Shell 収蔵庫 in goo

日本の貝を中心に世界の貝も収集。
マイコレクションを厳選して投稿しています。
採取旅行や貝仲間との交流も。

石川の増穂ヶ浦で貝採取

2018年03月21日 | 

増穂ヶ浦はサクラガイの打ち上げで有名です。
今回は波打ち際でなく10Mほど離れたところで貝拾いしました。
当然ですがサクラガイなどの小さくて軽い貝は一つもありません。
そこで見つけたのは二枚貝で合弁そろったのは珍しいです。
和名はタマキガイです。

巻貝も一つアヤボラ。こちらは小さめだと思いますが肉もなくてきれいでした。

他にもこんなのもありました。ブンプクさんです。



ここ増穂ヶ浦のこの時期はほぼ独占状態です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年初採取

2018年03月05日 | 

2018年3月4日(日)能登町のPEACEへ走ったついでに磯におりてみました。
瓦礫をめくると小さな二枚貝たくさんくっついています。
少しだけ採取してきました。

エガイの仲間ですね。同定は後程。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年son collection

2018年02月13日 | 

 

son collection を紹介します。

このケースは2012年の台湾学会に出品されました。
すべてカノコです。
学名に和名があれば併記します。
左上から1-1の番号を記して名前を表示します。

 

1-1N.pulligeraカバクチカノコ

1-2N.labiosaマンジュウアマガイ

1-3N.pulligeraカバクチカノコ

1-4N.petitiiアカクチカノコ

1-5N.labiosaマンジュウアマガイ

1-6N.pulligeraカバクチカノコ

1-7N.labiosaマンジュウアマガイ

2-1N.squamaepictaクリグチカノコ

2-2N.arcifera

2-3N.pulligeraカバクチカノコ

2-4N.subsulcataオカイシマキガイ

2-5C.coronaイガカノコ

2-6C.coronaイガカノコ

2-7N.francoisi

3-1C.coronaイガカノコ

3-2C.spiniferus幼貝

3-3C.coronaイガカノコ

3-4C.spiniferus幼貝

3-5C.coronaイガカノコ

3-6C.coronaイガカノコ

3-7C.spinosum

4-1S.tesselataベッコウフネアマガイ

4-2S.tesselataベッコウフネアマガイ

4-3右S.cumigiana カミングフネアマガイ左S.luzonicaルソンフネアマガイ (仮称)

4-4C.oualaniensisヒメカノコ

4-5C.spiniferus

4-6C.fabaカノコガイ

4-7N.retropictusイシマキガイ

5-1V.coromandelianaイナズマカノコ

5-2N.taitensisコウモリカノコ

5-3N.subsulcataオカイシマキガイ

5-4左Vittina plumbeaドングリカノコ右V.turritaシマカノコガイ

5-5左N.subsulcataオカイシマキガイ右N.arcifera

5-6大V.pennata左上N.porcata

5-6-1左N.pulligera右N.dilatatum中N.fuliginosus(幼貝)

5-7N.auriculata

6-1N.dubiaシマオカイシマキ

6-2Theodoxus luteofasciatusベニツケカノコ

6-3N.virginea

6-4外国産 不詳

6-5C.latissimaコマンジュウカノコ

6-6大N.owenianumアフリカマンジュウカノコ (仮称)中T.cariosa小N.juttingae

6-7上中N.cornucopla左下N.panayanum中下N.bicana

7-1N.undataアラスジアマオブネ

7-2N.undataコシダカアマガイ

7-3V.cumingiana

7-4右N.violaceaヒロクチカノコ左中N.siguijorensis

7-5左V.plumbeaドングリカノコ右N.retropictusイシマキガイ

7-6左C.squarrosus右N.arcifera

7-7上S.porcellanaフネアマガイ左下C.parvulus右下N.bensoni

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーストラリア・シドニーのshell show で購入

2018年02月09日 | 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木彫工芸品のカブトコブシボラ

2018年02月01日 | 

台湾甫理を旅行したときこんな貝を目にしました。

カブトコブシボラの木彫だとおもいます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブトコブシボラ

2018年01月28日 | 

チョットいいなーと思う貝が出てきました。
今年からは爆買いは無いかもしれませんが一点買いなら・・・。
それはこの貝です。

 

蒲郡の貝友に名前をお聞きしたら即答で「カブトコブシボラ」。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーストラリアの貝

2017年08月07日 | 

アカネオニコブシのオレンジとホワイトが同時にやって来ました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

収集した貝の整理

2017年02月23日 | 

nerita系の整理を始めます。
大量にある同種のものは地域別、色彩別に ケースに入れ表示する。

ニシキアマオブネ1

コシダカアマガイ

ゴシキカノコ

ヌリツヤアマオブネ

マルアマオブネ

イナズマカノコ

アマオブネ

ニシキアマオブネ2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショクコウラの展示

2017年02月14日 | 

ショクコウラを集めてみました。
左上からチヂミショクコウラ、バライロショクコウラ、ミサカエショクコウラ、ベニオビショクコウラ、
左下から ウネショクコウラ、ショクコウラ、カワムラショクコウラ。
この他ショクコウラには10cmクラスのものもあります。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本三大名宝

2017年01月27日 | 

左からオトメダカラ、ニッポンダカラ、テラマチダカラ。

2017.1台湾貝旅で購入。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エゾアワビのクリーニング

2016年08月11日 | 

エゾアワビをクリーニングしました。

仕上げにワセリンを少し塗ってみました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エゾアワビ

2016年07月29日 | 

エゾアワビをいただきました。
刺身になって登場。
思わずやったーって。

 

クリーニング後がどんな姿になるのか。
楽しみですねー。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平貝と大あさり

2016年02月11日 | 

近くのスーパーで平貝と大あさりなる新鮮な生き貝を見つけさっそく買いました。

平貝とはタイラギガイのことでかなり大型の貝でした。

大あさりは貝の内側が紫色でウチムラサキガイと呼ばれるものです。

北海道ではもっと大きな貝を見たことがあります。

さて食べ方ですがタイラギは貝柱は刺身で他はバター炒めにしました。

大あさりことウチムラサキは二つに割ってバター炒めに合流。

さて貝殻のほうはしっかり処理も完了しています。

スーパーにこの種の貝が出ているのは珍しいと店の方も言われてました。

ラッキーでした。( ^Ω^ )

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イモガイ系とタカラガイ系が大量に

2016年02月09日 | 

山口の貝友Fさんからゆうパック大箱で貝が届きました。

事前予告通り大量のイモガイとタカラガイ他が入っておりました。

ほとんどFさんのラベルつきです。ラベルがないと素人の私にはお手上げになる所でした。

ガンゼキボラのクリーニング未処理はきっと私を試しておられるのかもしれません。

3段目写真は私のお好みをよくご存知でとても嬉しい貝ばかりでした。

全部で245袋あり個体数ではそれ以上になると思います。

ほとんど綺麗なものばかりなので私のコレクションと入れ替えようかと思っています。

Fさんはいったん貝のコレクターとしての活動を休止すると言うことで手持ちの貝を私に託されました。

私もいずれ同じ運命になるわけで、今から託せる人を探さねばなりません。( ^Ω^ )

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーでエッチュウバイをゲッツ

2016年02月05日 | 

先日近くのスーパーでかなり標本として欠けの少ないエッチュウバイを見つけ買いました。

地元の石川産とあるので能登沖だとおもいます。

もちろんボイルして身は美味しく頂きました。

刺身で食べると実が抜きづらいのでいつもさっと湯がいています。

これも台湾へのお土産にしようかな。

( ^Ω^ )」

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加