うりログ【別館】

観劇シロートの感想文とひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4/25M『レ・ミゼラブル』大楽

2006-04-26 | 感想文:ミュージカル
大好きな別所バルジャンが大千秋楽をつとめると知った日から、この日を死ぬほど楽しみにしていました。そしてそれと同じくらい、この日がくるのを死ぬほど恐れていました。03年に始まった新生レ・ミゼラブルが、この日生劇場での公演で一区切りだという噂が流れる中、演じるほうも観るほうも、それぞれの思いを胸一杯にかかえて迎えた千秋楽。席に着き、客電が消えただけでもう泣けてきたですよ。いくらなんでも早すぎるってば!>自分。

『レ・ミゼラブル』
4月25日(火)マチネ 1階M列サイド
(別所・岡・新妻・マルシア・剣持・岡田・駒田・森・東山)

今まで通り心に残ったシーンをあげていこうかと思ったんですが、ちょっともうワタシには無理です。どのシーンも本当にすばらしく、どのシーンを観ても別バルはイイ!(オイ>自分)。とにかく全キャスト、プリンシパルからアンサンブルに至るまで、魂のこもったすばらしい舞台でした。それが観客にもひしひしと伝わってきて、芝居が緊迫する場面では水を打ったような静けさ、そして素晴らしい歌の後には惜しみない拍手。あ、giraさんのサイトでとてもすばらしく細かい感想を書いてくださってますので、どうぞ読んでください! 舞台の感動が蘇ってホント、泣けてきます。

それでも、ワタシの心を捉えたシーンをあえていくつかあげるとすると、胸が張り裂けるほどの迫力だった〈独白〉、〈民衆の歌〉や〈最後の戦い〉での東山アンジョの立ち振る舞いや学生たちの疾走感、〈彼を帰して〉のせつないほどの美しさ、〈告白〉から〈結婚式〉を経て〈エピローグ〉に至るまでの、別所バルジャンと岡田マリウスの関わり、でしょうか。ほかにも駒テナの〈下水道〉や岡ジャベの〈自殺〉も鳥肌立ちました。っていうか、ほんと、どのシーンも全部よかったのです。

カーテンコールがまた皆さんステキだったのですが、まずは東山くんの涙にヤられました。彼は今日は舞台でも涙を見せていたのですが、今まで彼の涙を見たことがなかったので、速効オチましたよ、ワタシは。そして次に、全てを出し切ったのでしょう、まるで抜け殻のような姿で真ん中に立つべっしーに号泣。次に、本田美奈子さんのことを語る岡さんの涙でもらい泣き、最後に今回で一旦解散するアンサンブルの皆さんを労うべっしーの涙で嗚咽。舞台同様カテコも泣きまくりでした。

あああ。そしてもう本当に06年のレミゼは終わってしまいました。今ワタシの中には寂しさと穏やかな清々しさと感謝の気持ちが同居しています。思えば去年の同じ4月、帝劇でレミゼを観て別所バルジャンに出会って、それまでミュージカルや演劇に何の縁もなかったワタシの生活が一変したのでした。まさに♪不思議ね~ワタシの人生~今始まった感じ~♪です(笑)。あのとき誘ってくれたAちゃんに感謝! それから約1年。『レミゼ』以外にもいろいろなミュージカルを見たり、初めての遠征なんかもしましたし、オトモダチも増えました。財布は軽くなったけど、心はむちゃむちゃ豊かです。シアワセだー。ワタシの生活に新しい彩りを加えるきっかけになってくれた『レ・ミゼラブル』とそのカンパニーに、そして素晴らしいバルジャンをみせてくれたべっしーに、たくさんのアリガトーーー!を。また来年、会えるのを楽しみにしているよー。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 4/23S『レ・ミゼラブル』の... | トップ | 新生レミ、お気に入りキャス... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (アツコ)
2006-04-27 00:36:07
今はまだ放心状態かしら??

1月の超楽しかった梅田遠征から昨日の楽まで、ホントお疲れ様でした。去年誘った時点では、まさかうりがこんなにハマるとは思ってもいなかったっすよ、マジで。



「財布は軽くなるけど心は豊かになる」、正にそのとおりです!

私も観劇に目覚めたときは、冷静に考えると毎回毎回1万円前後のチケット代を払っていることに慄いたものの、それを補って余りある心の充足感が得られたものでした(そしてそれは今も続くのであった)。



・・・なので私が5月にエリザに通い倒そうとも、某氏を追いかけて8月に仙台まで行こうとも、冷たい目で見ないでね~(笑)。
うっかり (yaya)
2006-04-27 01:14:41
第2次製作発表の動画を見てしまいました…

(:_;)(:_;)



明日が、この製作発表記者会見の日で、

私も、この会場ににて、

「これから、今期レミが始まるのだ!!」という

高揚感と幸福感の中にいることが出来たなら

という叶わぬ夢を抱いてます。



>アッコさん



終演後のべっしに萌える会で

つい、気になり?アッコさんについても

うりちゃんにお伺いしてしまいました。

アッコさんの気持ちが非常によく分かる人間が

私の隣に…(爆)



仙台全然オッケーです。

私は別方面の追っかけで、北は北海道・南は九州、

果てはバンコク、パリ、ロンドン、マドリッド、リスボン!

って感じなので、非常に暖かい目で見守ることが

可能なので御座います。



老後は松竹株式会社に面倒見てもらおうかと

思ってましたが、

東宝さんにもお願いしたい今日この頃です。

現世に戻ってこれません… (うり子)
2006-04-28 16:16:37
>あっちゃん レミが終わったことにも放心してますが、ふと現実に目を向けて、仕事の山を前に、別の意味で放心しています(笑)。

いやほんと、あれから1年経ったわけですよ。人生いつどこにどんな落とし穴が待っているか分かりませんね(笑)。いや、落ちて嬉しい穴なのですが。8月の仙台はもう決まったのねっ。ふふふ。あっちゃんの暑い夏が始まるね~。はぁー、ちょっと裏山…。

何はともあれ来月エリザよろ!



>yayaさん 来年レミがあることだけはハッキリしたものの、キャスト替えの詳細がわからないので悶々。今までになく辛い千秋楽後の毎日ですよね~(涙)。はうー。はやいとこキャスト発表してほしいです。身が持たないです。

コメントを投稿

感想文:ミュージカル」カテゴリの最新記事