自然と共に

大自然と共存し、豊かな暮らしを実現しましょう。生活便利帳、趣味の世界を語りましょう。

羽田の国際線ターミナルモノレールも着々と接続中

2010-05-30 | Weblog

 こんにちは。 羽田の国際線は、順調に整備が進んでいます。 モノレールも発着が出来るように駅も順調につながりました。
 先の方に見えるのが、駅舎部分です。モノレールは、すでに国際線駅に進入しています。新しいレールが完成しています。このレールに進入します。 



 旧レールの桁が外されています。今までは、このレールを走っていました。それにしても、うまく分割して外されるものですね。



 外された桁は、可動式の大型搬送台車に乗っています。本当に興味のある写真です。



 これが、新しい国際線の新駅です。掲示板も順次整備中です。


 正面が、新規の駐車場です。右のレールが旧レールです。今まで活躍したものです。


 成田より便利なのは明白です。成田は貨物専用にして、羽田をさらに海上拡張して利便性が向上することにが良いと考えます。
 では、みなさん良い休日を・・・・・・・・バイバイ

       
コメント

kaoiのウインド、最高のプレーニング7.5㎡でピッタシ

2010-05-30 | Weblog

  皆さん、こんにちは~~~~~
 昨日は、最高のコンディション。腕も腰もまったく機能しないぐらい全力使い切りました。
 朝からウキウキしながら天気予報を見ると、6から7m/sの最高の天気予報です。午後からあがってくるとの予想です。11時頃から出かけました。車窓から見る海は白波が立ち始めており、最高のコンディションです。今宿の駅を降りると、いつも展示してある博多人形が模様替えをしていましたので、早速携帯で撮影しました。ついでにツバメ君は元気にしているかと思い入口の天井を見ますと残念ながらすでに、子供たちは巣立ちをしていました。
 海岸に着くと、今日は若い人も、女性も、多くの愛好者が集まっています。当然常連のおやじたちも参戦中です。いつものSさんは、今日は遅れて参加です。店長も元気イッパイです。「今日は、7.5㎡がベストですよ。白波が立ってるが、風が軽いし、騙されますよ。」との助言です。自分としては、6.5㎡かなと思っていました。しかし店長の助言は、「風が軽い、また風はサーマルなので、よけいに見かけより弱い」ということです。では、7.5㎡で挑戦しますか。 ということで準備に入りました。
 正面の能古島と糸島の間から風が入ってきて、海岸付近では両サイドに強烈な風の道が出来ています。これにのってルンルンのセーリングです。セールが風を切ってヒュー、ヒューとうなっています。これがなんとも言えない快感です。ボードは、前半の2/3が浮き上がって後部のフィンをしっかり押さえて走ります。ときおり、フィンに長い藻が絡まりついて、急に尾が水に取られてしまいます。底部に気泡が入ると、まったく制御がきかなくなり、ボードのお尻が飛んでしまいます。
 時計を見ると、4時を過ぎており、かれこれ3時間は海上で、「自然と共に」戯れていました。 最後は、腕も腰もすっかり力を失い、海岸の西からゆっくり海岸縁をボードとセールを海上に浮かべて歩いて戻ってきました。
 今日は、最高の今宿海岸、Kaoiビーチでした。 では皆さんお元気でバイバイ 
    

コメント

舞鶴公園のシャクヤクです。

2010-05-16 | Weblog

  皆さんこんにちは、・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 舞鶴公園は、今が旬です。 皆さん鑑賞にきてください。入園は無料です。
 「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿はユリの花」というそうです。妻からの受け売りです。



 きれいなシャクヤクです。 種類が多いのにはびっくりです。












 では、みなさんごきげんよう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
     
コメント

大濠公園を散歩するペットのトカゲ

2010-05-16 | Weblog
 
 大濠公園では、ペットが元気に散歩しています。



 主食はコオロギとのことですが、雑食ですので、この花もくるくる回すとパクリと食べてしまいます。








 現在3歳とのことです。 おだいじに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 では、皆さんお元気で     バイバイ  
         
コメント

大木のかくれんぼ

2010-05-16 | Weblog
   
 皆さんこんにちは・・・・・・・  大濠公園脇の広場には、大木があります。内部は、少し朽ちています。


 子供が根っこに入って遊んでいます。



 お~ 出てきました。








 自然の生命力は、すごいですね。  では、バイバイ 
        

コメント