労働組合 ユニオン千葉  千葉市中央区東千葉2-11-3 電話043-255-5995

労働相談を行っております 相談無料 秘密厳守 (残業代未払い 退職勧奨 不当解雇 過重労働 うつ病発症など) HP有り

天下一の恐妻家    ユニオン千葉

2009-02-12 16:00:38 | Weblog
天下を獲った英雄の中で個人的に親近感を感じる人物。
それは源頼朝公です。
高宕山(高宕観音)を参拝した唯一の天下人です。
6人の天下を獲った英雄の中では異質ですね。
清盛、尊氏、信長、秀吉、家康はれっきとした武将です。
頼朝公だけは政治家と言えます。
14歳~34歳まで流人として伊豆の蛭が小島で生活。
平家の監視の下で武将としての鍛錬は出来なかったのです。
ただ読経に明け暮れる生活。
その中で伊東祐親の娘八重姫と恋仲になり男子誕生。
伊東館に移り住んだ頼朝公に悲劇が襲います。
伊東祐親は頼朝公が伊東館に移り住んだ時京都に在勤していました。
その祐親が帰って来ました。
平家を恐れた祐親は頼朝公殺害を謀りました。
危うく脱出した頼朝公は北条時政館に逃げ込んだのです。
頼朝公の子千鶴丸は狩野川で殺害、八重姫は他家に嫁がせてしまったのです。
これから先歴史に名高い北条政子が登場します。
ここで狩野川で死んだ千鶴丸はその後各地で伝説を生みます。
藤原氏滅亡の後奥州に入った複数御家人の伝説の先祖になります。
千鶴丸様は死んでいなかったのだ。
狩野川で我が家の先祖に密かに助けられ娘婿になり我が家を継いだのだ。
つまり我が家の先祖は頼朝公嫡男の千鶴丸様である。
ご落胤伝説は比企能員の妹を母とした島津家が有名ですが他にも多くあるのです。
頼朝公はかなりの色好みだった事は事実のようです。
しかし北条政子の嫉妬深さに攻められそれほど自由ではありませんでした。
あとの天下人は人格抜群、妻にも優しかった足利尊氏を除いて皆艶福家です。
清盛、信長、秀吉、家康、4人とも側室の数は多かったですね。
女好きと後世に名を残す頼朝公が正式には側室を持てませんでした。
頼朝公が浮気をしては北条政子が嫉妬したなどと言われています。
天下人で浮気したとか言われているのは頼朝公だけです。
有力武将は側室を3人や4人もつのは常識の時代でした。
頼朝公の父、義朝も義経の母、常磐御前はじめ多数側室がいます。
北条政子の異常な嫉妬深さと頼朝公の女好き。
これが重なって頼朝公ご落胤伝説が多数発生したのです。
何故地方豪族が先祖を頼朝公ご落胤だと子孫に伝えたのか?
それは源氏の御曹司であれば天下獲りの資格があったからです。
清和源氏(清和天皇を先祖とする)が武門の星でした。
武家政治の創始者源頼朝公が我が先祖、武士にとってこれは最大の勲章です。
史上確認された頼朝公の子供は6人と言われています。
千鶴丸、政子との4人の子供達、頼家、実朝、大姫、三幡姫そして貞暁です。
貞暁は頼朝公ご落胤と史上認知された唯一の人物です。
貞暁の母大進局は伊達政宗の先祖伊達朝宗の娘です。
頼朝公も貞暁親子を気に入っていたようですがただ政子が執拗に攻め立てました。
ついに貞暁は出家して高野山に入りました。
天下人でありながら頼朝公もある意味気の毒です。
実家の後ろ盾+頭脳明晰、行動力抜群、気の強い妻を持った男の悲劇ですかね?
ただ天下一の恐妻家は多くの地方豪族に天下獲りの夢を与えたようです。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 学習塾教室長    ユニオ... | トップ | 解雇問題が多くなっています... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事