占い師の日記

お客さんの鑑定の話や業界の裏話などを紹介♪
風水/パワースポット/富学占などお役立ち情報も(^O^)/

紡ぐ言葉・鑑定93ー10

2015年06月18日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・10 



茂樹「言葉を紡ぐって・・・

透明「さっき、ランが皆さんに伝えたように、

   ランにも、沢山言葉をかけてあげて

    欲しいのです

   言葉を紡ぐというのは、茂樹さんが

   ランとの想い出を、ランと一緒に共有し

   感じたこと、思ったこと、願ったこと、

    全てをランに聞かせてあげることです

茂樹「ランとの想い出・・・。」

透明「言葉は想いをのせ、ランに伝わります

   きっと、その言葉ひとつひとつが、

   これからのランの旅立ちを楽なものにして

   くれるはずですから

茂樹「わかりました



言葉は、ひとつひとつに想いを込めて紡ぐもの・・・。

私の信条でもある

言葉には、想いが移り、それを受け取ったものに

優しい徳を与え、旅立ちを支えてくれるものになる

私は、この家族の紡ぐ言葉に耳を傾けながら、

ランの身体が少しでも楽になるように気を送り続ける・・・。



茂樹「ラン・・・お前が我が家に来てくれたとき、

   こんなに小さくて・・・元気一杯で・・・

   本当に、可愛くてな・・・

   俺も、仕事が辛いときもお前がいてくれて

   本当に救われたんだ・・・夫婦喧嘩したとき

   にも、間に入ってきてくれて・・・くすくす

   喧嘩を止めるまで、いつまでも吠えてたから、

   俺も利乃も、バカらしくなったっけなぁ~

   それから、紀行が産まれて・・・いつもお前の

   背中に乗せて、歩いていたっけ・・・

   ぐすっ・・・本当に、良いお兄ちゃんだったね

   ・・・・ぐすっ・・・・そう言えば、家族で海にも

   行ったよな

   海を見て、お前も紀行も大はしゃぎで・・・ぐすっ

   本当に、楽しかったな

   家族の誰かが、病気のときも、ずっと心配そうに

   側にいてくれて・・・ランがいてくれて・・・ぐすっ

   本当に、私達は幸せだったよ・・・ぐすっ・・・

   我が家に来てくれて・・・俺の息子になってくれて

   ありがとう・・・うううっ・・・俺も利乃も紀行も

   皆、ランが大好きだよ・・・うううううっ・・・

    ラン・・・行かないで・・・いやごめんな

   もう、楽になっていいから、無理をしないでいいから

   どうか、俺達のこと忘れないでくれよ

    俺達は、ランのこと絶対に忘れないから・・・うううっ
 



悲しみ、想い、願い、沢山の気持ちがのった言葉は、

 ランの魂に入って行く



透明「(ラン・・・幸せだね・・・大切な家族を

     これからも守ってあげてな
)」

ラン「キュウ~ン・・・。」

茂樹「ラン

透明「きっと、シゲさんの言葉が、ランにも伝わったんだと

   思うよ

   今のランは、家族の沢山の言葉が必要だと想う

   時間は短いかもしれないけど、どうか、その時間を

    無駄にしないであげてね

茂樹「先生・・・ありがとうございました・・・

   これから、ランが旅立つまで、毎日言葉を紡いで

   ゆきます

   きっと、話し足りないかもしれませんが・・・

透明「うんそれでも、気持ちが大切だから




この後、一週間の時を得て、ランは旅立って行った・・・

紀行くんは、必死に涙をこらえ、ランに心配かけないように

送り出してくれたとのことだった・・・



大切な想いは、言葉として紡ぎ、伝え、はじめてつながる

 のかもしれない
・・・

ランの為に、私は何か出来たのか・・・安岐平家の気持ちを

救うことができたのか

悩みながらも、今日も言葉を紡ぎつづける

 透明なのでした
 
・・・







                 

   


      
昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (14)

