見出し画像

漆作家 大内麻紗子の【好きなことを好きなだけ】ブログ

〝選択〟を選択する

最近よく耳にする『SDGs(持続可能な開発目標)』

「持続することができる社会(サステナブルな社会)」を目指すための目標設定のことなんだとか。

全部で17の大きな目標があるというので検索してみたのが、サムネイルに書かれていることです。

中身はというとカタカナばかりで頭が追いつかず断念。

なんとなくですが、経済成長を止めることなく地球のため、環境のため、平和かつ平等に生き物が生き続けられるためにそれぞれが責任ある行動をしましょう、的なもののように理解してみましたが間違っていたらすみません。

一見すると平和なようで平和じゃない世界。

悲鳴を上げる地球。

刻一刻と環境が変わり自然災害になすすべも無く立ち尽くす人々。

地球温暖化や原子力問題、紛争や貧困、差別や格差などずっと問題になっているにも拘わらず、結局どこか画面の向こうの出来事のように過ごしてきてしまっているのはどうしてなのでしょう。

かく言う私もその中の一人です。

何かしなくてはいけないという思いはあっても何ができるのかも、何をしたらいいのかもわからない。

ただ与えられるものを受け取るばかり。


先日祖母の四十九日で数年ぶりに福島へ行ってきました。

南相馬市です。

10年前の東日本大震災では津波は逃れられたものの原発事故によって避難を余儀無くされた地域でした。

道中、何台もの除染の土を積んだ車とすれ違いました。

10年経った今でも作業は続けられています。

そして人がいなくなり、かつて畑だった場所が一面ソーラーパネルで覆われていました。

その光景に何とも言えない気持ちが沸き立ちました。

なかなか言葉では表現し難い複雑な感情です。


数日後テレビで、その周辺の川に住む魚が汚染されているというニュースを見ました。

放射性物質を吸収してしまった山の木々は体内に溜め込んでしまうため、それが少しずつ土壌に流れ出て、雨の水と共に川に流れ込み、魚が取り込んでしまう。

10年経ってもそのサイクルは変わらない。

一度失ったものは簡単には元通りにならない。

わかっていたつもりでしたが衝撃でした。

後何年したら元に戻るのだろう。

本当に戻るのだろうか?

これは地球や人間が抱える問題のほんの一部です。

一部ですが、とても大きな問題です。


小さなことの積み重ねが結局自分たちの首を絞める結果になり得る。

じゃあ自分には何が出来る?

何をしている?

なんて考えたところで正直、個人にできることなんかほとんどないのかもしれません。

でも「持続可能な社会」として考えた時、〝選択〟という選択肢があることに気がつきました。

具体的に何かできなくても〝選択〟することは誰にでもできる。

ゴミを出さない選択。

環境に優しいものの選択。

再利用する選択。

これならば自分にも出来るかもしれない。

小さなことの積み重ねが自分たちの首を絞める結果になり得るなら、小さなことの積み重ねで自分たちが笑顔になることも可能なはず。

将来的にはその選択肢の1つになれるような活動が自分でもできたらと思います。

まずはすぐにでも取り組める〝選択〟から、はじめてみたいと思いました。


コメント一覧

urushi-itteki
@kataya2110 そうだよー!野馬追の迫力すごいんだよ✨また間近で見たいなと思う!
さすが那須さんっ良いことをおっしゃる!
うんうんっ積み重ねれば目に見える変化になるよね!いろいろなことに対して今より少しでいいから先を見据えて考えられるようにがんばろうと思ったよ!
urushi-itteki
@mikio6212 mikio6212さん、コメントありがとうございます!
お友達さんも南相馬でしたか、、3年半経っても週に一度だけ。とても辛い思いをされたことと思います。
天災は人の力ではどうしようもないけれど、防げる人災はあるはず。この先の未来が少しでも明るいものになるよう心がけていけたらなと思います。
少し寂しいですが、便りのないのはよい便りかもしれません。
kataya2110
おばあちゃんが福島だから、前どこかで相馬の野馬追について書いてたんだね〜。
なるほど!
頑張り過ぎずとも、小さな積み重ねをコツコツと長ーく続ければ気がついたら目に見える変化になるね😄
mikio6212
私の友達も南相馬市原町区に居ました。
震災から3年半後に初めて彼の家に行きました。
幸い命は助かりましたが、その時は週に1度だけ家の片付けに帰宅できるだけでした。
もちろん原発事故の影響です。
約30年ぶりの再会でしたが、その後年賀状の返事も途絶えました。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「日常」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
人気記事