ウリパパの日記

自由気ままに・・・

ひたちなか海浜公園の黄金コキア 2020.10.28

2020-10-28 21:03:02 | 茨城県

最近、週末は老人ホーム探しやマンション(自宅)の管理組合のお仕事、自分の病院通い(歯の治療等)などで息つく間もなく、日曜日夜から金曜日夜までの単身赴任中に休息をとることが多くなってきました。ところが、今週日曜日夜に友部へ戻る際に、高尾と友部の往復に使用している車の調子が悪くなってしまい(発進時にカーエアコンを付けると異音)、コンプレッサーに異常があるとエンジンベルトが損傷する可能性あるため、急遽内原のディーラーに連絡をとって点検をお願いしたところ、1年半前に交換したファンベルトが緩んでいたことがわかりました。最近コロナ渦の影響で茨城県との往復には全く電車を利用しないため、1年間で2万kmを超える走行距離となってしまい、半年毎の定期点検では不足していたようです。何とか今回のトラブルは無事解決して安堵。

幸い、今週は会社の業務が閑散期に入っているため、車の修理に出かけた昨日午後に続き、今日も午後からアパートで在宅勤務としました。昼の休憩時間にアパートへ戻る時間を利用して、勝田駅からひたち海浜公園に寄り道して、黄金色に染まったコキアを見てきました。仕事は働き方改革が導入されてコアタイムが撤廃されたため、何時間休憩を取得しても全て自己責任で問題ありません。今月は健康管理時間がかなり多くなっているため月末に帳尻を合わせる必要があることも、こじつけ理由です(笑)

勝田駅から海浜公園までの1日フリー切符は勝田駅からの往復のバス代と公園の入場券がセットとなって何と680円。正規料金のほぼ半額と大変お得です。今日はフリー切符を利用することにしました。

 

今日は天気が今一つ。午前中は晴れ間も見えていましたが、午後からゆっくり下り坂です。見晴らしの丘に到着したときは低い積雲が日差しを遮っていました。コキアは終盤を迎えているため、先週水曜日(21日) に訪れたときに比べて人出はとても少なくなってきました。

 

コスモスは満開です。

 

積雲が抜けて薄日が差してきました。まずは、いつもの場所で丘を見上げます。

 

コキアはこの1週間で紅色から黄金色に変化しました。

 

見晴らしの丘からコスモス畑に囲まれたコキアを見下ろします。紅色のコントラストが綺麗です。濃い紅色のコスモスは " ダズラー" です。今年からお目見えしました。

 

薄日があたって黄金色に輝くコキア。夕日を浴びると、より一層鮮やかに輝くのですが、今日は難しそうです。

 

丘を下ります。

 

満開のコスモスとの共演

 

空を見上げると、うっすらとハロが見えていました。

 

下ってきた丘を見上げます。

せっかくフリー切符で訪れたので、大草原フラワーガーデンまで足を延ばすことにしました。

 

パンパスグラスと観覧車

 

イソギクの蕾が膨らんできました。もうじき開花しそうです。

 

砂丘エリアで咲き残っていたカワラナデシコ

 

ハマギクはひたちなか市の花です。

 

ちょっと遠回りしてから大草原フラワーガーデンにやってきました。色とりどりのコスモスが咲いています。

 

珍しい色のコスモスです。

 

常陸ローズガーデンのアイスバーグ

 

記念の森散策路で見かけた原種シクラメンです。

 

再び、みはらしの丘に戻ってきました。一瞬青空の中に太陽が姿を出しましたが、再び厚い雲に隠れてしまいました。黄金色に輝く姿を見るのは来年の楽しみとしましょう。

 

最後に満開のコスモスと黄金色のコキアを目に焼き付けて、臨時直通バスで勝田駅へ戻りました。長い長い昼の休憩でした(笑)

 

(参考)2016年11月3日の黄金コキア (最後に夕陽に輝くコキアの写真があります)

ひたち海浜公園のコスモスとコキア 2016.11.3 - ウリパパの日記

 


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿字ヶ浦の「ほしいも神社」 ... | トップ | 紅葉の日光へ(1) 半月山展望... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

茨城県」カテゴリの最新記事