日々のつれづれ

日々うららかでありますようにと願ったけれど、平穏な日々は続かない。
穏やかな老後は訪れるか。

秋 見つけた

2018-10-14 | Weblog

嬉しい事に少し歩けるようになって、近くの大型公園まで散歩できるようになった。

先日夫と二人で公園まで散歩した。

センターハウスの前で  見つけた。

     

コメント (4)

台風24号

2018-10-01 | Weblog

9月30日の夜から10月1日にかけて台風による風雨が心配された。

夜に少し雨が降った程度で、心配された強風も無く台風は北上したようだが、地震の影響が大きかった日高地方に(昨夜から避難指示が出たところもある)これから影響が出るのではないかと心配だ。台風21号のあと大きな地震に見舞われ、ようやく復興に向けて動き出したのに再び大型台風が来るのでは落ち着く暇もない。

 

台風による暴風雨を心配していた昨夜、18時少し前に揺れを感じた。最大震度は4。こちらの震度は3だったが結構大きく感じられた。

そして今日の11時半ころにも大きな揺れが。発表された震度は昨夜と同じだったが、昨夜よりも大きい感じがした。

地震で緩んだ地盤に余震が追い打ちをかけ、さらに台風が襲ってくる。何事もなく通り過ぎて、被災された方々が早く落ち着くことが出来るようにと願うばかりだ。

 

コメント (6)

いまどきの若者

2018-09-18 | Weblog

地震による停電の混乱の中で、市内の高層マンションに住む高校生がツイッターで次のように呼びかけた。

高層階に住んでいるお年寄りに水を届けるボランティアを企画するんで、ぜひ協力お願いします!

その呼びかけに応じた友人たちが、大人たちと協力して4時間にわたって水を運んだという記事が今朝の地方紙で紹介された。

そう言えば大学生が冬期、大学周辺の高齢者宅の除雪をしているという話を聞いたこともある。

今どきの若者と侮ってはいけない。

今どきの若者の方がしっかりしているのではないかと、私などは思うのだ。

 

 

コメント (4)

日常に向けて

2018-09-12 | Weblog

地震で亡くなった方は41人。そのうち大きな被害が出た厚真町では36人の死亡者が確認された。

市内でも家屋倒壊の危険がある地区もあり、大きな被害が無かった私たちは幸運であったのだと思い知らされる。

 

我が家の災害に備えての準備は懐中電灯とカセットコンロだけ。食品は缶詰がいくつかと、お弁当用の冷凍食品が少し。買いだめはしないので、冷蔵庫の中身も少ない。それでもお米はあるし、何とか3日くらいは食べられそうだと思った。

地震翌日の7日。営業しているかどうか分からなかったけれど8時開店のパン屋さんに行ってみた。20人くらい並んでいたが私も列に着き食パンを購入することが出来た。

近くのスーパーも営業していると聞き出かけてみたが長蛇の列。諦めて帰宅した。

8日は別のスーパーに行ったが、途中陥没して通行不能の場所もあった。7日は動いていない信号もあったが、この日は殆ど動いているようだった。

迂回してスーパーに着いたがその日も入り口まで続く長い列。もう一日くらいは食べられると思い、スーパーでの買い物は諦めてコンビニに寄った。棚に食品は殆ど無かったが、2個だけ残っていたカップ麺を買って帰った。

9日、日曜日。朝8時にコンビニに行ってみた。少し商品が入荷したらしくおにぎりも買うことが出来た。

TVを見ていた夫が「このスーパーに行ってみよう」と言うので、9時前にそのスーパーに行ったところ、混んではいたが普通に入店でき、商品も思ったよりも品数が出ていて手に入らないと思っていたバナナやヨーグルトも入手できた。

昨11日は近くのスーパーに行った。欠品しているものも多くあったが、肉や魚も通常と変わらないくらい出ていた。お客さんも特に多いという事は無かった。

 

6日、7日と夫の会社は休業した。信号も停止したためバスは運休。JRも全線運休で一時は交通機関もすべて止まった。

私がパートで働いていたころなので20年以上前のことだと思うが、まれに見る大雪で交通はすべて停止。道路の除雪も追いつかず車も走れないという状況になったことがあった。その時でも夫は歩いて出社、就業した。2日間の休業は初めての事だった。