紡ぐ言葉・鑑定93ー9

2015年06月16日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・9 



ランにしがみつき離れない紀行くん・・・

私は紀行くんの側に行き、そっと語りかける



透明「ラン、苦しそうだよね・・・。」

紀行「ぐすっ・・・うん・・・

透明「きっと、ランも紀行くんと離れたくないから

    頑張っているんだと思う
・・・。」

紀行「ぐすっ本当

透明「もちろん、本当だよ

   でもね、ランは知っているんだ、

   自分がいなくなったら、紀行くんが

    沢山、沢山、悲しむことを
・・・。」

紀行「ぐすっ

透明「ランは、紀行くんと離れたくないし、

   紀行くんを悲しませたくもないから

   頑張っているんだ

紀行「そうなのぐすっ

透明「うん

   ランは言っていたよ

   紀行くんのことが、大好きだって

   だから、辛くても頑張っているんだと思う

紀行「・・・ラン、痛いの

透明「そうだね痛いし、苦しいかもしれないね

紀行「そんなの、イヤ 

透明「うん紀行くんも、ランのことが大好きだもんね

   だから、紀行くんもランが痛いのイヤだよね

紀行「うん

透明「さっき、ランは言っていたよね

   会えなくなるけど、いつも一緒だって

紀行「うん会えないのに一緒なの

透明「ランは、会えなくならないんだ

紀行「

透明「人も犬も、身体がもう使えなくなりましたよ~

   って言われてしまうと、その身体から出なくちゃ

   ならないんだ

   身体から出てしまうと、紀行くんには見えなく

   なっちゃうけど、ランにはいつでも紀行くんが

   見えるんだよ

紀行「本当に

透明「うん先生は嘘は言わないよ

   それに、使えなくなっちゃった身体に、

    いつまでもいるのは、痛いし苦しいんだ

   それでも、ランは、紀行くんに見えるように、

   身体から出ないようにしているんだ

紀行「・・・身体から出たら、痛くない

透明「そうだね痛くないし、苦しくもないよ

紀行「ノリ、悪い子

透明「ううん紀行くんは良い子だよ

   だって、ランは紀行くんが良い子だから

   離れたくないんだもの

紀行「・・・ランのこと・・・ぐすっ・・・

   見えなくなるの・・・ぐすっ・・・

    イヤだけど・・・ランが痛いのイヤ

透明「偉いね、紀行くんは

   紀行くんこれだけは忘れないで

   ランは、見えなくなっちゃうけど、

   いつも、紀行くんの側にいてくれる・・・。

   遊んでいるときも、歩いているときも、

   ご飯を食べているときも、寝るときだって、

   きっと側にいてくれるよ

   だから、悲しまないであげてくれるかな

紀行「うんランと・・・ランと、

   会えなくなるの、ぐすっ・・・イヤでも・・・

   ノリ・・・我慢する

   うっうっ・・・うわ~~~~~ん 


私は、紀行くんを抱きしめ、頭を撫でる・・・

小さな身体で受け止めるには、重すぎるかもしれない

それでも、きっと紀行くんなら、強さに変え

乗り越えてくれると、私は信じていた・・・


しばらくして・・・


紀行くんは泣き疲れたのか、眠ってしまったようだ



利乃「先生・・・ありがとうございました・・・

茂樹「・・・先生・・・私達は、ランに何かして

    あげることは出来ないのでしょうか

透明「・・・それなら、言葉を紡いであげてください

茂樹「言葉を・・・紡ぐ・・・





次回、大切な想いをのせます ・・・






             続く・・・。

 

   

昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (9)

紡ぐ言葉・鑑定93ー8

2015年06月14日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・8 




私は、ランの言葉を代弁する・・・。


透明「・・・大好きな、お父さん、お母さん

   そして、大切な紀行・・・

   ランはもうすぐ皆と走ることも話すことも

   聞くことも、歩くこともできなくなって、

   会うこともできなくなります・・・

   離ればなれになるのは、嫌だけど、

   ランはお父さん、お母さん、紀行と

   いつも一緒だよ

   だから、ランがいなくなっても、悲しんだり

   しないで・・・

   沢山、楽しいところに連れて行ってくれて

   ありがとう

   沢山、美味しいモノを食べさせてくれて

   ありがとう

   沢山、遊んでくれてありがとう

   ランは、お父さん、お母さん、紀行の

   家族で本当に良かった

   沢山、沢山、幸せだった・・・

   ランの側には、いつもお父さんやお母さん、

   紀行がいて、離ればなれになることなんて

   考えてもいなかったんだ・・・

   でも、もうすぐ離ればなれになっちゃう。

   それでも、ランは絶対に絶対に、お父さん

   お母さん、紀行のこと忘れない

   お父さんとの散歩・・・楽しかった

   お母さんのご飯・・・・美味しかった

   紀行と遊ぶの・・・・大好きだった

   きっと、寂しくなるけど、ランは、

   本当に本当に、お父さん、お母さん、紀行が

   大好き

    今まで、沢山、ありがとう

利乃「ううっ・・・

茂樹「・・・・ラン・・・・。」

紀行「・・・ラン、死んじゃうの

利乃「紀行・・・。」

紀行「イヤ ラン、病気治ったんでしょ


紀行くんが、ランにしがみつく・・・


紀行「ランどこにも行かないで

   うわ~~~~~ん 

透明「くっ・・・・。」

茂樹「紀行ランは、ちゃんとお別れして

   くれたんだ

   紀行が、そんなこと言ったら、ランも

   悲しいんじゃないかな

紀行「イヤイヤイヤイヤ 

   ランは、ここにいるの~

   先生ランをどこにも行かせないで~

透明「紀行くん・・・。」

利乃「紀行・・・。」

紀行「ランどこにも行かないで~~~っ 



幼き悲痛な叫びが、夜のとばりに包まれて行く・・・。

私は、なんて無力なのだろう・・・


       

             続く ・・・。



      


昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (7)

