人間性の陶冶

2018年02月21日 12時32分08秒 | 今日の天使

世間とはかけ離れた異様に偏りがある駐車場に20万キロも見えてきた雪埃で薄汚れた小型ミニバンを止めて会場へ向かい、ねずみ色の人達の集団の最前列に陣取ったら、偉い人たちの挨拶後、同世代の先生がスライドで講演するのを聞いてきたのよ。

 

大人の挨拶、よそ行きの発音と言葉、暗い中、組織の定義やら構成図やら果ては子供達の人間性の陶冶なんて難しい漢字の多い文章の読み上げを聞きながら、数十年前の事を思い出してさ、、

 

“算数の授業の発表会、グループのまとめ役、カーテンを閉めた教室、前に出てOHPで発表“

 

何かと何かと『めんどくせぇっ』

 

って、6歳の時に人生で大切な何かを諦めた事を思い出した日曜の午前中でした。

 

その後もレベルの差はあれど、何かと似たような事をやらされたけど、人間が成長するって、歳を重ねるって、偉くなるって、そんな何かの延長線上にあるとは思うのだが、そんな何かは他人に積極的に関わって優しくできる人類の未来に有用な人達の話なのよ。

 

Gパン、ブーツ、シングルライダースジャケットにニット帽をかぶってやってきた うに猿みたいなクズでグズでクソみたいな人間は、なるべく他人関わらず独り山奥で自給自足で炭でも焼いて刀加治でもしてなさいってこった。


世界認定 洞爺湖有珠山ジオパークガイドブック
北海道新聞社,道新=,北海道新聞=
北海道新聞社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最強タンドリーチキン風 | トップ | カトマンズキッチン(食に冒険... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

今日の天使」カテゴリの最新記事