未来を信じ、未来に生きる。

今に流されず、正論を認識し、社会貢献していく人生を切り拓くブログ道。

名古屋地下鉄談合4社に名古屋市幹部職員が天下り

2007-03-14 21:48:54 | 国内政治
名古屋地下鉄
談合4社に天下り
共産党調査 市の幹部職員

--------------------------------------------------------------------------------

 名古屋市発注の地下鉄工事をめぐる談合事件で、談合に関係する建設業者十五社のうち四社に、部長級以上だった市幹部職員四人が天下りしていたことが分かりました。

 日本共産党の田口かずと市議が十二日、市議会総務環境委員会の質問の中で、党の独自調査として明らかにしたもの。天下りが判明したのは、鉄建建設、戸田建設、大本組、前田建設工業です。四社は、談合が判明した地下鉄工事の五工区を落札した五つのJV(共同企業体)の四JVにまたがっています。

 田口市議は、調査結果を示し、「退職時の部局と公共事業を受注する関係にある企業への再就職をさせるべきではない」と質問しました。

 総務局人事課の宮村喜明課長は、「天下りの全体はつかんでいない」とした上で、「地方公務員には(天下りの)法的規制がない。疑惑を招かぬように、再就職後二年間、市に営業活動しない誓約書などで徹底する」と従来の答弁を繰り返すにとどまりました。

 党市議団はこれまで、「市の公共事業を受注する企業に、天下りすることが談合の温床になっている」として天下りの廃止を求めてきました。

 名古屋市は八日、市幹部職員の再就職先を七月に公表すると発表。今年度末の退職者に加え二年以内の退職者も含めて、氏名、退職時の役職、再就職先企業名なども公表対象にするか検討しています。

(出所:日本共産党HP 2007年3月14日(水)「しんぶん赤旗」)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 都民が石原知事を告発ー政治... | トップ | 日本共産党は都知事選をどう... »

コメントを投稿

国内政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

07/03/15  ごまめのつぶやき 国際条約とは (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07/03/15  ごまめのつぶやき  昨日は[日豪安保宣言]について書いた。  国際条約とはと私の年代の人間には何を思い出すかといえば、「日独伊三国同盟」だろう。  それから「日ソ不可侵条約」だ。  だから国際条約と云えば良い思いは持っていない。特に「日ソ不可...
カレーの中にネズミ  くたばれ○●党 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 今日のアサズバで、あじさい茶屋 新小岩店でカレーの中にネズミが入って死んでいたそうだ。  このお店は急遽店を閉じ、表に謝罪の広告を出してカレーを食べた十数名の被害者を探していると放送していた。       ネズミがどのようにして入ったかは責任だが、後の...
「国民投票法案」30日強行採決か? (競艇場から見た風景)
29日に委員会強行採決、30日に本会議強行採決となる可能性もあるのでは? 国民の意思を汲み取らず、十分な議論がされないまま、数の力に於いて「改憲推進法案」を強行採決させてはならない!22日に中央公聴会 国民投票法案で与党が単独議決衆院憲法調査特別委員会(...