Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

皇帝のエメラルド(メガネアゴアマダイ)

2021-10-26 18:53:45 | アゴアマダイ科

気持ちのいい青空、気持ちのいい日差し、気持ちのいい涼風…。

秋の深まりを感じる心地よい一日だった本日のやんばるです。

台風20号は沖縄島からは離れたコースを北上中で、影響はなさそう。

それよりその台風が向かっている小笠原からの軽石が問題になっているこの頃です。

この先一週間も気持ちのいい秋晴れになりそうな予報です。

風は北~北東。概ね晴れ。

■■

『お眼鏡にかなう』

目上の人に気に入られること、または実力を認められたりすること、を意味する慣用句。

でもなぜこのような慣用句に『眼鏡』が出てくるのでしょうか。

眼鏡とは…

近視・遠視・乱視などの視力を調整したり、強い光線から目を保護したりするために用いる凹レンズ・凸レンズ・着色ガラスなどを使った器具のこと。

野比のび太がかけているやつや、古代進が波動砲撃つときに装着するやつですね。

でもそれとは別の意味もあって、それは…

物の善悪・可否を見きわめること。またその能力。めきき。

『お眼鏡にかなう』の『お眼鏡』は『ものを見分ける目』という意味で、そもそもは『ものを見分ける目にかなう』という意味だったのだとか。

それが転じて今のような慣用句になったのだそうです。

『お眼鏡』じゃない方の眼鏡はというと、紀元前8世紀のヒエログリフにレンズを表す絵文字があるのだとか。

そしてレンズで拡大してみることについての具体的な記録としては、紀元1世紀にローマ皇帝ネロがエメラルドを矯正レンズ代わりにして剣闘士の戦いを観戦したのだそうです。

エメラルドの眼鏡ですか…。さすが皇帝という感じですね…。

■■

さて…

〈アゴアマダイ科アゴアマダイ属メガネアゴアマダイ Opistognathus sp. 21年9月19日 沖縄島安和〉

和名はついていますが、学名種小名はまだないようです。

この子は比較的浅い水深(ー15mくらい)にいるので、じっくり粘れたりします…。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 皇太子の島々(バブルコーラ... | トップ | 小袖と鎧と将軍の駕籠(コシ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。