紡ぐ言葉・鑑定93ー7

2015年06月12日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・7 



透明「(伝えたいこと)」

ラン「(・・・・伝えて欲しい・・・。)」

透明「(わかった何を伝えればいい)」

ラン「(・・・・・・・幸せ・・・家族・・・・

     ・・・・お父さん・・・・お母さん・・・

     ・・・・ノリ・・・・・
。)」

透明「(くっ・・・声が小さくなってゆく)」

利乃「先生

透明「しっ

利乃「

透明「ごめんね今、ランが伝えたいことがあるって

   少しの間、ごめんね



私は、再度集中する



ラン「(・・・・海・・・・・山・・・家・・・・

    ・・・・楽しい・・・・毎日・・・・・・

     明日・・・・・ありがとう・・・・・・
。)」

透明「(・・・・・・わかったそれだけでいいの)」

ラン「(・・・うん・・・ありがとう・・・)」


ランは、そう言うとヨタヨタした足取りで、さっきまでいた

場所に戻り、伏せてしまった

私は、微かな声で話してくれたランの言葉をまとめ、

 伝えなければならなかった
・・・。


利乃「先生・・・・・。」

透明「きっと、どうしても伝えたかったのでしょうね

   本当に苦しいはずなのに・・・。」

茂樹「・・・先生、ランは何て

透明「その前に・・・


私は、紀行くんを見ていた・・・。

この子にとって、ランの言葉はどう映るのか

色々な感情が入り交じり、私を躊躇させていた・・・。


利乃「の、紀行そろそろ、寝なさい

茂樹「そ、そうだ紀行、明日幼稚園あるから、

   もう寝ないと


二人は、私の複雑そうな顔を見て、気を回してくれたようだ



紀行「・・・・・いや 

透明「

利乃「

茂樹「


紀行くんにも感じることがあったのだろう・・・。

今までに聞いたことが無いほど、強い言葉で拒絶する


透明「・・・・・。」

紀行「ラン・・・

茂樹「・・・先生紀行にも聞かせてやってください

利乃「あ、あなた

透明「・・・・・。」

茂樹「きっと、紀行にも感じることがあったのだと

   思います

透明「わかりました紀行くん

   頑張って話してくれた、ランの言葉聞いてくれるかな

紀行「うん



私は、言葉を紡ぎはじめる ・・・・。





            続く ・・・。





昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (9)

紡ぐ言葉・鑑定93ー6

2015年06月10日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・6 



私は、ランに近づき頭を撫でる・・・


透明「・・・・・・・。

   (意識はある・・・でも、立ち上がるのも

    辛そうだ・・・
。)」

紀行「ねえ先生ランは治る

透明「そうだね先生もできるかぎりのことは

   してみるよ

紀行「うん

透明「(・・・・とは、言ったモノの・・・

    正直、ここまでとは・・・・
。)」


私は、少しでもランが元気になれるように、自分の気を

送り込んでみる・・・。


透明「(・・・・・入りが浅い・・・・・・・

   やはり、受け取れる量も少ないか・・・

    これは、確実に・・・
。)」

茂樹・利乃「


ランが突然、立ち上がる


紀行「先生~やったランが治った~

茂樹「もう、何日も立ち上がれなかったのに

利乃「せ、先生

透明「・・・・・・・。」


私は、茂樹さんと利乃さんに向かって首を振る・・・

ランが立ち上がれたのは、一時的に私の気を少量でも

受け取れたからであって、根本解決ではない・・・。

それでも、少し栄養が取れれば


透明「利乃さんランの好きな餌とかありますか

   それと、お水もください

利乃「は、はい


利乃さんは、ランの好きな餌と水を持ってくる


透明「ラン少しでも良いから、食べられるかな

ラン「・・・・・・


ランもその言葉に応え、少しだけ餌に口をつける・・・。


透明「(頑張れここで、少しでも食べ物から気を

    受け取れれば・・・・
。)」

紀行「が、頑張れラン 

茂樹「ラン

利乃「ラン頑張って


ランは、家族の言葉に応えるように、必死で餌を食べようと

している・・・しかし、やはり全てを取り入れることは

出来ないようで・・・。


紀行「ランお腹いっぱい

透明「・・・・・・。」

茂樹「で、でも少しでも食べられたみたいだ

利乃「そ、そうよねしばらく水しか飲んでいないし


ランが、ゆっくりと私を見る・・・



ラン「(ありがとう・・・これで、少しだけ話せる・・・。)」

透明「(ラン・・・私を呼んだのは、君だね

    もしかして・・・私と話すために、栄養を・・・・
。)」

ラン「(・・・伝えたいことがあるんだ・・・・・。)」



ランの必死の言葉・・・。

 私は、真剣に聞き耳を立てていた
 





           続く ・・・。





昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (5)

