ゲーム研究会(らいふゼロ)

ゲーム全般、電子工作

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1chipMSX on DE0-nano

2011-12-15 20:51:22 | FPGA


まぁ動いて当然なんだけどねw
元々の基板だとFPGAに直接JTAG書き込みが出来ないので、
毎度コンフィグROMに焼いてからケーブルを抜いて電源オフ⇒電源オン
って感じで多少面倒だったのです。

でDE0-nano上で動かした方が楽じゃね?
と思い元のプロジェクトからchipをEP4CE22F17C6Nに変更してみた。
やっぱりうんともすんとも言わない。
何が悪いんだろう?と、自前のデバッグ画面を重ねてみた。
Z80全く動いてねーw

使用してるSDRAMが違うのか?
元々のはK4S561632E-TC75
DE0-nano上のはIS42S16160Bって全然違うやん!… と一応確かめてみる。
データーシートを見る限り動作は一緒かぁ、問題無いね。

あ、emsx_top.hexの位置が0x40000じゃコンフィグROMに焼けないじゃん。
(ゲート情報が0x47C1EもあるのでそのままではHEXと衝突、
勝手にゲート情報が先頭(0x00000)ではなく0x80000にマップされてしまうのでFPGAが起動できない)
ってことでEPCS4⇒EPCS16なので4倍の容量になってるので、
HEXのロケーションを0x40000⇒0x1C0000へ移動。
ロケーションの移動に伴いIPLの内容に変更を加える。
(IPLには何の説明も無いのでDISASMして1C0000から読むように変更した)

まだ動かない…
pSltClkに信号が来てない… 回路図を見ると144ピンと152ピンが短絡されてる。
pCpuClkと繋ぐ (以外とトラップでした orz 作者はワザとやったんかな?)

なんか不安定…
pSltWait_n,pSltInt_nがオープンドレインなので元ハード同様に1Kでプルアップ
動いたーーーーー(ノ゜∀゜)ノ

小一時間で動くと思いきや、丸一日掛かってしまいました。

と言う事でまとめると
①pll4x.vhdを変更、50MHzから21.47727MHzと85.909MHzを造るようにする
②asmiblock(U04)の配線をDE0-nanoに適応させる変更しなくても大丈夫でした
③emsx_top.hexのロケーションを移動(emsx_top.cofを変更(DE0-nanoでは.jicへ変換))
④iplrom.vhdへパッチして0x1C0000から読む様に変更
⑤pSltClkとpCpuClkを短絡
⑥pSltWait_n,pSltInt_nを外部抵抗にてプルアップ
で、DE0-nano上でも1chipMSXが動きました。

さて、ゲート規模的に倍の容量になったので色々これからです。
名刺サイズMSXとなりましたw


dipswを内部で固定した為、選択されない機能が削られ9,258LEとなってます。


物理的に全部のピンアサは出来ないですね。
出力が多いので、汎用IC等を使いシリパラさせるといいのかも。
MSX用のシールドでも作りますかw

カセットを吸い出して内蔵メモリー上で動かせばカセット用の配線は必要なくなりますが、
今度はバンクチップの回路を模倣しないとなりませんね。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« サーボモーター | トップ | Altera環境 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいですね (uissu256)
2011-12-18 00:07:56
うらやましいですワンチップMSX。

DE1とかでやってた外人いたけど、
DE0 nanoで出来ちゃうと本体立場ないですね。

ピンアサインとか色々あったでしょうに、よくそんな短時間で解決出来ますなぁ。
Unknown (uda)
2011-12-18 10:57:26
uissu256さん、こんにちは。
元のese_msxTopを一階層下にして、
DE0_nanoに添付のDE0_Nano_SystemBuilderで
雛形生成したものをTOPとしてese_msxTopを
包み込むと以外と簡単にピンアサが出来ますよ。
お試しあれ、と言ってもソース持ってないか。
オープンソースのとことかに転がってたりするのかな…
FYI: one chip msx (ykn)
2012-03-11 22:06:30
One Chip MSXですが、以下で開発がまだ継続していますね。
http://www.msx.org/ja/node/7199?page=51

現在、各種のバグ取りがされた上で、DE0やDE1で動作するようになってます。
現在のメイン開発者carosさんのページで公開されています。
http://www.caro.su/msx/ocm_de0.htm
http://www.caro.su/msx/ocm_de1.htm

なお、Quartus II 11.1sp2だとちょこっと弄らないとコンパイルが通りませんでした。
情報ありがとうございます (uda)
2012-03-11 23:19:47
ロシア語??
色々と参考にさせて頂きます。
個人的にはフロッピーDISK周りを何とかしたいのですが、実機をまさぐるところで躊躇していたりします。
DISKが腐る前に色々やらないとね。

コメントを投稿

FPGA」カテゴリの最新記事