月に浮かれてぴょんぴょこりん♪

 旦那さんと二人の子供、愛犬ムクと暮らすのんきな主婦の日記です。
   

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

謝謝♪台湾(帰国日)

2010年04月24日 22時10分00秒 | 旅行記

 

午前5時、外はまだこんなに暗い。。。

前夜カルフールで買ったパンを食べながら、身支度を整えた。

5:30にロビーに集合すると、添乗員のリンさんがラフな格好で待っていた。

私たちを空港に送り届けたら、そのまま休みになるんだって~

 

     

 

6:30台湾桃園国際空港に着き、そのまま搭乗手続きの列に並ぶ。

かなり重い私のスーツケース、1人20kgまでの重量オーバーになってないか心配。

「これは重いわぁ~」前列に並ぶツアー仲間のお父さんにもダメだしをされる。。。

同行の姉と2人で40kgまで大丈夫らしいけど、姉のスーツケースも負けじと重いよ。。。

折角綺麗にパッキングしたのを、ここで広げるの~?。。。嫌だ!

ドキドキしながらも祈る思いで、預け荷物台に姉と私のスーツケースを乗せた。

37.5kg!! セーフ!!

 

6日間お世話になったリンさんを囲んで、ツアー仲間みんなでお別れをした。

「このツアーのガイドは皆やりたがらないね」初日に言ってたリンさんの言葉を思い出す。

私服のリンさんは、嬉しそうで開放感いっぱいに見えた。お世話になりました!

 

飛行機の搭乗時間まで、残りの元を使って買い物をした。

お金も使い切ったし何も思い残すことはないわ~

・・・あった!思い残すこと、あった!!

 

           80元をカードで支払う。。。

 

私の目に飛び込んできた“タピオカミルクティ”・・・飲みたかったのに機会がなく忘れてた。

姉に飲んでもらっても充分な量で、大きなタピオカが結構お腹に溜まる。

甘さ控えめで美味しかった~最後に飲めて良かったよ~

 

謝謝、再見!また来るよ~~

 

  機内食の朝食をまた食べる

 

予定通り8:30離陸、帰りは2時間ほどで関空に到着した。

 

 

荷物受け取り場所でツアー仲間と別れを告げて、楽しかった台湾旅行が終わった。

あっ!まだ終わってなかった。。。

これから私は高速バスで徳島まで、姉は伊丹から飛行機で宮城まで帰らなくてはいけない。。。

徳島駅には16:00に着いた。ふ~っ、帰りはと~っても長かったよ。。。

 

  咲いてなかった桜が満開

偶然にも夫が休みで、駅まで迎えに来てくれた。

 

   食べたかった素うどん

お昼を食べ損ねてお腹ペコペコ、二人でうどんを食べて帰った。

 

 

 追記 

  今回のツアーはJTB・旅の通販「旅物語」

ほっと台湾ぐるり満遊6日間(基本プラン)でした。

  ツアー代金49800円で、機内食2食を含む全食事付きの激安ツアー

  台湾の主な観光地をバスで巡る、かなりハードな日程でしたが

ホテルも寝るだけと割り切れば、充分な広さと清潔な部屋でしたし

あまり期待してなかった食事は、「この値段でホントにいいの~?」

思うほど、どこの料理も口に合い美味しかったです。

出発前に心配してたお天気も、朝夕曇る程度で傘いらずでラッキーでした。

ただ、体力にかなり自信のある私と姉でも疲れは相当。。。

それに、毎日連れて行かれるショッピングには疲れも倍増でした。

激安ツアーのからくりを垣間見たような・・・(笑)

やはり自由時間が1日もない、超ハードな日程はキツかったな。

 

ツアー参加者は34名

ほとんどが定年を過ぎた頃のご夫婦でしたが、うちと同じ姉妹組がもう1組

女性友人組が2組、親子(母&息子)組が2組、1人参加が2名でした。

関西(大阪・神戸・和歌山など)からの参加が最も多く、岡山からのご夫婦

そして私たち徳島・宮城からは、とても珍しがられました。

同行の方達の面白エピソードや、添乗員リンさんの爆笑キャラなど

上手く文章にして伝える文才が、私にないことが残念です。。。

 

気が付けば旅行からはや1ヶ月・・・

長~く、長~ぁく引っ張った拙い旅行記を最後まで読んでくれてありがとう~

忘れないうちにと思ってましたが、写真がない食事なんてすでに忘れてます。

だけど姉妹初旅行の初台湾、とても楽しく良い思いでが出来ました。

 

 

コメント (9)

ニイハオ♪台湾(5日目)その2

2010年04月19日 00時02分52秒 | 旅行記

 

その1(↓の記事)の続きです。

 

 

午後の観光は、故宮博物院の見学から始まった。

とにかく来場者の多いこと!!