紡ぐ言葉・鑑定93ー5

2015年06月08日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・5 



安岐平家に到着した私は、早速チャイムを鳴らす


ピ~ンポ~ン


紀行「ガチャッ先生~ 


勢いよく紀行くんがお出迎え・・・私の鳩尾に

 ダイブしてくる


透明「うっ×○△@~っ 

紀行「先生大丈夫


ふ、不覚

完全に油断していた・・・


透明「だ、大丈夫大丈夫先生こう見えても

    結構鍛えているから


などと、年長さんに負け惜しみを言いつつ・・・


透明「紀行くんお母さんは

紀行「いるよ~っおか~さ~ん

利乃「先生すみませんこんなところまでワザワザ

透明「いいえ、こちらこそ夜遅くに・・・そういえば、

   紀行くん、眠たくないの


園児にとっては、結構遅い時間だけど


紀行「うんねむくない

利乃「紀行まったく
 
   先生が来るまで寝ないって言ってきかなくて

透明「そうだったんですか紀行くん、ありがとう

   でも、そろそろ寝ないと

紀行「・・・・・いやノリもランの側にいる

透明「うっ・・・。」


確かに、今日は言うこと聞いてくれなさそうだ


茂樹「コラッ紀行言うこと聞きなさい

   先生ご無沙汰しています

   すみません、こんな所まで来ていただいて

透明「シゲさん久しぶりだね



安岐平 茂樹(あきひら しげき)さん

紀行くんのお父さんである

実は、私のところに最初に来たのは、茂樹さんで

今では家族皆さんが私のところに来てくれている


透明「ところで、ランは何処にいるのかな

茂樹「そうでしたよねいつまでもこんな所で

   立ち話も何ですから、入ってください

利乃「汚いところですがどうぞどうぞ

透明「失礼しますね


私は、玄関から家の奥に通される・・・。

そこには、伏せて寝ている大きなゴールデンレトリバーが



透明「(この子がランくん・・・。)」


紀行くんが、ランの側に走ってゆく


紀行「ラン先生がきたよよかったね~

透明「こんばんは、ラン


少しだけ、薄目を開けてこちらを見ている・・・。


透明「利乃さんランはいくつ

利乃「もう、12歳になります・・・。」

透明「・・・・・・・。

   (私の目には、ランの周りから立ちこめる

    黒い気が視えていた
・・・。)」




次回、直接ランと話をします・・・ 




            続く ・・・。






昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (4)

紡ぐ言葉・鑑定93ー4

2015年06月06日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・4 



利乃「・・・先生

透明「んっ


利乃さんは、紀行くんに聞こえないように

小声で話す・・・。


利乃「ランの調子が悪かったので、お医者さんに

   行ってきたのですが・・・正直、お医者さんも

   これ以上は、どうにもならないと・・・。

   お医者さんとしても、ランが年なのもあって、

   下手に身体をいじるよりは、このままの方が

    良いとのことで・・・。

透明「そうですか・・・

利乃「紀行にとっては、酷なことかもしれませんが、

    こればかりは・・・。

透明「なるほど・・・・。」

紀行「先生


突然、紀行くんが話に入ってくる


透明「紀行くん、どうしたの

紀行「先生ランのこと、助けてくれる

利乃「の、紀行

透明「う、う~ん・・・あれ

紀行「

利乃「紀行先生を困らせないで 

紀行「・・・先生、困っちゃうの

透明「うっ・・・・・。」

紀行「先生・・・お願い


紀行くんが涙目に・・・。

しかし私の目にはもう一つ気になるモノが

 映っていた
・・・。


透明「・・・・・わ、わかった

   それじゃ~、先生、一度ランの様子を

    見に行くよ

   それでどうかな

紀行「うんありがとう

利乃「せ、先生

透明「利乃さん、今日、鑑定終わってから

    少し、伺っても良いですか

利乃「先生無理なさらないでください

   先生、ただでさえ忙しいのに

透明「いやいやさっき、紀行くんと約束しましたし、

   それに、ラン自身も来て欲しそうなので

利乃「

透明「先生でも出来る事と、できないことがあるって

   紀行くんに言った手前、直接ランを見てもいないのに

    断るのも良くないですしね

利乃「先生・・・・

透明「20時くらいになってしまいますけど、

   どうですか

利乃「ありがとうございます

   お待ちしています・・・

紀行「やった~っ先生待ってるね~



この後、鑑定を終えた私は、約束通り安岐平家へ

向かった・・・



さてと、私に何が出来るのか 




             続く ・・・。





昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (2)

