龍一京/瓜生章の活動日記

作家龍一京/瓜生章の日々のあれやこれやを綴っています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

書きたくない症候群

2016年10月01日 | 龍一京の一口メモ
今私は「書きたくない症候群」に陥っています。
なぜでしょうか、このところ小説など長編の文章を書きたくない。文章から一度離れたい。解放されてじっくり考えてみたい。そんな気持ちに陥っています。こんな気持ちに陥ったのは初めてといっていいでしょう。最も何もかも書かないというの

ではありません。歌の詩は相変わらず、ぼちぼちですが作っています。どこかで毎日少しずつは、何らかの文章を書かなければ落ち着かない、気になる、そんな気持ちもあるのです。よくよく考えてみるとやはり体力の落ち込みからくるものだと思い直し、今は、少しでも体を動かし、体力作りから始めています。有り余るほどの体力を持つことは不可能ですが、歩いても、軽く走っても息切れをしない。普通に歩ける程度にだけはしたいと、そちらの方に力が入っているような気がします。

もちろん、それだけであれば時間は有効に使えません。ですから、書くことが完全に切れないように、好きなことを毎日書いていきたいと思い、少しずつペンを走らせています。
面白いことに、今はまだ何も書かないと腹をかためてしまうと、気が楽になる一方で、時間を持て余してしまいます。その間はごろごろして寝るだけなのですが、「小さな旅」「ドキュメンタリー」などのテレビを見ていると、いつの間にかメモ

帳を持って、漁師料理や、その港の特徴、漁港の様子、春夏秋冬の珍しい動植物の営みなどなど、興味のある部分をどんどんメモしています。
「書きたくないとき、書けないときはメモを取れ」これは私の考え方ですし、長年守ってきたことなのです。メモを取っておけばいざというとき(どこかでメモをしたはず)と思い出し、必ず後から役にたってくるものと私は信じて疑いません。事

実、メモをしたことは小説にも、童ばなしにも、作詞するときでもそのメモが大いに役立っています。とはいえ、物書きが文章を書きたくない。そうなってはもう終わりです。私の場合、次に各小説、わらべ話のため、作詞のために今は充電中。そんところです。体調が整い次第、自分の書きたいものをとことん突っ込んで書いてみたい。それが物書きの生きざまだと理解しています。5年、10年、まだまだ元気で生きていたいものです。  ではまた。


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 早めの健康診断必要ですよ | トップ | 出来上がった音源を聞きなが... »

コメントを投稿

龍一京の一口メモ」カテゴリの最新記事