クリニック便り

尾道市にある小児科・眼科のクリニック,宇根クリニックより。
クリニックホームページの別館です。

日本脳炎の新しいワクチン

2009-05-31 23:52:38 | ワクチン関係
新しい日本脳炎ワクチン(商品名:ジェービックV)が6月2日発売される見込みで、定期接種として使えるように厚生労働省も法令改正を予定しています。
市町村から定期接種として使えるように私たちは尾道市からの通達を待つばかりです。

新ワクチンは、定期接種の1期(6か月~7歳5か月)に使用できますが、2期(9歳~12歳)には定期接種として使用できません。
2期の対象者での臨床試験が行われていないというのが、その理由のようです。今後、現在同意書を頂いて接種しているワクチンの供給も1年くらいで中止されますので、2期の臨床試験の実施を待って、すべてが新ワクチンに切り替わっていくと予想されます。

つまり、
現時点では、定期接種として無料で打つご希望の場合、
定期接種の1期には新ワクチン、現行ワクチンの両方が使用できますが、
2期では現行ワクチンしか使用できないということです。
ただし、自費(任意接種)で受ける場合は、1期も2期でもどちらのワクチンを選択することもできます。

話がややこしくなり、すみません。


日本脳炎は西日本では去年も発生しています。かかってしまうと、有効な治療法はありません。予防すること、つまり予防接種が唯一の対抗手段です。
保護者の方は、お子さんが受けられる年齢になったら予防接種をしてお子さんを病気から守ってあげてください。 日本脳炎ワクチンのおすすめする接種時期は3歳です。


5月25日からの感染症情報

2009-05-31 22:56:26 | 感染症情報2009
インフルエンザ、ゼロでした。
溶連菌感染は相変わらずです。

咽頭結膜熱 溶連菌感染症 水痘 おたふくかぜ インフルエンザA インフルエンザB マイコプラズマ感染症 感染性胃腸炎 手足口病 ヘルパンギーナ 麻疹 風疹 突発性発疹
3 6 4 1 0 0 4 26 0 0 0 0 3

6月のアロマ(空気清浄)

2009-05-25 22:38:27 | アロマ
今月のアロマは、こちらです。

「空気清浄」(生活の木)

清潔感のあるさわやかな香り。
フレッシュハーブの香りでお部屋に清潔感を。


ブレンド内容は、

♪サイプレス
ウッディーで軽くスパーシーだが、すっきりとしてリフレッシュさせる香り。
爽やかな木の香りは、鎮静作用を持っています。

♪ティートゥリー
フレッシュで清潔感の漂う、やや鋭い香り。
強力な殺菌作用があり感染症や傷の治療に使っていたことで良く知られています。

♪ラバンディン
スパイクラベンダーに似た、ほのかにカンファー臭のあるシャープな香り。
抗菌作用があり緊張を和らげる作用もあります。

♪ペパーミント
歯磨きやガムでお馴染みの、強くしみとおるようなメントールの香り。
頭をすっきりさせたり、集中力を高めたりするのに良く使われます。

今月もアロマオイルはアロマセンジュさんで教えていただきました。




新型インフルエンザの報道が連日行われています。
予防は、いろいろ言われていますが、

「室内は適度な加湿」
空気の乾燥はウイルスの活動を活発にしていきます。
また、乾燥しているとウイルスの侵入を防いでくれる鼻の粘膜が炎症を起こしやすく、機能が低下してしまいます。
アロマテラピーでの二次的な予防も期待しながら・・・当院では、すっきりしたかおりの「空気清浄」を用いて、香りを楽しみながらの加湿を行っていこうと思います。

ほかは・・・

「人混みをさける」
感染源断つのがいちばんですが、でないわけにもいかないですし。

外出時は
「うがい、手洗い」
マスクはいろいろ見解があるようですが・・・ぴっちり密着して、いろいろな場所を触らなければなど、実際そうは使えないだろう、という使用法でないと非感染者の効果は???どっちにしても手に入りませんしね、今の状態では。
マスクしてるからと油断せず。きちんとうがいと手洗いを。

「感染しにくい体作り」
疲れなどがたまってたり、不規則な生活で体力が低下していると風邪をひきやすくなります。
しっかりと食事をとり、ゆったりお風呂に入り、睡眠もたっぷり。その日の疲れをその日のうちにケアしましょう。




抽象的なことばかり書いてしまいましたが、予防に100%はなかなかないものなので、ご容赦ください。


5月の柑橘系の香りとがらっと変わりますので、はじめのうちは、ちょっと違和感があるかもしれません。近日中、変更する予定です。お楽しみに。





メダカ

2009-05-25 13:55:30 | 日記
2年ほど前に、分けていただいたメダカです。
毎年、春には卵を産んで、孵って、増えています。



今年も卵から仲間が増えてきています。
何匹になるでしょう。



診察室に入ったら、時々、見てくださいね。

5月18日からの感染症情報

2009-05-23 13:21:09 | 感染症情報2009
インフルエンザ、ゼロでした。
溶連菌感染は相変わらずです。
アデノウイルスと、胃腸炎が増加していました。

咽頭結膜熱 溶連菌感染症 水痘 おたふくかぜ インフルエンザA インフルエンザB マイコプラズマ感染症 感染性胃腸炎 手足口病 ヘルパンギーナ 麻疹 風疹 突発性発疹
8 3 3 5 0 0 3 43 1 0 0 0 4