紡ぐ言葉・鑑定93ー3

2015年06月04日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・3 




透明「ランは、紀行くんにとって

   お兄ちゃんなんだね

   ランを助けてというのは、ランに何か

    あったのかな

紀行「うん・・・昨日から、動かないの・・・

透明「


う、動かない・・・それって・・・


透明「ランは、まったく動かないの

紀行「ううんお水は飲む・・・。」

透明「ほっそうか・・・

   もしかしたら、少し体調が悪いのかな

   病院は行ったのかな

紀行「うん・・・でも、お医者さんに行っても

   元気ないんだ・・・。」

透明「そうか~心配だね~

紀行「先生ランを助けてくれる

透明「えっ

紀行「先生、お母さん助けてくれたみたいに、

   ランも助けてくれる

透明「うっ・・・



ま、参ったなぁ~

私は獣医さんじゃないし・・・でも、こんな

 曇りのない瞳で見つめられると
・・・・。

う~ん・・・どうしよう・・・


透明「・・・・・そ、そうだね

   取り敢えず、先生でも出来る事と

   できないことがあるから、お母さんが来たら

    少し、ランのこと聞いてみるよ

紀行「うん


私は、紀行くんの気持ちを汲みつつ、

利乃さんの到着を待つ・・・。


30分後・・・



バタンガランガラン 


透明「

利乃「紀行 

紀行「


凄い勢いで利乃さんが鑑定室に入ってくる


利乃「紀行 

紀行「うっうっわぁ~~~~ん

透明「り、利乃さんストップストップ

利乃「せ、先生本当に申し訳ありませんでした 

透明「ま、まあ、一旦落ち着こうね



私は、利乃さんを落ち着かせながら、

抱きついてきた紀行くんの頭を撫でる・・・



しばらくして、やっとこさ双方落ち着きを取り戻した

頃合いを見計らって、私が言葉を発する・・・。



透明「幼稚園の方は大丈夫でしたか

利乃「は、はい紀行が熱を出したので、

   病院に連れて行っていたと、誤魔化してしまいました

透明「まあ、その方がいいかもね

   ところで、ひとつ聞きたいのだけど

利乃「はい

透明「利乃さんのところのランくんは、調子が悪いのかな

利乃「えっどうしてそれを



私は、紀行くんがここまできた理由と、

 今まで紀行くんに聞いたことを利乃さんに話す
・・・。


利乃「・・・・そうだったのですか・・・・。」

透明「まあ、最初は電車で一人で来たことに驚いたけど

   理由を聞いたら、妙に納得しちゃって

   今回のことは、紀行くんの優しさからきたモノだから、

   あまり叱らないであげてね

利乃「は、はい・・・

透明「それで・・・ランは

利乃「・・・・・・・。」



利乃さんが、珍しく口ごもっている・・・。

 やはり、かなり悪いみたいだ・・・さて、どうする
 





             続く ・・・。



   
昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (3)

紡ぐ言葉・鑑定93ー2

2015年06月02日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 ・2 



透明「おっあったあった


私は、秘蔵のアイスクリームを紀行くんに

献上する


紀行「もぐ、もぐ・・・。」

透明「美味しい

紀行「うん

透明「ごめんな先生のところ、クーラー壊れちゃって

   ところで、紀行くん

   お母さんには、先生のところに来ること言ってきた

紀行「ううん



やっぱり・・・ということは、幼稚園もサボりか・・・。

この年で、やるな紀行くん

とか、アホなこと考えている場合じゃないぞ


私は、紀行くんのお母さんである利乃さんに電話してみる



利乃「はい安岐平です

透明「あっ利乃さん透明です

利乃「えっ先生どうしたんですか

透明「じ、実は・・・。」


私は、利乃さんに、今、紀行くんが来ていること、

泣いていたことを伝える・・・。


利乃「ええっの、紀行がですか 

   で、でも、幼稚園に行ったはず

   あっそういえば、さっき取れなかったけど、

   電話が何度も鳴っていたような


そこは、取ろうよ



透明「どちらにしても、幼稚園にも連絡して

   あげてください

   私の方は、紀行くんを責任もって預かって

    いますから

利乃「は、はいすみません

   直ぐに迎えにゆきますので、よろしくお願いします



さてさて、紀行くんは大丈夫かな


紀行「・・・・・ママ・・・怒ってた 

透明「ううん心配してたよ

   でも、どうやってここまできたの

紀行「電車できたの

透明「キップとかはどうしたの

紀行「キップ

透明「そうか、幼稚園児はキップはいらないのか

   それって、結構盲点だよな

紀行「

透明「紀行くんは、先生に何かお願いがあって

   来たんでしょ

   さっき、ランをどうとか言っていたような

   気がしたのだけど・・・。」

紀行「・・・・・・ラン・・・・ぐすっ・・・


あっやばっまた、泣かしちゃった


透明「ラ、ランて、言うのは

紀行「ぐすっ・・・ランは、お兄ちゃん・・・。」

透明「へっ紀行くんに、お兄ちゃんていたっけ

紀行「うん・・・ぐすっ・・・


いやいやいやいや確か紀行くんは、一人っ子だった

はずだぞ


透明「ランくんは、お兄ちゃんなんだ

紀行「うん犬のお兄ちゃん

透明「い、犬

紀行「せんせいランを助けて・・・ぐすっ・・・



小さな子供の切なる願い ・・・。


次回、紀行くんがここまで来た理由が明らかに 





            続く ・・・。

   



昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (6)

紡ぐ言葉・鑑定93ー1

2015年05月31日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
紡ぐ言葉・・・。 


皆さ~んおはようございま~す 

今日も張り切ってゆきましょ~~~う 



透明「あ~~~~つ~~~~~~

                 い~~~~っ
 


おいおい


透明「何で、こんなに熱いんだ~~~っ

   春はどうした~~~何処へ行ってしまったんだ~

   カムバックは~~~~る~~~~~~っ 


またもや、クーラーの調子が悪い鑑定室・・・



透明「う~~~~ん・・・。と~~~け~~~る~~~っ


 (いやいや、溶けないって)



