魚沼コシヒカリの独り言

 新潟県魚沼市(旧広神・広瀬)雁坂下で魚沼コシヒカリとアスパラガスを栽培しています。その日々の感想を取り上げます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JA北魚沼地域農業戦略

2015年03月08日 | 日記

 昨日の続き、第 2 部 地域農業戦略 研修

 ① 飼料用米による「水田フル活用」のすすめ  講師 魚沼市農林課農政室 松井祐樹様

 ② 稲作経営体等への園芸導入  講師 魚沼地域振興局 主任普及指導員 椛沢桃子様

 ③ 魚沼果樹の発展を目指して   講師 JA北魚沼 園芸特産課 五十嵐 大輔様

          ガク・グリーンファーム広瀬 の農業戦略

     人口が減少し安定する当たり前の社会では、良食味で価値あるものを少量生産

  北魚沼旧広神・広瀬地区雁坂下地域の耕地面積は少なく、良食味米栽培に適した土壌です。

  ① 水田フル活用では、減反しなくても美味しい米を作れば、再生産できる価格で消費者が認

    めてくれます

  ② が、地域の和という点から当農園は農薬不使用・化学肥料不使用のアスパ

    ラガス栽培を転作としています。もう趣味で始めて 9年、昨年追加 田転作25アール作付

    (3年後しか収穫できない)し超過達成しています。現在、5年目の新潟県特別栽培農産物

    として申請中です。5月から~9月末JA広瀬Aコープ、JA北魚沼直売所『百菜花ん~』にて

    販売します。

  ③ 連作のきかない『ニンニク』化学農薬・化学肥料不使用栽培 5年 昨年からJA北魚沼直売

    所『百菜花ん~』で試験販売し本格的に栽培するための耕地を求めています。

  以上は、代表者と栽培管理者の 2人を中心に担当します。

  ④ 化学農薬と化学肥料不使用で、野菜一般と果樹ーーブルベリー、の栽培はパートナーが

    担当しています。彼女は、沖縄の『ごうやー』栽培を昭和56年ころこの地域に広めました。

    最近は、イチジュク栽培に関心を持っていました。

    雪の多いこの地でイチジュクの栽培について、五十嵐さんの説明で見通しが出てきました。

    来週、資料をいただきに行こうかと思っています。

    ありがとうございました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« JA北魚沼表彰式 | トップ | 雪が・冬が戻ってきた・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事