へっぽこ主婦ゲーマー日記

すーのゲームプレイ&日常日記
特にジャンルこだわらず何でも遊びますが、乙女ゲーム主流
ネタバレあるのでご注意下さい

『幻奏喫茶アンシャンテ』フルコンプ感想

2019-10-17 13:49:55 | 乙女ゲーム
『幻奏喫茶アンシャンテ』フルコンプ致しました~\(^o^)/

もーめっちゃ面白かったです!(≧▽≦)
かなり長編だけど中だるみする事なく一気にクリアしてしまった事からも私がいかに楽しめたか伝わるかと(笑)

あ、でも先にお断りしておきます…
かなり人を選ぶ内容であります(;^ω^)
OPやタイトルの雰囲気から「明るく楽しい世界かな?」と思いがちですが~
結構エゲつないと言うか…ヒロイン死にBAD以上に残酷な出来事が全ルートにあります。
途中「え?これBAD直行なの?」って何度も心配になりましたが…ちゃんとHAPPYへの道筋でした(笑)
何をもって「幸せ」だと思えるか?それは人それぞれ…なのかもしれませんが完全なるHAPPYとは言い難いです。
(かと言って単純にメリーバッドと分類するのはちょっと違う感じがしました)
私は変にご都合な終わり方よりも好みではありましたが~人によっては地雷かもしれないです。
少なくともヒロインが酷い目に合うの耐えられない!って人は遊ばない方が無難です。
雰囲気より何より「人外」がテーマって事をまず重視した方が良いと思います。

システムはいつものオトメイトさん!…だけどSwitch新作には搭載されていた選択肢ジャンプがありません!
共通ルート長いから地味に面倒でした!既読スキップも割と遅い!(読める)
好感度アイキャッチが無いので狙った個別ルートに入れなくてグルグルしたりしました…(-_-;)
チャプターから好きな章を読み返す事は可能なのですが~共通ルートでも一度クリアしたキャラでないと見れないし(謎)
クリア後のオマケは「一問一答」ってキャラインタビューのみ。後日談が欲しかったですわ~
あと、背景がめちゃくちゃ綺麗!なのに後からギャラリーで見返せないのが残念。
途中出てきたアイテムのカットやチビキャラのスチルも見返せません(結構な数あったのに)
EDリストも欲しかったですね~BADエンドにスチル無かったのもちょっと不満です。
メニュー周りはオシャレで良い感じだったけど…見づらいなと思ったのは私だけですかね?(;^ω^)

あ、それと振動機能はありませんでした。揺れるに違いない!と思い込んで従来型で遊んだのですが…
Lite発売されたので今後乙女ゲームは振動機能無いのが主流になるかもですね。

上にも書きましたが、とにかく共通ルートが長いです!
でも、ラブな展開にならなくても十分面白かったし…何なら個別ルートより平和で楽しめたかもしれないです(笑)
共通ルートの期間で登場人物それぞれにスポット当たった話があって、性格や世界観が伝わってくるのですが
そのどれもが個別ルートで意味を成していた所がお見事でした!
それもね…割とスポット当たってたキャラの個別ルートに繋がってる訳じゃなかったり予想付かない感じでした♪
サブキャラや細かい伏線に全く無駄が無く、綺麗に繋がって行く快感!構成が素晴らしい!
特筆すべきは個別ルートで他キャラのネタバレが出て来ない!
なので攻略順は誰からでも良いと思います!
敢えて言わせてもらうならば…
共通ルートの章でスポット当たった順にプレイすると徐々に話が重くなって良いかもしれません(笑)
まぁ…全員しんどい展開なんですけどね(;´∀`)

実は…個人的に「人外」ものは苦手だったりします。
種族の違いと言うより「寿命差」が地雷なのです。
相手は若くて格好良いままなのにこっちばっか歳取ってヨボヨボ…なんて考えただけでも恐怖じゃないですか?
なので、その辺の事を心配していながらの購入だったのですが~そこはあまり気にならず楽しめたので安心しました。
寿命差より大きな問題が目白押しだったからかもしれません(笑)

乙女ゲームとしては微糖かもしれません。でも、私は何度も悶え転がるほど萌えました!\(^o^)/
命の危機を感じるような事件が起きますが「吊り橋効果」って感じじゃなく、心が通じ合う過程ありましたし
ちゃんと恋愛していたと思います!その辺の描写が日常に溶け込んでいて非常にリアル(素晴らしい)
まぁ…文章はちょい誤字脱字目立ったし、もう少し良い言い回しがあったのでは?って部分もあったのですが
それでも伝わる熱量の方が大きかったのでそこまで気にならなかったです!