カランカラン


透明「うっは、は~~~い



重い腰を上げる透明先生・・・。


透明「(あれっこの時間に鑑定入っていたか)」



扉を開けると、そこには一人の少年が立っていた



透明「あれっ・・・紀行くん

紀行「ぐすっ・・・ぐすん・・・

透明「ど、どうしたの


安岐平 紀行(あきひら のりゆき)くん

お客さんである、安岐平 利乃(りの)さんの息子さん

いつも、お母さんの鑑定について来てくれ、

よい子で待っていてくれる物静かな子だ


透明「紀行くん、一人お母さんは

紀行「せんせい・・・ランを助けて・・・ぐすっ

透明「


うそっこの子、本当に一人でここまで来たのか

紀行くん、まだ年長さんだぞ

紀行くんの家からだと、電車で1時間はかかる・・・


私は、年端もゆかぬ子供が危険を顧みずここまで来たことに

驚きながらも、それだけこの子にとって、大変なことが

 あった
のだと、理解する・・・。



透明「紀行くん取り敢えず、中に入ろうか

   先生、ちゃんとお話聞くからね

紀行「うん・・・




鑑定ファイル93
 

安岐平 紀行(あきひら のりゆき)くん


 6歳 年長さん




スタートです 




            続く ・・・。





昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (5)

大切なものは?・鑑定92ー9

2015年05月29日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
大切なものは ・9 



寺石「・・・俺・・・・すげ~バカでした 

   やっぱり、俺はその二人を助けられるように

    行動してみます

   今まで助けてもらった恩を、今返さなくちゃ

   俺はダメになると想うので

   正直、後輩のことなんて、後回しでいい

   本当は、優先順位が逆だったんですよね

   数少ない、味方を危うく失うところでした

   先生に言われて、ハッキリとわかりました

透明「うん100点

寺石「

透明「そこまで気づければ、もう大丈夫だね

   今なら、まだ間に合うはずだから、

   寺石さんの本気をその二人に見せてあげて

   君なら、その二人を救える力があるはずだから

寺石「はい 

透明「それじゃ~、これを持っていきなさい

寺石「これは

透明「今の君は、実力があっても運が無い

   これは、君に少しだけ、運の塊をもたらしてくれる

   アイテムなんだ

   実力があっても、運がなければ助けられない時も

   あるから、念のためね

寺石「あ、ありがとうございます

透明「運の塊を集めるというのは、こういったアイテムでも、

   神仏を大切にすることでも、いただくことはできる

   でもね本当に大切なのは、寺石さんが人との縁で

   自ら掴み取った信頼から生まれるものが、一番良いと

    私は想っている

   もちろん、その信頼を得ることも運の塊が必要だったりも

   するのだけど、それは、今ある運をどれだけ上手に使えるか

   にもかかってくるでもこれだけは覚えておいて

   運は切っ掛けを生み、それを大切に使い育むのは人間だから

   見失ってはいけないものをしっかりと頭に置いて、

   行動すれば、必ず物事は上手くゆくものなんだよ

寺石「はい先生本当にありがとうございました

   俺、ちょっと天狗になっていました

   これからは、心を入れ替えて、間違わないように

   頑張ります

透明「うん期待しているよ



寺石さんは、気持ちを新たにスタートを切ったようだ

ちょっと、ホッとしたかな


運は、その塊をへて流動し、その人の人生を彩ってくれるモノ

しかし、人はその塊を得る大切なものを見失いやすい・・・

人生にとって、味方を失うというのは、大きな幸せの歯車を

 失うことに等しい
・・・。

どうか皆さんは、大切なものを見失わず、自らの幸せを

 描ける人生を歩んでくださいね
 







                    





昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (13)