身動きも取れないほどの混雑の中、音声ガイドで添乗員と繋がれて主要な展示物を見ていく。

有名な翡翠で出来た白菜や、天然石の豚の角煮・・・

34ミリのオリーブの種に8人乗りの船を彫刻したものや、21層の球体がすべて回転する象牙細工

どれも素晴らしかったけど、2万点の展示物を1時間半では到底見て回れないよ~

 

午後4時から始まる最後の衛兵交代式を見るために、急いで忠烈祠へ移動する。

 

     

  エリート軍人さん・・・らしい

 

ここが台北の、そしてこのツアーの最後の観光となった。

 

       

 

免税店に寄ってから、夕食の北京料理を食べに行く。

 

 

ホテルに着いたのは19:30、クタクタでヨレヨレの身体にもめげず姉と買い物に行った。

21:00閉店の店を目指し、フロントマンに店の名前を見せてホテル前からタクシーに乗る。

お目当てのパイナップルケーキが買えて、ルンルンで次のお店に徒歩で移動・・・

行きたかった雑貨屋さんにも地図を片手に着き、閉店時間をオーバーして買い物をする。

ここでは娘にビーズのバック、自分用に白ヒスイの指輪を買った。

姉も翡翠の印鑑や水晶のブレスレットやビーズのバックなど、お互いお気に入りが

リーズナブルなお値段で買え、お店の人も日本語OK!でとても良かった。

 

・・・と、ここで終わらずまたタクシーに乗ってスーパーマーケットへ

海外で必ず行きたいスーパーマーケット、24時間営業のカルフールがホテルの近くにあった。

スーパーマーケットって楽しいんよね~カードも使えたし~~

両手いっぱいに戦利品を抱え、23:30過ぎにホテル着4時間ほどの買い物。

調味料やお菓子、息子への一番のお土産となった蚊取ラケット(中央上)など

何とかすべて、スーツケースに収まった。。。

 

       お土産を広げてみる

 

タクシー移動のおかげで効率よく回れたけど、台北で行きたい所はまだまだあった。

台湾がすっかり気に入った私たち、次回はマンゴーと台北での買い物のリベンジ!!誓う。

 

  なぜかトリプル!?

 

帰国日の朝は4:30にモーニング・コール。。。睡眠時間が3時間ほどだった。

 

   ダラダラ旅行記にお付き合い、今日も最後までありがとうございました。

    この気候の変動についていけず、何年ぶりかの風邪を引いてしまいダウン

    草稿のままで放置してしまってました。(引っぱり過ぎよね~

    遅れついでにもうひとコマ、次回帰国日の記事で〆ようと思います。

 

 

コメント

ニイハオ♪台湾(5日目)その1

2010年04月18日 23時54分00秒 | 旅行記

 

日の出は5:58、あいにくの雲に隠れて朝陽は見えなかった。

 

     

 

それでも朝露に濡れたテラスで、湖畔の景色と清々しい空気を充分に楽しんだ。

着替えただけで慌てて部屋を飛び出し、ふと見れば姉はホテルの紙スリッパ・・・

二人で大笑いしながら、湖の風景をカメラに閉じ込めた。 

     

 

ここで一句 『ほんとうに 良いトコだったな 日月潭(リーユェタン)』オソマツ・・・

 

       甘くて暖かい豆乳、美味し

 

朝食を済ませて、7:40に台北に向かって出発する。

最終移動日となるこの日は、ほとんど高速道路を使ったので楽チンだった。

「夜の為に寝とかんと。。。」最終日のこの日、ホテルに着いてから買い物に出る予定・・・

 

