Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

プーに関する個人的誤解(オビイシヨウジ)

2018-09-14 19:53:59 | ヨウジウオ科

太陽ギラギラ、海は凪~な本日のやんばるです。

吹く風がどこか爽やかで、灼熱~な感じも軽減されているように思えたり。

台風22号の影響は今のところ感じません。

沖縄島には今夜からうねりが入るそうですが…。

そんなに影響なさそうな気もするんですけど。

風は南~南東。晴天。

■■

何でも、本日から『くまのプーさん』の実写版映画が劇場公開されているのだとか。

『クマのプーさん』はA・A・ミルンの児童文学で、クリストファー・ロビン少年とプーと仲間達の物語。

それがディズニーのアニメ『くまのプーさん』になって、たぶん僕らがイメージするプーさんはこのアニメ版のほうではないでしょうか。

今回の映画は、大人になったクリストファー・ロビンに再会したプーと仲間達のストーリーなのだそうです。

で、昨日の夜今週末公開の映画を紹介するネット番組を見てまして、そこでこの映画も紹介されていたわけです。

そしてその番組を見ていて、今まで自分がプーさんについて大きな誤解をしていたことを知ることになりまして…。

それはですね、プーさんはクマではないのだということです。

いやだって『クマのプーさん』ですから、プーさんはクマだと思うでしょう。

どういうことかと言いますと、プーさんは動物のクマがベースのキャラクターだと思ってたわけですよ。

しかし昨夜、初めてプーさんがテディベアだということを知ったのですよ。ずっと誤解してました。

まあ原作読んだことなかったし、アニメもちゃんと見たことなかったもんですから…。

で、何でテディベアがハチミツ食べるんだろ…。それは番組では教えてくれませんでした…。

それはともかく、今回の映画で大人になったクリストファー・ロビンを演じているのがユアン・マクレガー。

ユアン・マクレガーといえば、スターウォーズシリーズ。ここで彼が演じたのは、ジェダイ騎士のオビ=ワン・ケノービでしたよね。

このジェダイ騎士の名前の『オビ』の由来は、実は日本語の『帯』なのだとか。そして『ケノービ』は、『黒帯(クロオビ)』を英語的発音にしたものなのだそうですよ。

■■

さて…

〈ヨウジウオ科ヨウジウオ亜科イシヨウジ属オビイシヨウジ Corythoichthys amplexus 18年8月6日 沖縄島安和グスク〉

学名種小名は『巻きついた、包囲した』の意。

褐色の帯が何本も巻きついている模様です。

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 最初の死者(エンマカクレエビ) | トップ | 黄金の噂話(コモンウミウシ) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。