ウリパパの日記

自由気ままに・・・

元旦の朝の眺望(金刀比羅宮より) 2019.1.1

2019-01-01 23:41:22 | 自然
初日の出を拝んだ金刀比羅宮の標高は約300m。北関東から相模湾にかけての関東平野を一望できます。正月は空気が澄んでいるため遠望が期待できます。今朝は冬型の気圧配置が緩み、北関東の山々を眺める条件が揃いました。2013年元旦に匹敵する遠望を期待したのですが、残念ながら今一つの結果でした。


日の出前の東京スカイツリーから東京タワーにかけての景色。


東京スカイツリーをズーム。


千葉県方面の山々です。双峰は富山、その左には愛宕山や鋸山が見えています。


南には江ノ島。


東京都心の北には筑波山と加波山。湿度が若干高いためか、やや霞んでいます。


日の出前にはぼんやり見えていた日光連山。太陽が昇ると白く輝き、稜線が見え始めました。


目を凝らすと高原山がうっすら認識できます。那須方面は雲の中。八溝山は霞んで見えません。


冠雪の赤城山です。

北関東方面は今一つの眺望に終わりました。日が高くなると、雪山はもう少し見えやすくなるかもしれません。
ジャンル:
ご近所ニュース
コメント   この記事についてブログを書く
« 雲の間から平成最後の初日の... | トップ | 長沼公園東尾根から至仏山を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事