 

高速道路をひた走り、中正記念堂には11:00過ぎに着いた。

 

       蒋介石のロウ人形 

 

       蒋介石の公用車

 

蒋介石の記念の品や写真などを見て回る。

事前にもう少し、歴史のお勉強をしていた方が面白かったかも。。。

 

       大ホールの天井(木彫り)

 

       正面の大きな座像に目もくれず、衛兵に釘付け

  

ここでもゆっくりはしてられぬ・・・1日で台北の主要観光地を巡らなくてはいけないんだから。

 

   

 

次は台北最古のお寺に参拝、龍山寺に12:00到着。

 

       細部まですばらしい!

 

       火事の魔除けだそう

 

       見て!この飾り天井

 

ここは台北で最も格式高いお寺だそうで、老若男女たくさんの参拝者で賑わっていた。

お参りの仕方も作法があって、お線香を持って熱心に参拝する姿には熱い信仰心がうかがえた。

 

       いつもいる看板猫だって~

 

さぁ~お腹も空いてきたので、昼食の時間!

 

  

  うまうま炒飯

    

  ←志村けん

 

ずっと似たような台湾料理が続いていたので、この日の昼食は心待ちにしていた。

一人何個と決まっているのも食べやすい。

先にあれこれ出てきて、最後に出てきたお待ちかねの小籠包~~

一籠10個全部いただきたいわぁ~ えっ!?一人4個?ガクッ!

 

ささっと食べたらすぐに出発よ~

午後も最後の観光&最後の強制お土産ショッピングが残ってる。。。

 

     その2へつづく

 

 

コメント (4)

ニイハオ♪台湾(4日目)その2

2010年04月17日 00時20分06秒 | 旅行記

 

その1(↓の記事)の続きです。

        またバスでの移動 

 

      リンゴナシ!?

 

前日の夜市で買ったというフルーツを、同行の方から頂いた。

リンゴのような色で梨のような味と食感の“リンゴナシ”、ガイドさんが話してた珍しいフルーツ。

梨をう~んと薄くして、さっぱりさせたような味だった。

 

快適な高速道路を北上し、バスは本日の最終目的地“日月潭”へ向かう。

玄奘三蔵法師を祀る玄奘寺には15:00頃に着いた。

 

   三蔵法師の中国から天竺への足跡

 

     

 

 

16:00前にはホテルに到着!こんなに早い時間、明るい内に着いて嬉しい。

景聖桜飯店は文武廟のすぐ前で、お寺が運営してるホテル

食事は可もなく不可もなく。。。なので、またまた写真がない

部屋はとても広くて4人は泊まれそうで清潔だったが、お風呂にお湯を溜めると泥水が!!

慌てて抜いて、もう一度入れると今度は大丈夫だった。

お祭りの為に部屋は満室だと言っていた。・・・普段は使ってない部屋だったのかな?

 

       TVが薄型!!

 

荷物を置いて、文武の神を祭る日月潭のシンボル文武廟へ・・・

文の神“孔子”と、武の神“岳飛”を祭る。ちょうどお祭りの前夜祭をしていた。

 

     

 

 

 

湖畔の絶景ポイントがあるお寺で、ガイドブックに載ってた同じ風景を見ることが出来た。

 

 

 右の白い建物が泊まったホテル

 

 

ホテルの屋上テラスから、湖畔に沈む夕日を眺める。

雲が邪魔して、ほんの2~3分で夕日は沈んでしまった。

 

 

薄っすらと霧の掛かった湖畔の景色はとても素敵で、台湾八景の1つと言われるこの場所に

こうして来られて良かったよぅ~

今度はもう少しリッチな湖畔リゾートホテルにステイしたいな・・・

 

  ライトアップされた文武廟

 

5日目は7:40出発!この旅最後となる宿泊地の台北へ。

    今回も長文を最後まで読んでくださり、ありがとうございます~

    更新の遅さに自分でも少しイライラしています。。。すみません

    残りは一気に仕上げるよ~

 

 

コメント (4)

ニイハオ♪台湾(4日目)その1

2010年04月14日 23時56分27秒 | 旅行記

 

※この日も写真が多いので、最初から2部構成にしてみます。

     

     

 

さぁ、旅もいよいよ後半・・・朝食を食べて、8:00にホテルを出発!