とにかくサブキャラ含めて全員キャラ萌え出来たし、謎や疑問点も残らずスッキリ終わる事が出来ました!
ここまで好みのゲームに出会えて嬉しいな~幸せだな~って感激しております\(^o^)/
綺麗に完結しているので続編やFDは蛇足になりそうですが、もっとこのアンシャンテ常連メンバーのやり取りを
眺めていたい!って願ってしまう作品でした(n*´ω`*n)
特に狩也くんはサブキャラで終わらせるには惜しい魅力があったので是非ともFDで追加専用ルートを!!!!


冒頭でお断りした通り、好き嫌いスッパリ分かれそうな冒険作ではありますが…
乙女ゲームの域を出た完成度の高い長編だと思いますのでご興味あらば是非♪




※ここから個人的キャラ語り(ネタバレ毒吐きあり)※




◆淡木琴音

過酷な状況になっても冷静だし、ちゃんと自分の考えで動けるし好感度高いヒロインでした!
タイトルに「奏」が入ってるだけあって何度か演奏シーンあるのでデフォ名の「琴音」はピッタリだと思いました。
おじいちゃんの喫茶店を引き継ぎます!って無茶な設定だけど、開店まで時間をかけて修行する所が良かったです。
前の会社がブラックすぎたのにはドン引きでしたが…そのおかげで彼女の肝が座っていたのかもしれません(;^ω^)
しかし…ホンマどのルートでも酷い目に合うヒロインなので自己投影型の人はキツイだろうなと思います。

◆カヌス・エスパーダ(cv.梅原裕一郎さん)
フルネーム聞く度にパルケエスパーニャが頭をよぎってしまうのは私だけ…?(;^ω^)
顔が無いのに感情表現が豊かで全然気にならなかったです!照れ顔とか可愛いしか言えなくなる(笑)
梅原さんがハマり役でしたね~♪寡黙で誠実な騎士さま最高です!
カヌスの背負ってるものの重さとか、巻き込まれて酷い目にあったり色々ありましたが…
全員クリアしてからだとカヌスルートが平和だったような錯覚を起こすので最初にクリアして良かったです(笑)
ヴェンニーアは憎みきれないキャラでしたね~ただのシスコンと思えば微笑ましい(?)
妖精の力を少し吸収した琴音ちゃんがカヌスの表情を見る事が出来たんだろうなーって想像させる描写が良かったです。

◆イグニス・カリブンクルス(cv.小野友樹さん)
ぶっきらぼうキャラが徐々にデレて行くのは美味しいですね!乱暴に見えて情に厚い所も良き♪
古のヤンキーらしく(?)はぐれ動物を保護して来るノルマも達成(笑)
私、乙女ゲームで意味の無いマスコットキャラ的な動物が登場するのあんま好きじゃないのですが~
コロロはちゃんとお話に絡んで来て意味ある所が良かったです!(もう少し鳴き声小さくお願いしたかったですが…)
ドローミッスくんは最初から怪しいと思ってたけど予想以上にヤバくて面白かったです(笑)
グロに関しては乙女ゲーム史上最高にグロかったような気もします…(しかもBAD直行じゃないし)
最終決戦、絶望的な状況でもどうせアンシャンテ常連メンバーがチートな力を発揮して解決するんでしょ?
って思ってたら~弱者攻撃が決め手でビックリしました!
制御を失った状態のイグニスに理性が少し残っていたからだと思うし、今までイグニスが活動していた事が
こういう形で実を結んだんだって物凄く感動しました!
何やかんや、二転三転するジェットコースターみたいなお話で自分でもドン引きするくらい泣きましたw

