
谷川俊太郎さんは、いつ・どのように詩と出会ったのでしょうか?
詩人・谷川俊太郎は、どのように誕生したのでしょうか?

谷川俊太郎さん公認、ご本人も足を運ばれた「俊カフェ」で、俊太郎さんを身近に感じてみませんか?



場所:俊カフェ
 札幌市中央区南3条西7丁目 KAKU IMAGINATION 2F
参加費:2,000円(1ドリンク付き)
     ☆ペア割引 お一人様 1,500円
お申込み(要予約)
 下記いずれかの方法でお申し込みください。
 ①Facebookイベントページ
 ②メール yu.usagi.pyon2★gmail.com
  ★を@に変えてメールしてください。
  すぐにはお返事ができない場合があります。ご了承ください。
 ③TEL 011-211-0204(俊カフェ・火曜定休日)
※キャンセルは、3日前までにお願いします。



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

【中止】絵本と詩の朗読会 三十 at 俊カフェ ~モノノキモチ~

2019-11-12 12:08:27 | 出演情報
※都合により、中止となりました。

2019.12.8(日) 18:00~19:00頃
絵本と詩の朗読会 三十
場所 : 俊カフェ



俊カフェオープン当初から毎月開催して来た「絵本と詩の朗読会」は、2020年にリニューアル予定です。
そこで第二十八回〜三十回は、懐かしのテーマを振り返る「あのテーマをもう一度」シリーズを展開中です。

リニューアル前最後となる三十回は、三回目に開催したテーマ「モノノキモチ」をもう一度お届けします。
谷川俊太郎さんの作品には、モノの視点に立って書かれた詩がたくさんあります。
「はこ」「えんぴつ」など、「モノ」たちの「キモチ」をお楽しみください。




場所:俊カフェ
 札幌市中央区南3条西7丁目 KAKU IMAGINATION 2F
対象:詩と絵本を愛する大人
 ※じっくり静かに詩の世界、絵本の世界を感じるイベントです。
  お子様づれの場合は、周囲へのご配慮をお願いいたします。
参加費:2,000円(1ドリンク&おやつ込み)
     ☆ペア割引 お一人様 1,500円
定員:20名
お申込み(要予約)
 下記いずれかの方法でお申し込みください。
 ①Facebookイベントページ
 ②メール yu.usagi.pyon2★gmail.com
  ★を@に変えてメールしてください。
  すぐにはお返事ができない場合があります。ご了承ください。
 ③TEL 011-211-0204(俊カフェ・火曜定休日)
※キャンセルは、3日前までにお願いします。



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

【イベント告知】中世古楽と物語 マッチ売りの少女~アンデルセン童話より~ at 俊カフェ

2019-10-01 12:13:34 | 出演情報
2019.11.1(金) 19:00開演
中世古楽と物語 マッチ売りの少女~アンデルセン童話より~
場所 : 俊カフェ

写真の楽器は、ヨーロッパ中世古楽器の一つ「プサルテリウム」です。
中世古楽器奏者・中村会子さんの演奏にのせ『マッチ売りの少女』を朗読します。
切なく悲しい物語と、どこかノスタルジーを感じる旋律が響きあうひとときをお過ごしください。

 朗読:兎ゆう
 演奏:中村会子







プログラム
 朗読 ~マッチ売りの少女~
 Dialogue ~物語を深める~
 中世古楽演奏 
 
場所:俊カフェ
 札幌市中央区南3条西7丁目 KAKU IMAGINATION 2F
 (資生館小学校北側向かい)
参加費:2,800円(1ドリンク&お菓子付き)
定員:25名
お申込み(要予約)
 下記いずれかの方法でお申し込みください。
 ①Facebookイベントページ
 ②メール otoniwa.kogaku★gmail.com
  ★を@に変えてメールしてください。
  すぐにはお返事ができない場合があります。ご了承ください。
 ③TEL 080-3395-7020(中村)