バスは高雄から台南に向かい、延平郡王祠、赤嵌楼を観光 

 

       守り神だそうです

 

        鄭成功の座像

 

オランダの植民地から台湾を開放に導いた民族的英雄・鄭成功が祭られている。

鄭成功のお母さんは日本人で、病に倒れ亡くなるまでの39年間波乱万丈の人生を送ったそうだ。

 

      公園内の売店で25元

 

バスでピーナッツ味のアイスを食べてたら、ちょこっと走ってすぐに着いた。

 

      赤嵌楼のシンボル

 

鄭成功とオランダ人の講和場面を再現した像、真ん中が鄭成功?

 

     

 

赤嵌楼はオランダ人によって建設された城で、鄭成功がオランダ軍を追い出して

台湾の政治の中心として栄えた史跡。

地震で城壁以外は全壊したものを、再建して100年になるそうだ。

 

              

 

この後は恒例の強制お土産ショッピングで、この日は“お茶の実演販売”に行った。

台南はお茶の産地だそうで、入れ方の説明を受けながら烏龍茶を頂く。

頂くだけではダメなのよ~ん!

「ほら、来たよ。。。」 分かり過ぎた展開に、何も買わないつもりだったけど

同席の方の上手い値切りでとても安くなったので、烏龍茶を2袋買った。

 

 

お昼は郷土料理・・・そろそろ飽きてきたなぁ~麺類が食べたい。。。

なんて思いながら、大皿の料理を取り分ける。

あら!?食べるのが忙しくて、写真が少ないわぁ~~

この他にも、魚料理や空芯菜の炒め物にスープと色々と出てきた。

 

   飲食店には見えない店構え

 

地元客が多く、エアコンがガンガンに効いた店だった。

あれっ?お昼ご飯の後にお茶屋だったっけ~?・・・まっ、いいか~

      

      その2に続く

 

 

コメント

ニイハオ♪台湾(3日目)その2

2010年04月11日 23時03分09秒 | 旅行記

 

その1(↓の記事)の続きです。 

   ここからは南シナ海を北上

 

       もう泳いでる~

 

 

バスは高雄観光を目指す。。。が、途中で恒例の強制お土産ショッピングがあった。

ここの販売員は凄かった。とにかく何か買うまで離してくれない。

高雄名物のカラスミを買わそうと、1組に1人がぴっちりくっ付いて接客する。

「5つでひとつおまけよ~ヤスイヨ~、カウネ~、ドレスルカ~」

(安いツアーなんだから、強制ショッピングはお決まりコース。我慢、我慢。。。

トイレに行くついでに、裏口から脱出した。

 

      日式風味醤油!?

 

       港街、コンテナ多し

 

       マンゴーの木

 

 

       16:30 澄清湖着

 

高雄の水源地になっている、周囲約7kmの巨大な人造湖。

ジグザグに曲がった九曲橋を渡りながら、湖の景色を楽しむ。

 

 

湖沿いの遊歩道は、徒歩で一周4時間もかかるほど大きいらしい。

 

   ここでも短縮コース

 

  サッサと散策済ませる

 

  公園内の養蜂所

 

  なぜか見学、ハチミツ販売

 

養蜂所の見学や、ロイヤルゼリーの試食がなければ

もっとゆっくり出来たのに・・・素敵な場所だけに残念。。。

 

17:30 龍虎塔着

 

    

 

 

  

 

龍の口から入って虎の口から出ると、それまでの悪行を取り消しにしてくれるらしい。

男性は左足、女性は右足から入って、後ろを振り返ってはいけないそうだ。

言われた通りに右足から入って、お願い事をしながら後ろを見ないで右足で出る。

これで今までの悪行三昧を、すべて取り消してくれただろうか?

 

   

     

ここも約30分の滞在時間だった。

効率よくあちこち回るには仕方ないのだろうけど・・・短過ぎませんかぁ?