大切なものは?・鑑定92ー8

2015年05月27日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
大切なものは ・8 



直視しなければならない現実は、時として

自らの愚行と向き合わなければならなくなる

これも、大切な学びなのだと私は想う・・・


寺石「俺・・・確かに、その二人には

   お世話になっています・・・・

   でも、俺、それが当たり前で・・・

   きっと、俺は甘えていたんですね

透明「そうだね

   それに気づけたのは、良いことだけど、

   それでもまだ半分かな

寺石「えっ

透明「寺石さんを応援し、味方をしてくれていた

   2人は、何故君を応援しなくなったと想う

寺石「そ、それは、俺が甘えて邪険にしたり、

   文句が言える相手と錯覚して、上司とぶつかった

   からじゃないでしょうか

透明「もちろん、それもある
 
   でも、残念ながらそれでも足りない

寺石「えっ・・・・他に・・・・。」

透明「私のお客さんで、運気を急激に落として

   しまった方の中にも、寺石さんとまったく同じ

   ことが起こってしまった人も結構いるんだ

   その方々が、口を揃えて言う言葉がある

寺石「な、何て

透明「ああ~っもっと、大切にしておくんだった 

   ってね

寺石「

透明「大切にされること元気をくれること

   助けてくれること手伝ってくれること

   支えてくれること裏でその人のために

    一生懸命カバーしてくれること
・・・・。

   全てにおいて、人間は、慣れてしまうんだ

   そして、恩を返すことを忘れ、その上、

    仇で返すことすらある

寺石「

透明「相手は、もちろん恩返しなんか望んでいないかも

   しれないけど、君が感じる感謝を口にし、行動に

    表さなければ、伝わらないこともあるんじゃないかな

寺石「・・・・・・

透明「そして、この様なことがある時には、決まって

   双璧となる事柄が存在する

寺石「

透明「それは、大切にしなければならないものを忘れ、

    大切にしなくてもよいものに意識を取られること

寺石「それって・・・。」

透明「君に対して反抗的な後輩がそれにあたる

寺石「

透明「もちろん、その子の面倒をみることは大切だし、

   その子との縁をつなぐことも大切だけど、

   もっと基本となる大切なものを蔑ろにしている

   ことに気づかなければ、人は全てを失うことも

    あるんだ

寺石「・・・・確かに、このところ、ずっとそいつに

   振り回されていました・・・

   先輩として、上手く先導しなくちゃいけないと

   考えて、他のことは見ていませんでした・・・

透明「人は、味方になってくれる人を、何をしても

   許してくれる、分かってくれる相手と錯覚してしまい、

   見捨てられないとすら想ってしまうものなんだ

   さっき、木人図を視せてもらったとき、君の味方を

   してくれた2人は、今まさに、君に助けを求めていた

    はずなんだ

   でも、自分はその後輩のことで頭がいっぱいで、

   そんな大変な自分を分かってくれない相手を、

   悪者にすらしてしまっている・・・

寺石「俺・・・・・最低ですね・・・

   確かに、上司も同期も成績のことや、これからのことで

   悩んでいました・・・でも、俺は俺で、その後輩のことで

   大変で・・・後回しにしてもいいかと・・・・。

   その上・・・いちいち話してくる味方を、邪魔な存在とすら

    想うようになっていた気がします
・・・

透明「さて、そこまで分かった寺石さんは、これからどうする

寺石「・・・・・・。」




全ての原因・・・己の愚行・・・そして学び 



次回、寺石さんの行動に注目です 




           続く ・・・。
   




昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (7)

大切なものは?・鑑定92ー7

2015年05月25日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
大切なものは ・7 




寺石「先生俺は、周りの人達に応援されなく
 
   なったから、運の塊が無くなり、運が悪く

    なったように感じた
のですよね

透明「そうなるね

寺石「それって、自分が招いたことですよね

透明「う~ん・・・言いにくいけど、そうなって

   しまうよね

寺石「俺、バカだから何で周りの人が応援してくれなく

   なったのか正直、分からないんですけど・・・。

   俺、何か皆に悪いことしてしまったのでしょうか


くすくす切り替えが早くて助かる

普通は、自分の悪い部分を認められなくて、いつまでも

負の連鎖が続いてしまうものだけど、寺石さんは、

自分の悪い部分を知り、打開しようとしている

これなら、割と早くに何とかなりそうだ・・・



透明「寺石さん今まで、自分を応援してくれていた

    人の数って数えられる

寺石「えっ数ですか

透明「うん

寺石「えっと・・・1・・・2・・・・。」



寺石さんは天井を見ながら、数を数える・・・。


寺石「先生この数って、お客さんは入れないんですよね

透明「そうだね

寺石「そ、それじゃ~、15人くらいだと想います

透明「寺石さんは一人っ子だから、そこから両親の数を

    引いたとしても、13人てところかな

   ご両親は、寺石さんがどんなことをしても、

   寺石さんの成功を願っている存在だから、

   数には入れない方がいい

寺石「

透明「それじゃ~、その13人の中から、味方となる

    人を数えてみてくれるかな
 

寺石「えっ味方と応援してくれる人って違うんですか

透明「応援することは誰にでもできるよ

   味方というのは、それ以上の存在

   君を本当の意味で助けてくれる存在を言うんだ

   もちろん、応援してくれる人が全て味方なら

   その数で良いのだけど

寺石「み、味方ですね・・・えっと・・・・・・・。」



またもや、天井を見上げる寺石さん・・・。

人間て不思議だよな~・・・何で大切なことを

想い出そうとするとき、空を見上げるのだろう

などと、考える透明先生を他所に、必死で寺石さんは

味方の数を数える・・・。



寺石「・・・・・・。」

透明「数え終わった

寺石「た、多分・・・2人くらいだと・・・

透明「おっ大分絞れたね

寺石「た、確かに、応援はしてくれている人は

   いますけど、味方として色々な手伝いを

   してくれた人って、少ないものですね

透明「そうでしょ

   さて、その二人は、会社の上司一番仲の良い

    同期の子
じゃなかった

寺石「ど、どうしてそれを

透明「そりゃ~、分かるよ

   だって、君がさっき、上司への不満を言っていたし

   一番仲の良い同期を、特に何てことは無い関係って

   言っていたからね

寺石「えっそ、それって・・・。」

透明「くすくす何か気づいたかな

寺石「お、俺・・・。」

透明「いつも助けてくれる存在・・・。

   人間というのは、そのことに感謝はありつつも、

   その実情に慣れていく生き物なんだ

   だから、何気ない時に、そのことを当たり前と捉え

    知らず知らずのうちに邪険にしてしまうこともある

寺石「・・・・・・



少しは見えてきたかな 






            続く ・・・。





昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (7)