※このイベントは、今年1月にもみの木soで上演しました。
 今回は、大変ご好評をいただいての再演です♪




兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

【イベント告知】絵本と詩の朗読会 二十九 at 俊カフェ ~降り積む雪~

2019-09-24 12:14:29 | 出演情報
2019.11.10(日) 11:00~12:00頃
絵本と詩の朗読会 二十九
場所 : 俊カフェ



俊カフェオープン当初から毎月開催して来た「絵本と詩の朗読会」は、2020年にリニューアル予定です。
そこで第二十八回〜三十回は、懐かしのテーマを振り返る「あのテーマをもう一度」シリーズを展開中です。

11月のテーマは、昨年1月にお届けした「降り積む雪」。
美しいけれど、ときに恐ろしくもある「雪」。
谷川俊太郎さんにとって雪は、どんな存在なのでしょうか?
処女詩集『二十億光年の孤独』に収められている詩や、雪の結晶の写真が印象的な絵本『きらきら』を中心に紐解きます。

休日の朝を俊カフェで過ごしませんか?



場所:俊カフェ
 札幌市中央区南3条西7丁目 KAKU IMAGINATION 2F
対象:詩と絵本を愛する大人
 ※じっくり静かに詩の世界、絵本の世界を感じるイベントです。
  お子様づれの場合は、周囲へのご配慮をお願いいたします。
参加費:2,000円(1ドリンク&おやつ込み)
     ☆ペア割引 お一人様 1,500円
定員:20名
お申込み(要予約)
 下記いずれかの方法でお申し込みください。
 ①Facebookイベントページ
 ②メール yu.usagi.pyon2★gmail.com
  ★を@に変えてメールしてください。
  すぐにはお返事ができない場合があります。ご了承ください。
 ③TEL 011-211-0204(俊カフェ・火曜定休日)
※キャンセルは、3日前までにお願いします。



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

【イベント告知】朗読音楽劇場「銀河鉄道の夜」札幌公演

2019-08-14 17:28:36 | 出演情報
2019.10.11(金) 19:00開演(18:30開場)
朗読音楽劇場「銀河鉄道の夜」札幌公演
場所 : ザ・ルーテルホール
服部和彦さんの脚本・演出・音楽による朗読音楽劇。
兎ゆうは、カムパネルラを演じます。
美しいピアノの音色とともに、宮沢賢治の世界をぜひ朗読でお楽しみください♪

チケットご予約について
 チケット:3,000円(全席自由・税込)
 ご希望の方は、お名前・ご希望枚数を明記のうえ、下記アドレスまでご連絡ください。
 yu.usagi.pyon2★gmail.com(兎ゆう)
  ★マークを@に変えてください。
  ※お問い合わせには、すぐに返信できない場合があります。





出演
兎ゆう カムパネルラ
石橋玲 ジョバンニ
岩井奈美 鳥捕り ほか
杉浦貴子 母・ナレーション他
まっちゃ 先生・ナレーション他
片桐由希子 ピアノ



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

【イベント告知】絵本と詩の朗読会 二十七 at 俊カフェ ~まるで物語のような~

2019-08-01 10:32:05 | 出演情報
2019.8.17(日) 18:00~19:30頃
絵本と詩の朗読会 二十七
場所 : 俊カフェ
テーマ : まるで物語のような

8月のテーマは、「まるで物語のような」
谷川俊太郎さんのまるで物語のような長編詩「詩人の墓」を取り上げます。



今回はいつもと趣向を変え、一つの詩について参加者の皆様とご一緒に、ふか~く、とことん考える時間にしたいと考えています。
謂わば、「読書会風」のイベントです。
そのため、8月は、いつもより30分長い拡大バージョン。
そして、久しぶりの夜開催です。
夏の夜のひとときを、俊カフェで過ごしませんか?

