浦乃鍋屋

本日の一品をご紹介します。特製の木製匙るいの販売をいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

匙、バタナイフ、マドラー

2021-03-16 21:35:39 | 食器
バタナイフのご注文は、浦が主宰している「SPACELongArms」のホームページのCONTACT欄
https://sla-goto.com/contact/

お名前、送り先住所、品番
をご記入ください。バタナイフと振込用紙をお送りいたします。一本一本手作りですので、現品限りです。「売り切れ」の記載にご注意ください。
浦が代表取締役を務める株式会社ディープ・リッジ・テクが販売いたします。

2021年3月
「椿バタナイフ」14本を販売いたします。

品番: B001からB007
売り切れ:B001、B002、B005、B006


品番: B008からB014
売り切れ:B009、B010、B014


五島の椿の木を削り、磨き、バタナイフに仕上げました。形はそれぞれ違います。固くて密で粘りがある材質をお楽しみください。仕上げの磨きは、就労継続支援B型事業所「ブルワーク」さんにお願いしています。
価格(1本):990円(消費税込み)、送料:120円
材料:ヤブツバキ
表面処理:蜜蝋、エゴマ油、カルナバ蝋混合オイルフィニッシュ
製造:(株)ディープ・リッジ・テク
五島市長手町182番地1

ヤブツバキは五島のシンボルです。ヤブツバキから作られる工芸品を普段使い品として愛用してください。

注:油が抜けますので、洗剤で洗わないでください。表面が毛羽だってきたら、細かいサンドペーパ(300番以上)でこすり、適当な油を塗り込んでください。

2021年2月
五島のヤブツバキの木を削り、磨きこんでオイルフィニッシュしたバタナイフを「椿バタナイフ」という名前で販売します。これは見本です。長さ134mm。写真ではうまく表せませんが、椿の木質のきめ細かさは絶品です。一本900円(税別、送料別)で、五島市にあるカフェ「ソトノマ」さんで販売を開始しました。



2018年11月

製作中の匙とバタナイフ。匙は二本ずつ左から、楠、桜、山桃、月桂樹。バタナイフは山桃。


2017年10月

マドラー


2017年3月

20cm級シャモジ(売れてしまった)


2016年6月

Tea SpoonとBottle用Spoon。白いのはカリン、それ以外は月桂樹
コメント

おいしい魚

2020-01-27 06:12:29 | 
2020年12月
イスズミ(ヒックレ)のトマト煮


2020年9月
シジュウのナメロウ


2020年4月
ヘダイの煮こごり


2020年1月
ボラの塩焼き


2019年9月
マトウダイの腹からでてきたネンブツダイの素揚げ


2019年7月
ハガツオ


マトウダイのソテ、フロムダンベール風味


熟成ニザダイ


2019年5月
クロダイとイラのカルパッチョ


2019年4月
イシダイの茶漬け


2018年2月
イサキと鍋島


マサバの青海波


2017年12月
キンメのユッケ


2017年8月
タイの薄造り


ノドグロの煮付け


コメント

浦乃鍋屋とは

2019-03-21 17:22:25 | 鍋の煮える音


浦乃鍋屋は
1)こよなくお酒を愛し
2)美味しい食材を美味しく食べることを追求し
3)楽しくお酒(主として日本酒で、特別な場合以外は日本酒以外のアルコール飲料は出ません)を飲み
4)新しい発見と新しい繋がりを求める
人達が集まって、モクモクと酒を飲み、もりもりと肴をたべ、美味しい美味しいという場所です。
会員制です。会費はありません。会員になるには会員からの推薦が必要です。ただし会員名は非公開です。
また、開店は不定期です。
コメント

浦乃鍋屋のいつまでも元気に活動するための13訓

2018-12-26 07:15:32 | 鍋の煮える音
浦乃鍋屋の亭主は
いつまでも元気に活動するための13訓
を実践しています。皆様もどうぞ。

(一日の始まりと終わり)
行動1:周りにだれもいなくても、起きたときには「おはようございます」、寝るときには「おやすみなさい」という(優しい心の涵養)
行動2:食事が終わったときに「おまたせしました、ごちそうさまでした」という(謙虚な心の涵養)
行動3:便器に座ってコーヒーを飲む(独立した人格の再認識)
(日々の生活)
行動4:持っている物を毎日一つずつ他人にあげる、あるいはあげる人を決める(他者との関係の再認識)。
行動5:一ヶ月使わなかったものを捨てる(怠慢な心の払拭)
行動6:毎日日本酒を三合飲む(とんでもないことの発想)
行動7:一日3時間ネットサーフィンをする、ただし、同じページは見ない(知識の増殖)
(気が向いたときに)
行動8:週に一度、公園の池のボート(オールで漕ぐもの)に一人で乗り、世の中を考える(自我の目覚め)
(他者との協調)
行動9:頼まれたら、今すぐやってしまう。今すぐできないものは断る(時間の節約)
行動10:すべて自分でやる。自分でできないことはやらない(清潔な心の涵養)
行動11:不愉快になったときに、「怒ると血圧が上がり、脳溢血になるぞ」とまず唱え、次いで「ふうーん、変わっているね」で納める(脳溢血の防止)
行動12:やり損なったら「ベッカンコ」といってごまかす(正常な人間関係の樹立)
行動13:一つの行動が終わるたびに「やったね!」という(明るい心の涵養)
コメント

お酒

2018-09-29 15:06:04 | 
2018年9月

鍋屋の一家に愛媛からお客さん、賀儀屋さん、がやってきました。これで月が3つ。
コメント