未来を信じ、未来に生きる。

今に流されず、正論を認識し、社会貢献していく人生を切り拓くブログ道。

失業者の神経を逆撫でし、尊厳を踏みにじった自民党の坂本哲志衆院議員は辞任、辞職しろ。

2009-01-07 06:42:18 | 国内政治
 坂本総務政務官:派遣村発言 野党各党、辞任要求 「失業者に無礼だ」

 坂本哲志総務政務官が東京・日比谷公園の「年越し派遣村」に関し、「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まってきているのか」と発言した問題で、野党各党は6日、「失業者にあまりに無礼だ」(鳩山由紀夫民主党幹事長)などと非難し、罷免や辞任を求めた。

 坂本氏は6日記者会見し、「多くの皆さんにご迷惑をおかけした」と発言を撤回、謝罪した。

 だが民主、社民、国民新の3党国対委員長は、坂本氏の辞任要求などで7日に対応を協議することにしており、国会論戦への影響は拡大しそうだ。

 鳩山氏は衆院本会議代表質問で「撤回して済む話ではない。満身の怒りをもって即刻、解任を求める」と述べた。5日夜の国民新党幹部との会合で問題視する発言が相次いだことを受け、急きょ代表質問に盛り込んだ。

 共産党の市田忠義書記局長は「職業と住居を失ったのは企業の都合と労働法制の規制緩和が原因だ。反省もなくよく言えたものだ。罷免が当然」と断言した。社民党の福島瑞穂党首は「津波を起こした張本人が『自己責任だ』ということ自体が許せない。辞任を強く要求する」と語った。国民新党の亀井久興幹事長は「地方自治を扱う立場の人の発言として極めて残念。自らお辞めになるべきだ」と指摘した。

 麻生太郎首相は6日夜、首相官邸で記者団に「本人も発言を撤回し、陳謝しているので、それ以上追及して解任というようなことを、今の段階でするつもりはありません」と述べた。【佐藤丈一】

(出所:毎日新聞 2009年1月7日 東京朝刊)

坂本政務官の罷免要求
市田書記局長 「政治災害に無反省」

--------------------------------------------------------------------------------

 日本共産党の市田忠義書記局長は六日、坂本哲志総務政務官が年末年始を「年越し派遣村」で過ごした人たちにむかって「本当にまじめに働こうとしている人たちか」などと発言したことについて、「国会議員の資格が問われる重大な発言だ。政務官の資格がまったくない。罷免が当然だ」と述べ、同政務官の罷免を求めました。国会内で記者団の質問に答えました。

 市田氏は「自分たちの政治がつくり出した『政治災害』の被害者にむかって言う言葉か。寒空に住むところも食料もなくなったのは、働いている人には何の責任もない。企業の一方的な都合と、(首切りを容易にした)労働法制の規制緩和が原因だ。それへの反省もせずに、『まじめに働こうとしている人か』などと、よくもそんなことがいえたものだ」と厳しく批判しました。

(出所:日本共産党HP 2009年1月7日(水)「しんぶん赤旗」)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「党旗びらき」での日本共産... | トップ | 自民党の河村建夫官房長官も... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ()
2009-01-07 10:22:37
日比谷公園で派遣村を勝手に立ち上げた、「湯浅誠」。
 ・「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」事務局長
 ・生活保護受給者らと仕事起こしを行なう「便利屋あうん」代表

倒産した、家賃保証・連帯保証代行会社「株式会社リプラス」
 ・元社長は、在日コリアンの姜裕文。
 ・湯浅率いる「もやい」と提携し、実質もやいのスポンサー企業。
 ・もやいがネカフェ難民やホームレス等の生活困窮者をリプラスに連れてきて
  もやいが連帯保証人になり、その時点で\8,000を彼らの生活保護費などから徴収、
  リプラスが家賃保証、関連リサイクル屋の「あうん」から『一人暮らし家具パック』を
  \10,000~\40,000強の間で購入させる。
  生活困窮者が夜逃げをすれば彼らが入居していた部屋に残した
  『一人暮らし家具パック』を、もやいが回収・再販。
 ・即ち、取りっぱぐれ無しの「究極のリサイクルシステム」が完成していた。

もやいは貧困層自立支援を謳い文句に、連帯保証人代行をしているというが、
実際には有料の連帯保証人代行と、生活困窮者が夜逃げした後の
『一人暮らし家具パック』を回収し、これまた有料でリサイクルのリサイクルを
くり返すという、貧困層をターゲットとしたビジネスでしかない。

しかしリプラス倒産により、湯浅率いる「もやい」「あうん」はスポンサーを失った。
今回の派遣村騒動は、湯浅らによるメディア露出を使った新規スポンサー探しと、
彼らが抱えている「不良債権」を行政に押しつけて一時待避する目的もある模様。

そしてこういう裏事情を、マスゴミ各社は全く報道しない。

コメントを投稿

国内政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

【雇用崩壊】国民の痛みを理解出来ない坂本総務政務官は国会議員たる資格無し【暴言王】 (ステイメンの雑記帖 )
 景気後退の波が直撃したトヨタが新たに国内の直営全12工場で2~3月に計11日間操業を休止し、その一部を賃金がカットされる休業日とする方向で調整が進められるなど、 労働者を取り巻く環境は日々悪化 し続けている。  そんな中、東京の日比谷公園などでNPOやボラ...