場所:俊カフェ
 札幌市中央区南3条西7丁目 KAKU IMAGINATION 2F
対象:詩と絵本を愛する大人
 ※じっくり静かに詩の世界、絵本の世界を感じるイベントです。
  お子様づれの場合は、周囲へのご配慮をお願いいたします。
参加費:2,000円(1ドリンク&おやつ込み)
     ☆ペア割引 お一人様 1,500円
定員:20名
お申込み(要予約)
 下記いずれかの方法でお申し込みください。
 ①Facebookイベントページ
 ②メール yu.usagi.pyon2★gmail.com
  ★を@に変えてメールしてください。
  すぐにはお返事ができない場合があります。ご了承ください。
 ③TEL 011-211-0204(俊カフェ・火曜定休日)
※キャンセルは、3日前までにお願いします。



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

【イベント告知】絵本と詩の朗読会 二十六 at 俊カフェ ~へいわとせんそう~

2019-07-01 17:06:06 | 出演情報
2019.7.21(日) 11:00~12:00頃
絵本と詩の朗読会 二十六
場所 : 俊カフェ
テーマ : へいわとせんそう

“戦争が終わって平和になるんじゃない
 平和な毎日に戦争が侵入してくるんだ”

谷川俊太郎さんが、3月に出版した絵本『へいわとせんそう』に寄せた言葉です。

7月のテーマは、「へいわとせんそう」。
8月の終戦記念日を前に、谷川俊太郎さんの絵本や詩を通して、
みなさんと一緒に「平和」について考えてみたいと思います。

朗読家・絵本セラピスト®︎の兎ゆうが、
谷川俊太郎さんの作品を中心に、絵本と詩を朗読します。
絵本についてちょこっと解説もします。

俊カフェ店主の古川奈央さんが、
谷川俊太郎さんや詩についてちょこっと解説します。
谷川俊太郎さんとの楽しいエピソードもときどき飛び出します!

休日の朝を、俊カフェで過ごしませんか?
※キャンセルは、3日前までにご連絡をお願いいたします。



場所:俊カフェ
 札幌市中央区南3条西7丁目 KAKU IMAGINATION 2F
対象:詩と絵本を愛する大人
 ※じっくり静かに詩の世界、絵本の世界を感じるイベントです。
  お子様づれの場合は、周囲へのご配慮をお願いいたします。
参加費:2,000円(1ドリンク&おやつ込み)
     ☆ペア割引 お一人様 1,500円
定員:20名
お申込み(要予約)
 下記いずれかの方法でお申し込みください。
 ①Facebookイベントページ
 ②メール yu.usagi.pyon2★gmail.com
  ★を@に変えてメールしてください。
  すぐにはお返事ができない場合があります。ご了承ください。
 ③TEL 011-211-0204(俊カフェ・火曜定休日)
※キャンセルは、3日前までにお願いします。



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

「俊読2019」ダイジェスト動画のご紹介

2019-05-30 18:17:23 | 朗読・読み聞かせ
去る5月26日に開催した「俊読2019」のダイジェスト動画が、
 朝日新聞デジタルにアップされました!


下記から、朝日新聞に掲載された記事と一緒にご覧いただけます。
 ⇒ その名も「俊読」開催 谷川俊太郎さんの詩、自由に表現


またダイジェスト動画は、朝日新聞公式YouTubeでも紹介されています。
 ⇒ 谷川俊太郎さんの詩を自由に表現 札幌で「俊読」開催

私は、「俊読2019」のために結成したスペシャルユニット「うさぎとつくね」として出演しました。
つくねさんは、民族楽器奏者としてご活躍されている方です。
「うさぎとつくね」も、ちょっぴり登場する動画!ぜひご覧ください。


谷川俊太郎さんを囲んでの出演者全員写真

取材いただいた朝日新聞社の前田健汰さん、戸田拓さん、ありがとうございました。

【イベント告知】語りと音楽の世界 Part1~服部和彦の朗読音楽作品~

2019-05-30 07:22:08 | 出演情報
2019.8.3(土) 13:00開演(12:30開場)
語りと音楽の世界 Part1 ~服部和彦の朗読音楽作品~
場所 : 旧東京音楽学校奏楽堂

服部和彦さんの作曲した音楽にのせ、名作を朗読するシリーズのPart1です。
私は、『掌の小説』(川端康成著)より、「木の上」「雨傘」「夏の靴」の三作を朗読します。
ピアニスト平岩政子さんとの共演です。

