Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

篦棒(ヘラヤガラ)

2021-08-31 19:49:18 | ヘラヤガラ科

凪のコンディションが続いているやんばるです。

いわゆる夏の季節風とは少し違うようですが、十分に緩~い風で、半島の北側も南側も凪。

まだ数日はこのコンディションが続くようです。

風は東~北東。晴れ。

■■

『べらんめえ』

時代劇のセリフなんかでよく登場する言葉。江戸っ子が威勢よくまくしたてるときに口にする印象です。

この言葉は『べらぼうめ』がくずれた言い方なのだそうで、『べらぼう』は漢字では『篦棒』と書くのだそう。

程度が甚だしいこと、普通では考えられないこと、人を罵って言う語、なのだとか。

『篦棒』は寛文年間(江戸時代)の見世物小屋で評判になった奇人に由来するのだそう。

その奇人は全身が真っ黒で頭が尖り、目は赤くて丸く、あごは猿に似た容貌で、愚鈍な仕草で客を笑わせていたのだとか。

この人気を博した奇人の名の『便乱坊(べらんぼう)』が語源なのだそう。

つまり『ばか』や『たわけ』という意味で流行したのが最初で、のちに今の意味として使われるようになったのだとか。

では漢字の『篦棒』、つまり『篦』と『棒』が『便乱坊』にどう繋がるのかというと、そこに繋がりはなく、『篦棒』は当て字なのだとか。

しかし別の説によると、『べらぼう』は穀物を潰す『へら棒』が語源で、穀潰しの意味もあるのだそう。

この説だと『篦棒』という漢字にも繋がりますけど…。

■■

ところで、篦と棒といえば…

〈ヘラヤガラ科ヘラヤガラ属ヘラヤガラ Aulostomus chinensis 21年6月24日 沖縄島安和〉

学名種小名は『中国の』の意。

ヘラヤガラは漢字では『篦矢柄』と表記します。

ヤガラに近い種で篦(へら)のように平たいことに因んでこの和名が付けられたのだそう。

『矢柄』は矢から鏃(やじり)と矢羽根を覗いた幹の部分。

つまり棒…ですよね…。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« しのぶれど…(シノビイロウミ... | トップ | 透明な頭飾り?(スミツキイ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。