 

夕食は同じテーブルの方々と会話を楽しみながら、海鮮料理をレストランでいただく。

・・・おしゃべりに忙しく、写真なし

 

        その後、六合路夜市で自由行動30分

お腹が一杯で、屋台の台湾B級グルメが食べられなかった。

少ない時間ながらも、ビーズ刺繍が可愛いスリッパと、ブレスレットをお土産に買った。

 

         ホテルに着いたのは21:00頃。。。

この日、グレードアップされた4組の方達と高級感たっぷりのホテル前でお別れし

私達が泊まったのは、ビジネスホテルのようなホテルだった。

ちょっとだけ肩を落としながらも、「どうせ寝るだけ・・・」と思って入った部屋は

予想以上に広く、ベッドなんてキングサイズはある清潔な部屋だった。

 

  

 

高雄の強制お土産ショッピングのしつこさ、短時間観光は文句を言ってやりたいくらいだけど

お昼ご飯は美味しかったし、夕食も楽しかったのでヨシとしよう。

4日目は、8:00出発!

このツアー中で一番ゆっくり出来て、一番気に入った場所へ・・・

     写真が多すぎて一度に更新できませんでした。

     旅もいよいよ後半戦、もう少しのお付き合いをよろしくです~

 

 

コメント (4)

ニイハオ♪台湾(3日目)その1

2010年04月10日 22時36分09秒 | 旅行記

 

前日の疲れもナンのソノ!6時前には起床して、部屋のお風呂に浸かって目を覚ます。

到着時は暗くてはっきり見えなかったホテルを見ながら、1Fの食堂へ向かう。

(私たちは左側の10Fに宿泊、食堂は右側の1F)

 

        

 

ここの朝食は不味かった。。。料理の味と言うよりは、雰囲気が超激マズ!!

朝から意味不明な中国語で怒鳴られて、イラッ!となる。

アジア系の宿泊客が多いホテル、食事マナーがなってない!・・・と思った。

そりゃ~、テーブルクロスの上にビニール掛けたくなるよな~

夜中に花火が数発上がったり、部屋や食堂の掃除がイマイチなのもマイナス点だった。

サッサと荷作りして、次に行こう~!

 

8時10分ホテルを出発し、まずは台湾最南端のガランピ岬へとバスは走る。

 

    

今日もいいお天気になりそう~

 

      もう少しで最南端

      去年の台風の爪あと

 

 

1時間ほど経ったところでトイレ休憩・・・海を守る神様のいるお寺だそうだ。

「お借りしま~す!」 一応、お参りしといた。

 

       最南端の灯台を目指して歩く

 

   

 

灯台見学のあと、昼食は台湾料理を食べに行った。

 

  奥は高雄名物のオニオンスライス

  私のだけ箸3本入り!?

 エビの下にはパイナップル

冬瓜のスープ      

 タコとイカ 口の部分のフライ

と~っても、美味しかったよ~

 

ニイハオ♪台湾 (3日目)その2へつづく・・・

 

 
コメント (2)

ニイハオ♪台湾(2日目)

2010年04月06日 23時59分13秒 | 旅行記

 

2日目は、8:00にホテルを出発

6:00のモーニングコール前に起き、身支度を整えてから朝食をいただく。

好きなおかずをお皿に乗せて・・・少しずつ色々食べてみる。

 

       

 

おかゆは塩味が付いてないので、こちらも色々トッピングしてみる。

味付けは思ったよりも薄味で見た目ほど油っこくなく、野菜が多くて意外にヘルシー

朝からしっかりエネルギーを蓄えて、今日は1日バスの旅~~

(この時は、これからの山道バス移動をまだ知らなかった。)

 

     

 

あいにくの曇り空。。。海岸沿いを南へ、南へ

海面から垂直に切り立った断崖、清水断崖へ向かう・・・

 

     

途中でバスが止まってしまうアクシデントで騒然となる車内。。。

 

          

バスの中で昨日の夜コンビにで買ったおやつ、かぼちゃの種を歯で割って食べる呑気な私たち。

パリッ!と割れて綺麗に中身が出ると、なぜか美味しい♪

食べられる中身はほんの少し・・・時間潰しにちょうどいい。

 

20~30分止まってたかなぁ~?エアコンのコンプレッサーがどうだとか言っていた。

オイ、オイ!これからの山道、このバスで大丈夫なのか~?