私は、昨年、第5回JILA朗読コンクールに出場し、文芸部門で第1位を受賞いたしました。
その際に朗読した作品が、『掌の小説』(川端康成著)所収の「ざくろ」でした。
そのため、私にとって『掌の小説』は、大変思い入れのある短編集であり、今回また朗読できることを大変嬉しく思っております。

会場は、旧東京音楽学校奏楽堂。
旧奏楽堂は、日本最古の洋式音楽ホールであり、現在重要文化財にも指定されています。
東京藝術大学音楽学部の前身、東京音楽学校の校舎として、明治23年(1890)に建造されました。
歴史あるホールで、日本の名作と音楽に耳を傾けるひとときをぜひお楽しみください。

チケット:3,500円(全席自由・税込)
 チケットの取り置きをいたします。
 ご希望の方は、お名前・ご希望枚数を明記のうえ、下記アドレスまでご連絡ください。
 yu.usagi.pyon2★gmail.com(兎ゆう)
  ★マークを@に変えてください。
  ※お問い合わせには、すぐに返信できない場合があります。







兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ

谷川俊太郎トリビュートLIVE「俊読2019」に出演しました

2019-05-26 23:48:13 | 朗読・読み聞かせ
2019.5.26(日) 17:00~20:00
谷川俊太郎トリビュートLIVE「俊読2019」
場所 : Cafe & Bar Fiesta

詩人・谷川俊太郎さんの詩を、谷川俊太郎さんの目の前で読む。
そんなエキサイティングなトリビュートLIVE「俊読2019」に、私も出演させていただきました。
私は、「俊読2019」のために結成したユニット「うさぎとつくね」として、民族楽器奏者つくねさんとのコラボで出演。
谷川俊太郎さんの詩集『バウムクーヘン』から、「しーん」と「それから」を朗読しました。



俊読は、桑原滝弥さんが2006年に始め、今回で11回目。
プロアマ問わずさまざまな表現に携わる者たちが、ステージ上で自由に谷川俊太郎作品に取り組みます。
桑原さんに言われたこと、それは「これは詩のパフォーマンスです」でした。
「朗読+α」あるいは「朗読であって朗読でないもの」を求められているということがこの言葉から感じられました。
だからこそ、「うさぎとつくね」としてのパフォーマンスを作っていく過程は、辛く苦しい時間でした。
率直で厳しいアドバイスをくださる桑原さん。
何よりも「楽しむこと」の大切さを教えてくださったつくねさん。
きっと桑原さんには、「まだまだ!」と言われてしまうと思いますが、
お二人のお力添えで、ちょっぴり新しい兎ゆうを誕生させることができました。
自分の表現に真正面から向き合う、貴重な経験をさせていただいた半年間でした。


左からつくねさん・桑原滝弥さん・兎ゆう


最後には、谷川俊太郎さんご本人も登場!その場で選んだご自分の詩を朗読してくださいました。
そしてスペシャルゲストとして、なんと詩人で作詞家の覚和歌子さんも登場されました!
覚和歌子さんと言えば、「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」の作詞でレコード大賞金賞を受賞された方です。
この日は、お二人の共著である詩集「対詩 2馬力」から二つの詩を朗読してくださいました。


左からつくねさん・覚和歌子さん・谷川俊太郎さん・兎ゆう

他にも、俊読2019には、高瀬"makoring"麻里子さん、三角みづ紀さん、文月悠光さんなど、著名な方がたくさん出演されていました。


左から、三角みづ紀さん・古川奈央さん(俊カフェ店主)・ハルちゃん・高瀬"makoring"麻里子さん・文月悠光さん・兎ゆう


また、2016年に東京で開催された「夏目漱石没後100年記念 漱石と賢治を読もう!かなでる×かたる」で共演した
ニシムラタツヤさんと再び同じステージに立つことができたのも嬉しい思い出となりました。

左・ニシムラタツヤさん


2018年10月に、出演者を決めるオープンマイクが、谷川俊太郎さん公認のカフェ「俊カフェ」で
開催されました。このオープンマイクがすべての始まりでした
「俊読2019」出演のきっかけをくださった店主・古川奈央さん、桑原滝弥さんに心より感謝申し上げます。



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