魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏の雪まつりに向けシートかけ作業

2015-03-29 | '15魚沼地域のイベント

大湯温泉をメイン会場に

7月に開催される「うおぬま夏の雪まつり」に向けた雪山のシートかけ作業が3月25日、魚沼市大湯温泉の奥只見レクリーション都市公園大湯地域で行われた。
 夏の雪まつりは、冬に積もった雪を大量に積み上げ、特殊シートで覆って夏まで保存して、夏に冷たい雪の感触を楽しんでもらうイベント。これまで26年間、銀山平で開催されてきたが、今年はより多くの人たちから足を運んでもらえるよう、利便性の良い大湯温泉を主会場に開催されることになった。
 公園内にある交流センター「ユピオ」の脇には幅約30メートル、奥行き約20メートル、高さ約15メートルの巨大な雪山が造られ、この日は観光関係者らによる夏の雪まつり実行委員会のメンバーと建設業者ら約40人が雪山に保存用のシートかける作業を行った。
 シートを高い雪山に吊り上げるクレーンやシートを運搬するタイヤショベルを使って作業は行われた。
 ネットと特殊シートを二重、三重に重ねてかけていく作業は、なかなかの大仕事で、斜面から滑り落ちないように足元に注意しながら進められた。
 クレーンでシートが雪山に吊り上げられると、作業にあたった人たちは手際よく広げていき、シートがかけ終ると風でシートが飛ばされないようブロックでしっかりと押さえていった。
 まつり実行委員会の星雅彦委員長は「今年は、自然あふれる銀山平から利便性のよい大湯温泉へと会場を変更しての開催。会場が近くなったことを活かしたイベント考え、より多くの方々から足を運んでもらえるようにしたい」と話していた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 守門温泉「青雲館」閉館へ | トップ | 南魚沼市の食の魅力紹介 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

'15魚沼地域のイベント」カテゴリの最新記事