1967年アメリカ貧乏留学物語

1967年・所持金$200・スーツケース1個・英語能力ゼロ・単身アメリカへ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビバリーヒルズでの日課ラジオ体操

2009-11-22 | アメリカ留学
アメリカの日本食の一部

ビバリーヒルズでの朝の日課・ラジオ体操
主のばあさんに要求され、毎朝5時に起きて、ラジオ体操そしてテニスをしている。



ばあさんは、たいそうラジオ体操が気に入っているようだ。
しかし大樹は、あまりラジオ体操を覚えていないので、毎回順番が違う。
大樹の思い通りに、第一・第二ラジオ体操が混合しているし、わからないときは
勝手に大樹が自分で考えたことをしている。


ばあさんはそれを指摘して、『私は覚えようとしているけど、マイク(大樹のアメリカ名)は、毎回順番が違うようだ。』と言う。
大樹は、言い訳に困った。
考えた挙句、大樹は、ばあさんに『毎日同じ動きをしないで、ばあさんの体の具合を考えながらしている』と言ってやった。
すると、ばあさんは、えらく感激し『オー マイ デアー』と言ってほっぺにキスをしてきた。


ばあさんが、友達もラジオ体操をしたいらしいと言っている。
人数を聞くと、これから声をかけてみるという。
そして、アルバイトで毎日ラジオ体操をすれば、かなりの小遣いになるというではないか。
この話は断ることはないと思い、何人位参加するのか知らせてもらうことにした。
ばあさんは金持ちのくせに、自分はタダにしろと念を押された。
本当にケチだ。



さて、大樹はラジオ体操の順番を覚えて確立しなければならない。
その日、学校が終わって日本人町(Little Tokyo)へ行き、本屋でラジオ体操の本を探したが見つけることができない。
そもそもラジオ体操の本などあったかどうかさだかではなかった。

日本の友達にすぐ、エアーメールでラジオ体操の本があれば送ってほしい、もしなければ順番を教えてほしいこと、そしてテープレコーダーで(当時はビデオもラジカセもない)NHKの朝のラジオ体操をテープに録音して送ってほしいと頼んだ。


ばあさんには、正しいラジオ体操を教えたいので、日本にいろいろ教材を頼んだから
それらが届いて始めると伝えた。

ばあさんはすごく感激していた。
さて・・どうなることやら・・・・??? でも小遣いになる・・・最高だ。


こんなものを食ってると豚になるはずだ!!!
大樹もかなりアメリカ的体系になってきた。

しかし日本から最近来た日本人の男性は、体が貧相で、細くナヨナヨな男性が多く
アメリカ女性には人気がない。
もっとたくましい男性がもてるよ!!!世界では!!!
バーバラいわく!!

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« (40)アニータノ品物の処... | トップ | (42)ビバリーヒルズにてラジ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レイ)
2009-11-25 23:19:26
所変わればボーリングも変わる…ていう感じですね♪
まぐれでも270点は凄いですよ!!

この記事の食べ物の写真はみんなアメリカンサイズですね!

コメントを投稿

アメリカ留学」カテゴリの最新記事