春陽亭からの便り
熱海・湯河原のフレンチレストラン
直営のタルト専門店ペシュ(Peche)
 



もうすぐバレンタインですね。手作りのお菓子に挑戦したい!~でもあまり自信が無い!

そんな方に、誰でも作りやすい、シェフおすすめレシピをご紹介します。

≪ブラウニー≫ 20cm×20cm 1台分

スイートチョコ  90グラム
無塩バター   100グラム
グラニュー糖  200グラム
塩       一つまみ
全卵       2ケ
薄力粉 50グラム・ココア15グラム ※一緒に振るう
クルミ 100グラム ※ローストして粗く刻む

型に薄くバターを塗り、パラフィン紙をしいておく

1.チョコレートを細かく刻む、バターも小さくカットして加え、
 電子レンジ、湯煎などで滑らかな状態に溶かす。

2.1にグラニュー糖と塩を加え、泡だて器で混ぜる。

3.卵を加え混ぜる。

4.粉類を1度にいれまぜ、粉気がすこしのこった状態にする。

5.クルミを加え、ゴムベラに持ち替え、粉気が丁度なくなるくらいまで混ぜる。

6.型に詰め、表面を平らにし、165度のオーブンで約25分焼く。

7.あら熱が取れたら、型からはずしてカットする。


※材料を一つづつ順に混ぜ、型に流して焼くだけなので手軽で美味しいお菓子です。
 ぜひ、挑戦してみてください。 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




以前 お客様から「タルト温めて食べると、焼き立てみたいでおいしいですよね~」

といわれた事があります。

正直、暖めて食べる事を前提に味を決めて来た訳ではないので、

「へ~、そうなんだ。」と少し驚いてしまいました。

でも、せっかく教えてもらった事なので、ちょっと試してみる事にしました。

※チーズのタルト

※レモンのタルト

※洋梨のタルト

※クリのタルト

※スイス風りんごのタルト

以上の商品を、電子レンジで15秒ぐらい、中の冷たさを取り

オーブントースターで 5~7分焦げない程度に温めました。

さて、かんじんの味見です。

とくに サブレ生地のタルト、※チーズのタルト※レモンのタルト※クリのタルトは

サブレ生地が、サックとして、どちらかというと、しっとりした当店のタイプと

またちがった食感が楽しめて、いい感じです。

全体的には、すこし空気が入ったように(スフレ的に)、ふっわとして、食べた感じが軽くなります。

また、ぜんぜんタイプの違う※スイス風りんごのタルトも 意外と美味しかったです。

いろいろ お好みもあることとは思いますが 

寒い冬 ホットタルトで 楽しいティータイム、新しい美味しさを試してみたらいかがでしょう。



人気blogランキング、今日も一押しお願いします.
ツイテル!








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2004.12.30、今日は寒い しかし寒い分空気が澄んでいて 水平線の向こうまで

とてもはっきり 景色が見えます。

三宅島もくっきり見えて! こんなにはっきり三宅島が見えるなんて めったにないなあ~

と思ってよくよく思い返したら 開業して20年 今日が最高に良く見えた日かもしれない

と気がつきました。 20年という時間の中の 最高の瞬間の一つに今遭遇しているのかと思うと

なかなかラッキーないい気分です。

以前は 島は見えなくても 噴煙が見えていましたが 今回は煙は見えませんでした。

火山活動も 収束して 島の皆さんが 安心して生活出来る日が 早く来る湯といいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )