ウリパパの日記

自由気ままに・・・

平成31年八王子七福神巡り 2019.1.3

2019-01-03 19:24:43 | Weblog
平成最後の正月を迎えました。元旦、2日と新年の飲食が続いて体重が2kg増加しました。急激な体重増加は体に負担がかかるため、適度な運動が必要です。早速、今日の午前中に八王子八福神を巡ってきました。


京王線山田駅まで2駅電車に乗り、スタート地点の伝法院からスタートです。


掲示板にタクシーでめぐる七福神めぐりの案内。このポスターは初めて見ました。平成最後にタクシーで七福神をめぐるお年寄りの方が多いのかもしれません。成田山八王子分院伝法院には恵比寿天が祀られています。


続いて毘沙門天の本立寺


福禄寿が祀られている金剛院の福寿堂。


信松院では布袋様のお腹を撫でてから、公開されている松姫様の像(信松尼座像)を見学。そして松姫のお墓を見てきました。


松姫尼公墓の説明です。


続いて、走大黒天が祀られている善龍寺。


新護弁財天の了法寺。萌え寺もすっかり定着です。


中央が新護弁財天、右は源頼朝、左は十五童子の像です。


数年前にお目見えした弁財天様。


寿老尊が祀られている宗格院です。同じお堂に咳・咽の地蔵尊「せき地蔵」が安置されています。


お堂の近くに二宮金次郎の像が佇んでいました。毎年訪れていますが、今まで全く気づきませんでした。もともと八王子市立第2小学校にあったそうです。


12時前に最後の吉祥天に到着。8つ目の御朱印を押してもらい七福神めぐりを終了です。最後に色紙に日付を入れてもらいました。福徳自在の神様「吉祥天」が仲間入りして、八王子の“八”と末広がりの“八”にちなんだ八福神となっています。ここはトトロに会えるお寺でもあります。


鐘楼で鐘をつきます。毎年恒例となっています。


そして、高尾山遥拝所。高尾の自宅もこちらの方角になります。

最後に南浅川の様子を紹介しておきます。秋から冬にかけて雨量が少なく、あちこちで干上がってしまいました。


睦橋付近では川底が姿を見せ始めています。今朝の八王子の最低気温は-4.1℃。この冷え込みのため、日陰ではまだ凍結していました。


陵東橋から西側を眺めます。この付近は完全に干上がっています。
ジャンル:
ご近所ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 長沼公園東尾根から至仏山を... | トップ | 八王子雲龍寺の達磨大師御開... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事