Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

美ら海水族館(リュウキュウヤライイシモチ)

2006-06-29 15:36:11 | テンジクダイ科

読谷村(沖縄島中部)の定置網にかかったジンベエザメが、本部の海の美ら海水族館の生け簀に昨日移されたそうな。美ら海水族館には今オスのジンベエザメしかいないらしくて、このメスを水槽にいれて繁殖を目指すんだとか。

そういえば少し前に同水族館の水槽内でマンタが交尾したってニュースもやってたっけ。受精が成功してれば、来年子マンタが産まれるらしい。

実際の海中でも今は子育てや幼魚が目立ってます。

海は表層やや波あり。晴天に一時スコールの降る夏空。

060629

〈テンジクダイ科テンジクダイ亜科ヤライイシモチ属リュウキュウヤライイシモチ(Cheilodipterus macrodon) 06年5月23日 沖縄島崎本部ゴリラチョップ〉

口内抱卵中。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 灼熱(ハチマキダテハゼ) | トップ | セミセルフ(ワラエビ属の一種) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。