ウリパパの日記

自由気ままに・・・

片倉城跡公園のカワセミ 2020.2.22

2020-02-22 17:15:29 | 自然

今日は日本海で発達中の低気圧に向かって南風が吹き4月並みの陽気になりました。八王子では最低気温4.6℃、最高気温18.3℃、最大瞬間風速17.4m/sを観測しています。関東地方では今日春一番が吹いたと気象庁から発表がありました。関東地方北部まで南風が入り、関東各地で気温が15℃を越えています。

昼前から花粉が大量飛散している様子で、今年初めて花粉症の症状に見舞われました。春一番の翌日は冬型の気圧配置となるため、明日以降はさらに多くの花粉が飛びそうです。つらい季節に突入しました。

午前中は青空が広がったので、花粉症の症状が出る前にちょこっと片倉城跡公園に出かけてきました。そして、今年初めてカワセミに出会いました。

 

彫刻広場の様子。カメラマンが一人もいないので、今日もカワセミは無理かなと思い、まずは片倉沢へ向かいます。

 

日なたではセツブンソウが咲いています。今年は2月初めに咲き始めたので、随分と長い間楽しめることになります。

 

5mほど離れたところでは、たくさんの花が咲いています。今年は暖冬で雨が多いためか、例年より花数が多いようです。

 

北斜面の福寿草は、そろそろ終わりです。

 

散策路に近いところでポツンと一輪咲いていました。

 

斜面の下にも群生しています。

 

奥の沢周辺では、早くもアズマイチゲが咲いていました。他にも蕾を数輪見かけたので、日が差し込む昼頃には、一斉に花が開いたのではないでしょうか。但し散策路から10m以上離れた場所です。近くで見ることができる住吉沼近くのアズマイチゲはまだ姿を見せていません。

 

片倉沢手前の斜面では、早くもカタクリの葉が顔をのぞかせていました。暖冬の今年は恐ろしく開花が早そうです。もしかしたらカイコバイモもと思い周囲を探しましたが、さすがに早かったようです。今後の気温次第ですが、2週間後にはこれらの花が咲き始める可能性があります。

再び、はす沼に戻り、カワセミの姿を探していたところ。。。

 

小枝にとまっている姿を発見。その後、ホバリングとダイビングを見せてくれました。

 

別な枝で池の様子を伺います。

また、ホバリングを見せてくれましたが、コンデジではその瞬間を捉えることはできませんでした。連写ができるカメラが欲しいですね。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 大洗磯前神社 神磯の鳥居から... | トップ | 令和2年2月22日22時22分22秒 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事