 

     

 

          

 

そんなこんなで到着した清水断崖では、写真撮影の時間のみが与えられ先に急ぐ。

 

お天気もだんだんと良くなって、次の目的地タロコ渓谷観光にやってきた。

 

 

           

 

3000m級の山々が連なる中央山脈が侵食を繰り返し、何万年もの時を経て造られたタロコ渓谷

大自然が造り上げた壮大な風景に、ただただ見とれるばかり・・・この岩肌ぜ~んぶ大理石だって!

      

渓谷沿いの公路は、全て手作業で切り拓かれたと言うから驚きだ。

3年9ヶ月、連日5000~6000人が作業を続けたんだって~!!

九曲洞という素彫りのトンネルを歩く・・・

 

     

長春祠(チャンチュンスー)

公路建設の難工事に携わって亡くなった212名の霊が祭られている。

 

歩いてはバスに乗り、バスを降りてまた歩く・・・駆け足のタロコ渓谷~

ゆっくり雄大な景色を楽しみたいけれど、この日は台湾の東海岸沿い中央山脈の山道を

一日でほぼ南まで進まなくてはいけない。ゆっくりはしていられないのである。

 

このあと、2階が食堂になった宝石や大理石を販売する店に寄って昼食(田舎料理)をいただき

お決まりの強制お土産ショッピングを嫌々ながらも楽しむ。(何も買わなかったけど・・・)

 

  お釈迦さまの頭に似ている

 

北回帰線標塔に立ち寄り、ガイドさんお勧めのフルーツ(釈迦頭?)を買って(1個50元)

知本温泉のホテルに着いたのは、予定より1時間も過ぎていた。。。(19時着)

思い返してもほとんどバスに乗っての移動だったような、疲労度MAXな一日だった気がする。

道も悪かったけど老朽化したクッションの悪いバス、先を急ぐかのような荒々しい運転には

車内で何度か悲鳴が上がったほどだった。

無事にホテルに着いて、本当に良かったよ~ほっ!

 

     

 

 

あまりの疲労からか、お昼ご飯もホテルでの夕食(郷土料理)の写真も無い。。。

ホテルは水着着用の露天風呂やスパ、屋外ホールで生バンドの演奏があったりと

17階建て2棟からなる大きなリゾートホテル風で、その分宿泊客も多かった。

“ゆっくりのんびり温泉”は見事に期待はずれで、“健康ランドin台湾”って感じ!?

それでも持ってきた水着を無駄にしない為に、姉と2人で露天風呂とスパに行ってみたけどね。

 

     

 

部屋で食べたフルーツとビールが美味しかった。

3日目は、8:10出発!

(またまた続く~♪)    3日かかって書きました。最後まで読んでくださりありがとう。

 

 

コメント (4)

ニイハオ♪台湾(1日目)

2010年04月03日 23時44分58秒 | 旅行記

 

関西国際空港12時55分発、エバー航空2131便にていよいよ台湾に出発!

徳島から関空までは高速バスで2時間45分、7:05発のバスに乗るために5:30に起床。。。

出勤前の夫に送って行ってもらうために、家を6:30に出た。

いつも思うことだけど、関空に着くまでがもうすでにプチ旅行・・・

大阪に住む娘の所に滞在していた姉とは、関空で待ち合わせた。

関空までは1時間程で着いていた姉を、集合場所の受付カウンター前で見つけた時は

これから始まる旅のワクワクも加わり、喜びも倍増!!

フライトまで2時間以上の時間も、免税店でウロウロしてるうちにあっと言う間に過ぎた。

私は自分用にロクシタンのボディクリーム“さくら”を、夫にはタバコを買った。

外はあいにくの雨模様、台湾は晴れていてくれることを願いいざ搭乗!!

 

席に着くと私の座席前モニターが壊れてて、非常扉横・CA席前の予備席に変更となった。

ラッキーなアクシデントのおかげで、ゆったり足を伸ばしてビジネス気分が味わえた。

 

        上空はいい天気!