ガソリンスタンドの前の長い列は以前もあったような気がする。オイルショックの時か、あるいは東日本大震災の時だっただろうか。しかしスーパーの休業・入店規制は初めての経験だ。

9日はゴルフの予定だった夫だが、ゴルフは中止となりこの間の夫の在宅はとても心強い事であった。

 

コメント (2)

嵐のあと

2018-09-09 | Weblog

台風のまま北海道に近づいた21号は、各地に強い風による被害をもたらし5日朝には温帯低気圧に変わった。

強い風がの音に悩まされ眠りが浅かったので、5日の夜は何時にも増して早く床に就いたのだが、6日早朝3時8分に強い揺れを感じ、続いて緊急地震速報の音が鳴り響いた。電気を点けようと思ったが点かない。停電しているようだった。スマホのライトを頼りに階段を降り部屋の状態を確かめ、息子にも無事を確認するLINEを送った。すぐに電気が来たのでニュースも確認した。

棚のものが落ちていたりはしたけれど揺れのわりに被害は殆ど無い。「あとは明るくなってからで良い」と再び床に就いた。まんじりともせず迎えた朝。5時ころに起きた時は停電していた。

停電の原因は一か所の火力発電所が破損により停止。他の発電所も連鎖的に停止したものらしく、停電は道内全域に及んだ。

その日、夫はいつものように出社した。信号は停止とLINEが届き、暫くして「電気が使えなくては仕事にならない」と帰宅した。

11時ころに近くのコンビニに行ってみたが食品の棚はほとんど空っぽで、わずかに残っていたカップ麺を買った。

停電していてはTVやラジオは使えない。子供との連絡はスマホに頼るしかないので無駄には使えない。

その後、14時過ぎに水道が止まるとの情報を得た。お風呂に水を溜めて備えたが、その情報は間違いだったようだ。溜めた水は翌日洗濯などに使ったが無駄になった分もあった。それでも断水にならなくて良かったと思う。

 

情報を得ようとカーラジオを聞いて家の中に戻ると、夫が「カーナビでTVを見られるな」と言ったので午後には車でTVを見た。幸い、私の車はガソリンを入れたばかりだ。

我が家はIHコンロなので停電では使うことが出来ない。その夜はカセットコンロでご飯を炊き、冷蔵庫の中の野菜と冷凍食品でローソクと懐中電灯の灯りで夕食を取った。電気が来たのはその夜の10時過ぎで、大きな安心を得たのだった。

 

コメント (6)

北海道のエアコン事情

2018-08-26 | Weblog

7月から8月にかけての札幌の気温を調べてみると7月27日に31.9度。1日置いて29日に31度、翌日は31.8度、そして31日には今夏最高となった33.9度。

8月1日は32.5度となったがその後30度を超えた日は無い。

ただ湿度が高く、年齢に加えて体調不良もあり、私も初めてクーラーの必要性を感じた。

そんな折、地方紙にの文章を添えたリサーチ記事が載った。

 

この夏は7月末から8月初めにかけ道内で35度以上の猛暑日が4日連続で観測され、1976年の統計開始以降の最長記録に並びました。寝苦しい夜もあり、クーラーが欲しくなったり、急いで取り付けた方もいるのでは。あなたは自宅にクーラーを取り付けていますか。

その結果

取り付けている 29%

取り付けていないが欲しい 19%

取り付けていないし、今後も欲しいと思わない 51%

取り付けていたが、いまは無い 1%

 

地域別でクーラー設置率が一番高いのは札幌で34%

次に石狩管内29% 胆振・日高管内20% 後志・空知管内16% と続く。

 

娘たちが帰って行った翌日、8月16日には急に冷え込んで最高気温が20度に届かない日が2日続いた。その後22,23の両日は再び29度を超える暑さで、もう使わないと思った扇風機を再び出してきた。その後の気温は24度くらいで推移している。

さて、来夏には我が家にクーラーはやって来るだろうか?

