うりログ【別館】

観劇シロートの感想文とひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『犬顔家の一族の陰謀』今さらプチ感想

2007-08-27 | 感想文:その他
しばらくレミ漬けだったので、あまりのジャンル違い(笑)についていけるか、正直心配だったんだけど、オープニングの目つぶしライトとハードロックのリズムで、「あああ、新感線だー」と、速攻で体中が納得しました(爆)。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ゲキ×シネ『SHIROH』

2007-03-07 | 感想文:その他
昨日、無事『SHIROH』観てまいりました。いやーっ、久しぶりに嗚咽堪えて喉が痛くなったですよ。客席みんな啜り泣きまくり。帰り道では顔がすっかりすっぴんになってパリパリしてました。 やっぱり曲がいいよなー。宗教がかった曲って個人的にスゴク好きなので、かなりグッときました。ストーリーのうねりというか、勢いもカタルシスー。他に観た新感線の舞台(メタマク&朧)では、ラストの〆方だけが「うーん、もう一歩 . . . 本文を読む
コメント (5)

ゲキ☆シネ『メタルマクベス』

2007-02-10 | 感想文:その他
昨日、映画館オープン初日に観に行ってきましたー。 エレベーターが混んでて、ギリギリに行くと間に合わないかも。 いわゆる中日劇場状態ですね。 . . . 本文を読む
コメント (2)

『朧の森に棲む鬼』観てきました。

2007-01-21 | 感想文:その他
って、観てきたのは先週の水曜日なんですがっ。記憶が薄れつつあるのですがっ。 . . . 本文を読む
コメント (2)

『黒蜥蜴』

2006-12-01 | 感想文:その他
ひゃー。もう12月になってしまった。今月は一大イベントがあるので、観劇予定は16日の『MA』@2回目だけです。(はぁ~去年の12月は『34丁目の奇跡』でほっこりと盛り上がっていたのになぁ(寂)。その前に、先日ベニサン・ピットで『黒蜥蜴』を観てきたので軽く感想を。 . . . 本文を読む
コメント (3)

『ココロとカラダに効く~ビタミンMusical~』

2006-09-25 | 感想文:その他
5ヶ月ぶりの生べっしー堪能してまいりました。 . . . 本文を読む
コメント (11)

『NOTHING BUT MUSICALS ゴージャス~SHOWしま賞!!~』プチ感想

2006-09-04 | 感想文:その他
レミのキャストスケジュール発表で、すっかり頭が別世界に吹っ飛んでしまいましたが、昨日千秋楽を迎えネタバレもOKということで、先週金曜日に観てきたタナボタ企画『NOTHING BUT MUSICALS ゴージャス~SHOWしま賞!!~』(タイトル長っ)初日の感想をチラリと。 『NOTHING BUT MUSICALS ゴージャス~SHOWしま賞!』 タナボタ企画公式サイト 9月1日(金)ソワレ 日 . . . 本文を読む
コメント (6)

『巨匠とマルガリータ』の感想文

2006-03-25 | 感想文:その他
今朝『メタル・マクベス』のチケットが届きました。やっぱり後ろの方の席でした。 さて、昨日はモスクワのユーゴザーパドという劇団による『巨匠とマルガリータ』を観て来ました。ワタシにとってほぼ初めてのストレートプレイ。しかも字幕ものであります。客層は観劇通とロシア愛好家?が混ざっている感じで、7割方がオーバーフィフティ? 男性率も高かったです。ロビーではロシア雑貨なんかも売っていてちょっと可笑しかった . . . 本文を読む
コメント

ミュージカルCD『BEST MUSICAL 2』の感想文

2006-03-20 | 感想文:その他
先日発売された『BEST MUSICAL 2』を友だちから借りました~。収録曲は以下の通り。 1 君住む街で「マイ・フェア・レディ」より / 浦井健治 2 ホワット・ユー・オウン「レント」より / 石川禅&橋本さとし 3 テイク・ミー・アズ・アイ・アム「ジギルとハイド」より / 石井一孝&剣持たまき 4 ホワイ・ゴット・ホワイ「ミス・サイゴン」より / 石川禅 5 夜のボート「エリザベー . . . 本文を読む
コメント (6)

『屋根の上のヴァイオリン弾き』BW版CD感想文

2006-02-25 | 感想文:その他
 先週Aちゃんに借りてから、忙しくてちゃんと聴くヒマがなかった『屋根の上のヴァイオリン弾き』BW版のCDですが、本日やっと歌詞カード観ながらヘッドフォンで集中して聴きました(ちなみにルヴォー演出版)。  まず最初に思ったのは「みんな歌、うまー」ってことです。先日日本版を観て、この演目は演技が重要だ!と思ったワタシですが、やっぱり歌も上手いにこしたことはないわけで、その点で大変感動しました。それにや . . . 本文を読む
コメント