 

 

昼食の機内食

 

     

 

二人でビールをいただき、ほろ酔い気分でおしゃべりしてたらもう台湾が見えてきた~ 

 

     

台湾桃園国際空港は薄曇・・・これからの天気が気になるところ 

 

空港ロビーで現地添乗員さんのお迎えがあり、今回のツアーで同行の方々とも初顔合わせとなった。

台北市内の民芸店に案内されて、お茶の試飲・販売(買ってる人なし)

旅が始まったばかりだもの、早速お土産買う人いないわなぁ~

 

       こんな門をくぐって右側 

 

 

バスに乗せられ約2時間、19:30今日のホテル礁渓蘭陽温泉大飯店に着いた。

このツアーを選んだポイントのひとつ、今日と明日は台湾の温泉地ホテルでの宿泊

 

お部屋はこんな感じ・・・広くて清潔~

 

夕食はホテルで・・・食べるのに忙しく、撮り忘れの料理多し。。。チーン!

 

 

8名で円卓を囲んでの食事、朝食以外はこの取り分け式での食事がここから始まった。。。

食事の席の組み合わせは、添乗員の林(リン)さんが毎回バスの中で発表するのだけど

同行の方々とも互いにまだ人見知り状態で、慣れるのに2日はかかったなぁ~

充分過ぎる料理で、いつも食べ過ぎる程の量だったけど、ドンドン出されてサッサと取り分け

気は使うし忙しいったらありゃしない・・・「最初から分けといてくれよ!」と、心の中で思ってた。

けれども日程が進むにつれて、「同じ釜の飯」「同じ皿の飯」を取り分けて食べることで

同行の方々との会話も自然に生まれ、距離がグッと縮まって仲良くなったようにも思うな~

 

     

 

夕食後、温泉に入るための腹ごなしにとホテル近くの散歩に行った。

台北に近い(宣蘭県)からか、大通りは道幅も広く沢山の車と人で賑わっていた。

 

       日本語なのに日本語通じず

 

お腹一杯なのにどうしても食べたくて、片言の英単語でお姉さんに“おすすめ”を聞いて

 

       食べたのがコレ!

 

「芋園仙草」・・・シャーベット状の餡子の上に、仙草ゼリーが乗って芋園(タロイモの団子)と

豆花(豆腐プリン)のトッピング・・・冷たいデザート、お好みでコーヒーフレッシュをかけて食べる。

どんぶりのような大きな器にたっぷり入って、50元(1元/約3.3円)

 

出てきた量の多さに少し後悔したけど、ここで食べておいてよかったぁ~

このあと一度も台湾スイーツを食べる機会が無かったから・・・

姉の口にも無理やり押し込んで、散歩前よりお腹一杯になってホテルに帰った。

 

温泉は日本に比べると温度は低めだけど、湯あたりは柔らかくお肌スベスベ感も劣らず。

朝入った部屋のお風呂も、とてもいいお湯だった。

2日目は、8:00出発!

(次回に続く~♪)    長文にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

コメント (6)

帰ってま~す♪

2010年04月01日 23時59分37秒 | 旅行記

 

一昨日、無事に5泊6日の台湾旅行から帰ってきました。

連日のハードスケジュールに加え、あまりの楽しさに我を忘れてのハイテンション!

昨日は洗濯物を片付けたくらいでスーツケースはそのまま。。。

時差も1時間しかないというのに夕方までボーっと過ごしてしまい、今日やっと片付け終えました。

 

姉は関空で別れた後に調子が悪くなり、自宅に辿り着いた頃にはヨロヨロになってたみたいで

悪寒と胃腸の不具合に苦しんだらしいです。

私は眠かったくらいで何とも無かったので、胃腸の弱い姉は疲れが胃腸に出たのだと思われます。

 

旅行中は毎日フル活動で、二人してよく食べよく笑いよく観光し、充分に楽しみました。

食事だけは姉の1.5倍は食べたかな~? (2kg太ってた。。。

ツアーで同行した他の方達ともすっかり仲良くなって、みんなでワイワイ本当に楽しくて

関空では別れが名残惜しかったほどでした。

 

写真を整理しながら盛り沢山な旅行記を、忘れないうちに少しずつ書いていきたいと思っています。

かなりの連載になる予感・・・とりあえず日程ごとに書いていこうかな~と構想中です。

良ろしければ是非・是非、お付き合いくださいませ。

 

 

コメント (8)