大切なものは?・鑑定92ー6

2015年05月23日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
大切なものは ・6 


透明「それは、君の周りにある大切な縁から

    生まれたモノなんだよ

寺石「えっ

透明「寺石さんは、沢山の人に囲まれて生きているよね

寺石「は、はい

透明「人は、その人を応援したい、助けてあげたいと想う

   気持ちがあれば、その想いを運の塊にすることが

    できるんだ

   その塊は、その人の器に入り込み、自然と運気の

   エネルギーに変換し、器を満たしてくれる・・・。

   しかし、逆もある

   その人を応援したくないそれこそ妬みや嫉み

   嫉妬などの相手を追い落とそうとする気持ちは、

   運の塊が入らないようにする不純物を構成する

   その為、器がどんなに大きくても、不純物が

   沢山器の中に入っていれば、運の塊が入ろうとしても

   こぼれ落ちてしまうこともある

   人は、人との縁によって、得る運もあれば、

    得られぬ運もあるということなんだよ

寺石「そ、それって・・・お、俺を今まで応援してくれて

   いた人が、応援したくなくなったということですか

   もしかして、それどころか、不純物を作っていたり

   するのでしょうか

透明「まあ、落ち着いて

   人が不純物を作るというのは、それなりにリスクも

   大きいから、余程の恨みが無いかぎりはそこまでの

    ことが起こることは少ないんだ

寺石「リスク

透明「人を恨めば穴二つ昔から言われていることだけど、

   人を恨み、不純物を構成する程の負の感情は、

   相手にも不純物を送り込むことはできるけど、

   逆に同じ量の不純物を自分にも付着させる

    結果になるものなんだ

寺石「で、でも、その恨みとか嫉妬とかが言いがかりや

    本当は自分が悪かったりするものもありますよね

   その場合でも、不純物はその人にも付着するんですか


寺石さんは、自分は悪いことはしていないと

言いたいのね


透明「確かに、それは納得いかないよね

   でもその場合は大丈夫その恨みや妬みが、

   ただの言いがかりや自分から招いたものだった場合は、

   自然の摂理に従い、不純物は相手に行かず、その人が

    全てかぶることになるから、自爆してしまう

   それはそれで、人生においての自分の生き方を

    見直すチャンスにはなるのだけどね

寺石「そ、そうなんですか・・・・ということは・・・

   俺は・・・

透明「くす話は最後まで聞いてね

   幸い、寺石さんの器には不純物は入っていない

寺石「えっほ、ほんとうですか

   よかった~っ

透明「それでも、今までいただけた運の塊が

    もらえなくなった事実は受け止めなければならないよ

寺石「あっそ、そうですよね・・・




運の塊がもらえなくなった理由 ・・・。


次回、大切なお話です 




           続く ・・・。






昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (5)

大切なものは?・鑑定92ー5

2015年05月21日 08時00分00秒 | 鑑定90-鑑定93 *
大切なものは ・5 




透明「それじゃ~、もう少し分かりやすく

   説明するね

寺石「は、はい

透明「運気は、自分の気持ちで上昇も下降も
  
   することができる

   しかし、その運気はどこにあるのか

   それは、運気の器になる

   運気の器には、沢山の運が蓄積され、

   その運を使って人は運を回すことが

   できるというシステムなんだ

寺石「な、なるほど

透明「それじゃ~、その運気の器に入る

   運そのものは、どこからくるのか

寺石「あっそうか

透明「運気の器に入る運は、毎日の食事や睡眠

   住んでいる土地から得られるものもあるけど、
   
   それだけなら、人間全ての人が運に差がでる

    ことは無いと思わない

寺石「そういえば・・・。」

透明「もちろん、住んでいる場所の土地が自分とは

   相性が悪いと運気の器に入る運の量も変わって

   きてしまうけど、それだけでは、それほど大きな

    格差は生まれない

   後、器に入っている運を上手く使えなくても

   運に差を感じることはあるけど、自然と使える

   運の量はあるから、これだけではやはりそこまでの

   格差は生まれにくい

   ただ、土地も悪く運も上手く使えないとなると

   大きな差はでてしまうけどね

寺石「先生は、それ以外にもっと大切なものがあると

   言いたいんですね


さすが、エリート営業マン

察するのが上手だ


透明「その通り

   さっきも、言ったけど運を使う為には、まず器

   その大きさも大切だけど、その器に入る運の量

    が一番大切になってくる

   人間というのは面白いもので、普段の生活や

   土地からの恩恵以外にも、運を受け取ることができる

   生き物なんだ

   分かりやすく言うと、運という塊を器でキャッチし

    器の中で流動する液体のようなものに変換する

寺石「何だか、固形のスープみたいですね

透明「あははっそうだね

   その溶け出した運を人間は使い運気という

   エネルギーにするのだけど、簡単に言えば、

   最初の運の塊がなければ、運は使うことが

    できないということなんだ

寺石「ということは・・・今まで、運が良かったのは

    その塊が沢山器にあったということですよね

透明「そういうことになる

寺石「・・・要するに、俺の器には、運の塊が何故か

    無くなったということですか

透明「まあ、無くなったと言うよりも、通常にいただける
 
   量になったと言った方が良いかな

寺石「そ、それじゃ~、俺は今までどこから運の塊を

   得ていたのですか

透明「それはね



運の塊・・・全てはここから始まる 


次回、人間と運を深く掘り下げます 





                続く ・・・。

   

   
昴と透明先生のお店 
Guardian Jewelry Access 
是非ごらんください 



https://guardian-jewelry.com/



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

コメント (4)