クリニック便り

尾道市にある小児科・眼科のクリニック,宇根クリニックより。
クリニックホームページの別館です。

2/17からの感染症情報

2014-02-22 22:29:06 | 感染症情報2014









RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 溶連菌感染症 水痘 おたふくかぜ インフルエンザA インフルエンザB マイコプラズマ感染症 感染性胃腸炎 手足口病 ヘルパンギーナ 伝染性紅斑 麻疹 風疹 突発性発疹
0 2 0 3 0 45 27 1 40 0 0 0 0 0 3





インフルエンザA、インフルエンザBも出ています。

6歳未満対象、肺炎球菌の補助的追加接種について

2014-02-21 21:38:44 | ワクチン関係
2013年11月1日より、従来の小児用肺炎球菌ワクチンより、多くの型[肺炎球菌の種類]を含むワクチン[13価]が、日本でも接種できるようになりました。

13価の小児用肺炎球菌ワクチンには、従来のワクチンに含まれていた7つの肺炎球菌の型[種類]に新たに6種類が加わり、13種類の肺炎球菌感染症を予防できます。

2013年10月までに肺炎球菌ワクチンの接種を終えた、現在、6歳未満のお子さんは、この新しい小児用肺炎球菌ワクチン[13価]を接種すれば、従来のワクチン[7価]に加えて、新たに6つの型に対する免疫もできるので、予防の範囲が広がります。


補助的追加接種の対象者

従来の小児用肺炎球菌ワクチン[7価]を接種完了した6歳未満の乳幼児


現在接種途中のお子さんは、補助的追加接種の必要はありません。

重い肺炎球菌感染症は、1歳前後がピークですが、2歳以上でもかかることがあります。ヒブと比べると、上のほうの年齢でもかかりやすいのが特徴です。


6歳未満のお子さんで、13価肺炎球菌ワクチン(プレベナー)を接種希望の方はご予約ください。任意接種のため自費となります。

2/10からの感染症情報

2014-02-16 20:14:27 | 感染症情報2014









RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 溶連菌感染症 水痘 おたふくかぜ インフルエンザA インフルエンザB マイコプラズマ感染症 感染性胃腸炎 手足口病 ヘルパンギーナ 伝染性紅斑 麻疹 風疹 突発性発疹
0 2 0 2 0 48 29 0 31 0 0 0 0 0 3





インフルエンザAが流行。インフルエンザBも出ています。

2月3日からの感染症情報

2014-02-08 21:08:32 | 感染症情報2014









RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 溶連菌感染症 水痘 おたふくかぜ インフルエンザA インフルエンザB マイコプラズマ感染症 感染性胃腸炎 手足口病 ヘルパンギーナ 伝染性紅斑 麻疹 風疹 突発性発疹
0 3 1 3 1 57 10 0 45 0 0 0 0 0 1





インフルエンザAが流行。インフルエンザBも出ています。

1/27からの感染症情報

2014-02-01 13:30:10 | 感染症情報2014










RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 溶連菌感染症 水痘 おたふくかぜ インフルエンザA インフルエンザB マイコプラズマ感染症 感染性胃腸炎 手足口病 ヘルパンギーナ 伝染性紅斑 麻疹 風疹 突発性発疹
3 8 2 0 0 52 7 0 30 0 0 0 0 0 0





インフルエンザAが流行。