◆凛堂香(cv.諏訪部順一さん)
ダンディーなオジサマ♪なのに一人称が「僕」なの素敵(n*´ω`*n)
エスコートがスマートだし、行動全てに思いやりあるし、料理まで出来ちゃう…これがスパダリ!
そんな理想年上キャラとお付き合いできるなんて幸せ~♪
でも、ちょこちょこ「お父さんたち(笑)」が邪魔しにくるのがとても平和
…って思ってたけど、これは「アンシャンテ」だった。そう簡単にハッピーエンドは迎えさせてくれない(笑)
これまた人間界にいるのに命の危機!しかも彼を救う為「人外」にするかの選択をヒロインが委ねられる辛さ…
でも、人外になっても格好良い凛堂さんなので~これなら十分恋愛出来るなって感じで抵抗は無かったです(;^ω^)
両手が人外になったので抱きしめるのに支障ありそうなのが切ないですけどね…
キススチルがどちらも人外側から見た構図だったのが素敵だなと思いました♪
御門と雫のエピソードの方がキツかったですね…彼らが幸せになるEDも見たかったです(FDで実現するかな?)

◆イル・ファド・デ・リエ(cv.石川界人さん)

乙女ゲームここまで熱く語る乙女ゲームは中々無いよ!(笑)わかりみの深いネタが満載でひたすら愉快でした。
しかし、その「乙女ゲーム」がただのネタじゃなく物語に深く関わってくるのは予想外でした!
ここまで少し違和感を感じてはいたものの…機械類以外に全く才能が発揮できないのもこう言う理由があったのですね。
イル一番の笑顔と感動のシーン「シーツ干せたよ大成功!」ってのが冷静に考えるとアレなんですが…
そこまでのドジっこぶりを見ていたせいで一緒に感動してしまった私です(;^ω^)
御門の助手くんが中の人的にも只者じゃないとは思ってましたが、ここで登場するとは思いませんでした!
…と言うか、イル大好き過ぎて途中から笑いが止まりませんでしたね(笑)感情に自覚無いって怖いwww
もう一人の新キャラ、エピロギに何かデジャブあるなぁ~何だろ?と思ってたら「エリンギ」で納得しました(酷い)
大変素晴らしい筋肉で眼福でした!と言うかアンシャンテは体格の差が最高ですよね!腕の筋とか!(鼻息)
イルが戦いの中、皆にもらったアドバイスを実践していく件が大好きです!熱い!
天界が機械じかけって設定も意外性あって面白かったです。だからイルは機械に強かったんですね~
とても個人的な感想ですが…イルルートだけチビキャラスチルが沢山出てきて少し残念でした。
天界の世界観をファンタジーっぽくする狙いがあったのかもしれないですが何か浮いてると言うか…
シリアスシーンで可愛いを強調するのあんまり好きじゃないんですよね…いや、好きな人もいるんでしょうけど。

◆ミシェル・アレックス(cv.赤羽根健治さん)
チート魔王様。制限あるだけあって特別感あるシナリオでした(※長い)
ここまでの話が全て壮絶だったのでかなり覚悟して挑んだせいか?結末にそこまでショックを受けなかったです。
まぁ、この終わり方は賛否両論だろうなーと思いますけどね(;^ω^)
結末よりも2人が離れ離れの期間が長くて甘いイベントがもう少し欲しかったなーって感じです。
ミシェルルートなのに当て馬(?)のアスモデウスの方が面白くて惹かれてしまったし…(私だけ?)
どちらかと言えばミシェルと琴音の話と言うよりミシェルとノアの話って感じがしました。
でも、ノアの容姿がミシェルそっくりって全然思わなかったのでその辺がピンと来なかったです。
限定版のパッケージ絵が物凄いネタバレで笑ってしまいましたけどね(笑)
人外との恋愛…だけど自分が歳を取らないならハッピーエンドだと思ってしまう私が一番化け物かもしれません。


とにかく個別ルートに入っても他キャラの出番が多かったのが良かったですね~♪
アンシャンテ常連メンバーは家族!皆が揃って和気あいあいしてるだけで幸せが溢れてきます。
そんな風にキャラに愛着わいたらこんなに楽しめるんだ~って再確認した作品でもあります。
コメント   この記事についてブログを書く
« 『月ノ光 太陽ノ影』フルコン... | トップ | またインディーゲームを買っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乙女ゲーム」カテゴリの最新記事