ウリパパの日記

自由気ままに・・・

霞ヶ浦地球科学センターからの夕焼け 2019.12.12

2019-12-14 12:33:12 | 茨城県

霞ヶ浦の地球科学センター展望台からの夕焼けを紹介します。ダイヤモンド富士が終わってから、160km先の富士山のシルエットと影富士が浮かびあがりました。

 

富士山の南には蛭ヶ岳から大山にかけての丹沢の山々。

 

もう少しズーム。最高峰は蛭ヶ岳(1673m)、鬼ヶ岩、不動ノ峰、丹沢山(1567m)と連なります。その南には塔ノ岳(1491m)。

 

富士山の北側には標高2000m前後の大菩薩の山々が南北に連なり、その手前から奥多摩の山々が北へ標高を上げていきます。最高峰は雲取山(2017m)。

 

黒岳(1988m)から大菩薩嶺(2057m)にかけての大菩薩の峰々をズーム。

 

鷹ノ巣山から雲取山(2018m)にかけて標高を上げる奥多摩の峰々。

 

奥多摩の先には標高2000m~2500mの奥秩父の峰々を遠望します。

 

唐松尾山(2109m)から雁坂嶺(2289m)に続く奥秩父の峰々をズーム。その右奥には北奥千丈岳(2601m)と国師ヶ岳(2592m)を遠望します。国師ヶ岳までの距離は145kmあります。

 

さらに北側をズーム。破風山(2318m)の北の3つのピークは、左から木賊山(2469m)、甲武信ヶ岳(2475m)、三宝山(2483m)。

霞ヶ浦を南下し行方市まで行くと、奥秩父連山の北側に八ヶ岳を遠望することができます。11月20日の記事で紹介したので、そちらを参照ください。

 

最後にダイヤモンド富士を再掲して夕焼けの紹介を終わります。

さて、今日は地元八王子からのダイヤモンド富士です。眩しいダイヤになりそうです。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 霞ヶ浦環境科学センターから... | トップ | 大洗磯前神社の日の出は空振... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

茨城県」カテゴリの最新記事