コメント (12)

黒岳に初雪

2018-08-17 | 夫と子供と孫のこと

5日にUちゃんが、10日には娘夫婦が来札した。

今回は10日に、空港から阿寒に向かう事にした。阿寒と層雲峡に泊まり12日の夜に帰宅。翌13日はお墓参りという計画だ。お天気はまずまず。

”ペツ”(川)を望むリバービューシート一泊目の宿は部屋から阿寒川の眺望を楽しめる、素晴らしいロケーション。

夏休みの作文はまりもの事を書くと言っていたUちゃん。

昨年は雨に降られてUちゃんにも見せたいと思っていた有珠山の噴火跡を見ることは出来なかったので、遊覧船に乗りUちゃんが見たいと言っていたまりもを見ることが出来たので良かった。

層雲峡温泉 朝陽リゾートホテル二泊目は黒岳の麓のホテル。Uちゃんはこちらのホテルの方が気に入ったらしい。

 

層雲峡ではロープウェイで黒岳5合目まで登ったが、あいにく雲がかかり眺望は悪い。それでも付近を散策し、植物を観察したUちゃんは満足したようだ。

 

今朝のラジオで、その黒岳で初雪が観測されたと知った。

昨年は8月に20度を下回ることは無かったのに、昨16日の最高気温は19.6度。

夜はストーブが恋しいと思うくらいの気温となった。

 

コメント (4)

いよいよ

2018-08-04 | 夫と子供と孫のこと

ずいぶん先の事と思っていたけれど、いよいよ明日はUちゃんがやって来る

空港まで迎えに行かなければならないのだが、夫は明日もゴルフ

なので私はJRで空港まで行き、ゴルフを終えた夫と待ち合わせて帰宅する。

10日には来札する娘夫婦と空港で合流し阿寒に行く予定なので、台風13号の行方が心配だ。多分ギリギリのところで大丈夫だとは思うけれど。

昨年は洞爺へ行ったけれど、あいにくの雨だった。

今年は好天に恵まれると良いのだけど

 

 

コメント

夏!!

2018-07-31 | 夫と子供と孫のこと

今月前半はじめじめした天気が続いたが、後半になって俄然太陽が頑張り始めた。

18日から25度から30度の気温で推移したあと、25日には29.7度になって、翌日は30.4度。そして27日には31.9度を記録。28日は28.6度になったものの29日は31度、昨日は31.8度になり今日は32度を超えそうだ。

これまで扇風機も滅多に使う事が無かった我が家だが、この夏は活躍している。

 

暑さに見舞われている27日、息子家族が二泊三日の予定でやって来た。

夏は忙しくて来ることが出来ないと言っていたけれど、環境の変化でHちゃんが不安定になったようで、仕事をやり繰りしてHちゃんの気分転換のために来ることにしたらしい。

日中は子供たちを楽しませるためにイベントに出かけ、夜は花火を楽しみ、疲れたけれど楽しい時間を過ごした。

29日の夕方帰る前にHちゃんを抱きしめるとHちゃんも抱き返してくれた。あまり触られるのが好きではないHちゃんのハグは珍しく、とても嬉しく思った。また妹のKちゃんも「おばあちゃん家は楽しいね~」との言葉を残してくれた。

 

次の日曜日にはUちゃんがやって来る。

体に不安があったけれど、なんとか息子家族に付き合って出歩くことが出来たのでUちゃんと一緒に歩くことも出来そうだ。

コメント (4)

7月15日

2018-07-15 | Weblog

7月に入って、からっと晴れた日は無い。

来月は孫が来るので、布団を干しておきたいのだが干せるような天気にならない。雨の日が多く、降らなくても湿気が残っていてとても干せない。

昨日の最高気温は28.2度で、7月に入って一番気温が高かった。さらに湿度も高く熱中症の危険を感じるくらいで扇風機を出したのだが、今日は雨 時々雷も 気温も20度に達せず、肌寒い感じがする。

昨年は7月7日に33.2度になり、4日間30度超えの日が続いた。そして14日には34.5度の最高気温を記録した暑い夏となったのだったが。

 

ところで、今日は孫Uちゃんのお誕生日。

誕生に立ち会ったあの日から、もう9年になる。

 

 

コメント (4)