広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太陽光発電 補助金!! 今が買い時!?

2009-04-03 17:49:02 | Weblog

平成21年度住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金募集開始について

 

 

京都議定書の目標達成計画書等で示されている太陽光発電の導入目的を達成するため、平成21年4月1日から補助金交付の募集が開始されたようです。
外部サイト 経済産業省ホームページ「 平成21年度住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金申請受付の開始及び説明会のお知らせについて」

<補助金内容として>
・名称:平成21年度住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金
・募集期間:平成21年4月1日(水)~平成22年1月29日(金)
・補助金額:対象システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり 7万円
・対象者:自ら居住する住宅システムを設置する個人で、電灯契約者となる方
・その他条件:最大出力が10kW未満で、且つシステム価格が70万円(税抜)/kW以下
 であること。等々。

※詳細は、「太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)」のホームページをご確認下さい。
外部サイト 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)

 

<住宅用太陽光発電システム設置に対して支援している自治体>

 

東京都

外部サイト 住宅用太陽エネルギー利用機器導入促進事業専用サイト
外部サイト 太陽エネルギー利用拡大プロジェクト
全国一覧 外部サイト NEFホームページ「2008年度住宅用太陽光発電システム設置に対して
   支援する自治体について(平成20年11月18日 更新)]
外部サイト
外部サイト 財団法人新エネルギー財団(NEF)

 

※この補助金を利用した場合のメリットをご紹介いたします。

一般的な住宅の規模では、3.5kWの太陽光発電システムを設置します。

太陽光発電の設備費は200~250万円位です。

それに対して現在の補助金・支援制度は、

上記の経済産業省は、1kWあたり 7万円(70,000円×3.5kW=24.5万円)

さらにお住まいの自治体によっては支援がプラスされます。

(例)東京都の場合、 1kWあたり10万円(100,000円×3.5kW=35万円)

合計すると59.5万円にもなります。

今後、太陽光発電への支援対象は機器本体への補助金ではなく、売電(余った電力を売る)価格に転化される見通しです。

機器本体に補助金が支給されるのは本年度だけになるかもしれません。

お問合せはこちらまで

富士環境システム株式会社

TEL03-3257-1456

コメント   この記事についてブログを書く
« 床暖房 アルミパネル工事 | トップ | 2階の床暖房敷設工事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事