小説投稿日記

2016年5月に投稿!!
→ 2017年5月に×ぬ

仮想敵にならなかった

2014-04-30 16:54:53 | 日記
K・Uのことを仮想敵にしてたけど、現実問題として全然仮想敵じゃなかったよ。

強すぎて、足下にも及ばない。

M・Iもむり。こいつも売れてるから。

某賞を獲ったというだけで、もはやあこがれの的だもんな。

どうしようもないよ、わたし。
コメント

作家気取りのわたし

2014-04-30 16:20:47 | 日記
作家志望と距離を取ろうと思ったけど、やはり小説を一緒に書く人は必要。
そうすると、手軽に出会えるのは作家志望しかいない。

自分が作家気取りだと知る。
わたしのどこが「作家」だと言えるの??

代表作もない。
売れてない。

かぎりなく自費出版に近いよ。
スーパーハイワナビ。

その言葉が一番いいよ。

自費出版と一緒だよ。
自分が作家だなんて思わない方がいい。

作家っていうのはね。超有名な賞を取った人なんだよ。
その後、著作が出てなくても、いいんだよ。

ラノベなんて書いている人は、作家扱いされないんだよ。
ものすごく売れてたらいいけど、わたしはむり。

作家気取りで助言なんかするな。
勘違いするな。
わたしは作家ですらない。
それ以前。


いばるな。
自慢するな。
自分のヒエラルキーを思い知れ。


作家志望から見たら、最低ランクなんだよ。
ラノベ作家は作家じゃない。
少なくともわたしは「作家」として作家志望者からは認められない。
コメント

あわれやな

2014-04-27 21:33:56 | 日記
編集さんに鍛えられない作家って憐れだと思う
作家として伸びないから
技術力がつかない

相手にされない作家
相手にしてくれる人を探そうともしない作家

いや、そもそもそれ作家ですか

わたしの中では作家じゃないが、本人はプロ作家
プロ作家気取り

あの人、プロになったのが間違いだと思うよ

おまけにいろんな人が、あの人のまわりにいて、あの人はいろんな人と仲がよいみたいやけど、自分の技術力の向上になってるんだろうか

作家の仕事をなめるな

友人が誘ってきたり、家に来たり、泊まってきたりするが
この仕事、そんなに暇だと思ってるのか?

この友人がバカなのはずっと前からわかってるけどさ
団塊の世代の父親が大学に行ってることが、普通じゃないって知らないみたい

自分でもバカだと気づいているが、バカすぎるということは気づいていない

コメント

精神的外傷を負ったあそこ

2014-04-23 21:12:13 | 日記

わたしが猛烈な精神的外傷をおったあそこ。

はじめて出たのが、2006年。名前を訊かれて、よくわからなくて答えて、そういうものなのか? と思い、わたしも訊いたら、「おおやけの場だから」と言われ、「こういうところではねえ」と寄生虫にもた。その時点でおかしいと気づくべきだった。いや、気づいたけど、わたしもよく知らなかった。おかしいな?? こいつら、おかしいな?? と思ったんだ。

その後、いろいろあったよ。そいつと寄生虫2人でわたしをまったく無視して、ラフのやりとり。それ、わたしの前ですることじゃないだろう?
そのときも、おかしいな?? こいつら、おかしいな?? と思ったんだ。

寄生虫が、プロ作家自慢していたけど、実は、どうしようもない小物だと判明したのはいつだったか。

わたしにだけPN教えなかったけど、そりゃそうだ。本当に小物どころの騒ぎじゃないもん。あそこまで自慢しておいて、言えるわけがない。

その後、「『これ』で消える」って言われたのが、2007年。日記によると「×年以内に消える」とも言われた。
本来なら、そこでやめるべきだった、というより、そもそもそれ以前でおかしかったのに、そこでやめると悔しい気がしてまた出たんだ。

仕事の問題もあったからな。

2009年8月までは、あいつに呼ばれてほいほい出て行く生活をしていた。わたし、なに考えてたの??
わざわざ呼び出しが入って、ほいほい出て行くっておかしいよ。仕事がほしかったんだろうけどさ。だって、そうとしか考えられないもん。日記によると、その後もほいほい呼び出されて朝までつきあわされてたよ。

あいつがくれる仕事って、どうしようもない廉価な、どうしようもない仕事なのに。
「紹介する」という言葉で、わたしはつながれていた。

結果、紹介されなくて本当によかった。ナツは、よく逃げたよ。方向性が違ったから、あいつと一緒にはいたくなかったんだろうしな。あいつは、「ナツに仕事をやろうかと思ったがやめた」と言ったが、それも違う。初めからやる気なんかなくて、わたしに「自分と一緒にいたら仕事あげますよ」というアピールがしたかっただけなんだ。

そして、2010年末頃に、名前だけは有名なところからわたしに依頼が来て、それを自慢したから、それが最後の出没になる。いまから3年か。


意外についこの間のことだなぁ。早く過去のできごとになってしまいたい。3年ではどうしようもない。

コメント

距離を置く

2014-04-23 21:11:25 | 日記

作家志望とは距離を置かないとな。
KOさん、小説書かないもん。「いつか」なんて言ってたら、いつまで経ってもむりだよ。
KAさんと仲良しということも知って、「じゃあ、KAさんに教えてもらえば」と思った。
KAさんと仲が良くて、KAさんは小説を教えたいらしいから、あの人に教えてもらえばいい。わたしに訊く必要はない。わたしは、作家を育てたいとは思わないし。あの人は、自分のこと偉いと思ってるから、教えるの、好きなんだよね。自分のこと、プロだと思ってるから。
「自分の話なんか誰も聞かない」て、それは方法の問題だ。小説講座開いて、人が集まったら聞いてくれるよ。集まらないだけで。というか、それなりに集まってるじゃないか。あの壮絶にクソ高いクソ料金で。それでも行く人がいるんだもんねえ。
あそこに本気でプロ作家目指してる人いないよ。
すごいサークルだと自慢してるけど、受賞した人で、いま「作家」て言える人、いないだろう。
コメント