湘南徒然草

湘南に生まれ、育ち、この土地を愛し、家庭を持ち、子育てに追われ、重税に耐える一人の男の呟き。

インフルエンザの激減と”ウイルス干渉”

2020-09-25 18:24:30 | Weblog
先日、日本農業新聞の記事で

「インフル患者激減」

というのがありました
厚生労働省の発表による記事です
解説は、コロナ対策がインフル対策になっているというものでした

分かってませんね!
これが

”ウイルス干渉”

です

インフルエンザが流行ればコロナが流行らず
その反対に、コロナが流行ればインフルエンザは流行りません
なぜ、この程度の医学知識を持たないのでしょう?
少し前、私はこのブログで”ウイルス干渉”について書いています
世間のジャーナリストは、知らないのですかね・・・

それと、この記事を農業新聞だけで見たというのも不思議です
他の新聞にも出ていたとは思いたいのですが
私が見落としたのかもしれません
最近は、新聞をあまり読んでいないので、やむを得ませんが
ネットでも、見かけませんでした・・・なぜ?

これまで、コロナ騒ぎの馬鹿馬鹿しさは、折に触れて語ってきました
もう飽きたので、このところ触れていません
でも、相変わらず、マスクをしなければ
日常生活にも不自由する日々が続いています
こればかりは、私一人の力では、どうにもなりません


コメント   この記事についてブログを書く
« 人との出会いの大切さ | トップ | 公務員のエゴ、マスコミの欺... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事